ヘルパンギーナは赤ちゃんや乳幼児に多い夏風邪です

へルパンギーナは1歳が最も多く、0歳では生後6か月以降の発生が多い。発熱と口腔粘膜にあらわれる水疱性の発疹を特徴とする夏風邪です。

1歳以降の小児では年齢を重ねるとともに発生は少なく減少する傾向にあるようです。

基本的には子供がかかりやすいウイルス性の夏風邪です。

スポンサードリンク

へルパンギーナの感染経路

人の集まるところ、赤ちゃんや乳幼児ですと、保育園や幼稚園などがあてはまりそうですね。

防ぐことが難しいのが特徴でもあるので、症状を知っておき、素早く対処が出来るようにしておくと良いですね。

へルパンギーナの感染経路は、ウイルスは鼻咽頭分泌物や便中などに存在し、咳やくしゃみなどにより飛び散った唾液や鼻水などを吸い込んで感染する飛沫感染と。

ウイルスが存在する唾液や鼻水で汚染した手指や物を介し感染する接触感染、糞便中に排泄されたウイルスが、手、食物、水などにより媒介され糞口感染などがあります。

発症後4週間ごろまでは、便からウイルスが排出されるため、おむつ交換の後の手洗いが不十分だと稀に大人でも感染してしまいます。

大人もかかるヘルパンギーナをまとめてみました、参考にして下さい。
ヘルパンギーナは大人もかかる。家族に風邪をひいた子供や赤ちゃんが

へルパンギーナの潜伏期間

へルパンギーナの潜伏期間は潜伏期は2日~5日です。
数日の潜伏期間があるのが特徴です。

残念ながら潜伏期間中に気付くのは難しく、発症後の発熱や口の中の異常で気付くことがほとんどです。

普段から、体温や口の中の様子を伺っておくと良いかもしれませんね。

へルパンギーナの症状と経過


へルパンギーナは、突然38~40℃の発熱が出現し2~4日間続きます。

喉の奥に、軽度の発赤や口の中にに1~5㎜の水疱ができます。水疱は破れ小潰瘍になってしまい、痛みを伴うため機嫌が悪く、食べたり飲んだりすることができず、脱水症状になってしまったりもしますが、多くは予後良好です。

スポンサードリンク

へルパンギーナの診断

急な発熱や、口の中の発疹や水疱で診断できますが、ウイルス分離やウイルス抗原の検出、血清診断も用いることもあります。

へルパンギーナの治療

熱が出て、喉の腫れを確認したら、かかりつけの小児科へ受診しましょう。病院で注意事項を聞き薬を貰ったら、とにかく家で安静にさせましょう。発症してから完治までの1週間ほどは、他の子に感染させてしまう恐れがあります。

ヘルパンギーナは、特効薬やワクチンはなく、症状をやわらげる対症療法として、発熱に対して解熱剤使用、脱水がみられる場合には点滴で水分補給、かゆみが強い場合は抗ヒスタミン薬の塗り薬などを、口の中の潰瘍の痛みが強い場合には口内炎用の軟膏を塗ることもあります。

対症療法とは根本的な解決を目的とした治療法ではなく、現れた状況に応じて行う処置の仕方をいいます。

ヘルパンギーナの合併症

へルパンギーナは、一般的に予後は良好ですが、まれに髄膜炎や脳炎などの合併症、神経原性肺水腫、心筋炎、急性弛緩性麻痺など、さまざまな症状が出ることがあります。

ヘルパンギーナの予防

今現在では、ヘルパンギーナの抗ウイルス剤や予防ワクチンは開発されていません。

発症を確認したうえで病院へ行き、病院から頂いた薬などで治療していくしか方法がありません。

ヘルパンギーナに感染しないことが一番なのですが、飛沫感染や接触感染で拡大するウイルスは、とても避けにくいものです。

  • おもちゃの貸し借りは避ける
  • 赤ちゃんの手洗い、消毒、うがいは念入りに
  • オムツ替えの後は、保護者の方、自身も手洗い、消毒もしっかりと

様々な感染症が流行する冬の時期以外にも、感染するウイルスがある事を頭に入れておき、日頃から手洗い・消毒・うがいを習慣としてしっかりと行う事が大切です。

ヘルパンギーナは子供から大人にうつることも稀にあります。
大人が感染すると長引いたり重病になったりする傾向があります。

ヘルパンギーナは妊婦でも感染する


ヘルパンギーナは、5歳以下の乳幼児に多い感染症ですが、妊婦さんも稀に感染してしまうことがあります。上にもお子さんがおり、そのお子さんがヘルパンギーナに感染してしまった場合です。

看病やオムツ替えから、お母さんへ感染してしまう事があります。妊娠している場合、一番に心配になるのが「お腹の子にも感染する?」「後遺症は?」という事になります。

妊娠初期から後期までに感染した場合は、ほぼ100%お腹の子には害がないと言われていますが、出産直前に感染してしまうと、新生児にヘルパンギーナや手足口病を引き起こす「エンテロウイルス」が感染してしまい、稀に重症または死亡といった事が起こります。

出産間近の時に、上のお子さんがヘルパンギーナに感染してしまった場合は、近所に身内や知人がいる場合は頼って助けてもらうと良いでしょう。

保護者の方へ

へルパンギーナは暑い夏に罹ることが多いので、高熱で汗をかくと体内の水分がすぐに減ってしまい、脱水症になりやすいので、こまめに水分を取らせるようにしましょう。

飲み物を全く口にしないようであれば、早めに受診しましょう。

赤ちゃんの場合、もし哺乳びんをいやがるようであればストローやスプーンを使うなど、少しずつでも水分を与える工夫が必要です。

赤ちゃんからご自身に感染する場合もありますので、十分に気を付けましょう。

スポンサードリンク