ヘルパンギーナは子供だけの風邪では無い

ヘルパンギーナはウイルス性の代表的な夏風邪です、主に5歳以下の子供がかかる病気と思われがちですが、大人がかかってしまうこともあるんです。

しかも大人がかかってしまうと症状が子供より重いケースが多く、また長引いてしまうことも多いようです。

長引く原因のひとつは、ヘルパンギーナにかかった自覚がないことから、治療が遅れることも多いようです。

時期的にも夏バテとの勘違い、重症化してから気づいたなんてことも多いようです。

ヘルパンギーナに大人がかかってしまった時の原因や治療をまとめましたので参考にして下さい。

スポンサードリンク

ヘルパンギーナの大人の症状

ヘルパンギーナをご存じない方にざっくりと説明しますと、コクサッキーウイルスと言われるウイルスによって感染する病気です。

このウイルスは夏の気候や湿度で活動力が増し、夏に感染してしまう風邪と思っていただいて結構です。


主な症状は

  • 38度を超える高熱
  • 口の中に口内炎や水疱
  • 喉の痛みや腫れ

これらに加え、下痢や腹痛、発熱からくる関節炎などもあります。

ヘルパンギーナに大人が感染するの?


ウイルス性の感染症なので、とうぜん感染します。
ただ、乳児期に感染しやすい病気で、大人はある程度の免疫力があるため、感染することは少ないです。

ですが、夏の疲れやストレスで免疫力が低下していると子供からうつってしまうことがあるようです。
飛沫感染といい、咳やくしゃみからウイルスを拾ってしまい感染してしまいます。

ほとんどのケースはご家族のお子様からうつってしまうことが多いようです。

お子様が感染して看病する、お子様は治ったがご自身が遅れて発症する、といったパターンが多いようです。

潜伏期間が2日から5日ほどあるため、少し遅れて発症するのも特徴のひとつです。

スポンサードリンク

大人は重症化する傾向があります

潜伏期間が2日から5日ほどあり、発症すれば38度を超える高熱が2日から5日ほど続きます。

発熱だけにとどまらず、喉の痛みや口の中の水疱により食事が取りにくい状況になってしまいます。

ヘルパンギーナにかかってしまった時の食事はこちらを参考にして下さい。
ヘルパンギーナにかかった際の食事。喉や口、舌にしみない食事がおすすめです。

一週間ほどで熱はひきますが、口の中の水疱がただれ、口の中が治るのにも時間がかかります。
治るまで2週間はかかると思ったほうがいいです。

また、注意しなければいけないのは、ご自身からもウイルスがうつってしまうことです。
一家全員が夏風邪なんてケースも起こりうる危険なウイルス性の病気なのです。

子供の病気ではあっても、大人でも完治するまでが長く厄介な病気なのがヘルパンギーナなのです。

ヘルパンギーナの大人の治療について

ヘルパンギーナの治療というのは、子供や大人にかかわらず、今現在ではワクチンや予防接種などは無く。

対症療法といい、根本的な病気の解決法は無く、解熱剤や点滴などで部分的な症状にしか対処する方法がないのです。

このあたりもヘルパンギーナの厄介なところですね。

水分補給がとても大切

ヘルパンギーナの症状である、発熱や下痢や嘔吐により、水分が失われ脱水症状を併発しやすい状況になっています。

また、時期的にも汗をかきやすく、いっそうの水分補給が大切になってきます。

喉の痛みや口の痛みもあることでしょうが、こまめな水分補給は一刻も早く治すのに大切になってきます。

ヘルパンギーナに大人が感染したときの薬は

先程少し説明しましたが、今現在ではワクチンや予防接種などは無いので、部分的な対症療法になってしまいます。

具体的には、発熱に対しての解熱剤や、口内炎に対しての塗り薬、喉の痛みに対してのうがい薬などです。

ただ、市販の薬局にあるような薬では、ごまかす程度の効果しか無いので、病院へ行き点滴を受けるのが一番の近道といえます。

まとめ


今回の記事をまとめますと

  • 子供に比べて大人のヘルパンギーナの症状は、重症化または長引く傾向があります。
  • 疲労やストレスなどで免疫が落ちてる際に、子供から移ることが多い。
  • 子供の咳やくしゃみ、便から移る可能性が高い。

ヘルパンギーナに感染したときのまとめ

スポンサードリンク