ヘルパンギーナとは

ヘルパンギーナは、6月ごろから初夏にかけて流行し、乳幼児に多く見られる夏風邪の代表的なウイルス性の感染症です。

主にコクサッキーウイルス群が原因で、ウイルスの型がいくつもあるので、それぞれのウイルスによって何度もかかってしまうことも珍しくありません。

大事なのは感染経路と原因をしっかり把握することとなります。

スポンサードリンク

子どもの三大夏風邪ともいわれるヘルパンギーナ

子どもの三大夏風邪と呼ばれ、手足口病、咽頭結膜熱(プール熱)そしてヘルパンギーナ。

例年6月から8月にかけてそれぞれの流行がピークを迎えますので、感染対策に備えましょう。

ヘルパンギーナはどんな症状?

39℃以上の熱が1〜3日つづくと同時に、のどが赤く腫れて小さな水疱がたくさんできます。

のどの痛みが強いために、食事や飲みものを受けつけなくなることから、「脱水症状」を起こすことも。

ヘルパンギーナにかかってしまった時の食事や飲料まとめです、参考にして下さい。
ヘルパンギーナにかかった際の食事。喉や口、舌にしみない食事がおすすめです。


このような症状に注意

  • 潜伏期間は、3〜6日(発症までに時間があるのが特徴)
  • 突然の発熱(1〜3日つづく)
  • のどの強い痛み、のどの発疹・水疱
  • 飲食を受けつけずに、脱水症状になることも
  • 高熱から、けいれんを起こすことも

ヘルパンギーナの感染経路を把握しましょう

ヘルパンギーナは、くしゃみなどの際に出る飛沫によって感染する飛沫感染と、舐めて唾液や鼻水がついたおもちゃの貸し借りなど、手が触れることで感染する接触感染がおもな感染経路です。

また、回復後も口から1〜2週間、便から2〜4週間にわたってウイルスが排出されるので、おむつなどの交換後に汚染された手指を介して感染が広がります。

スポンサードリンク

手洗いの習慣を


ヘルパンギーナは、飛沫や手指を介して感染するので、十分な手洗いと手指消毒が大切です。

また、回復後も便にウイルスが排出されているので、トイレ後やおむつ交換後は手洗いと手指消毒を徹底し習慣としましょう。

うがいやマスクも

空気が乾燥している時などは、マスク着用の習慣を持ち、予防に努めましょう。

また、うがいは季節ごとでは無く、外出後は必ず行うような習慣をもつことが、ヘルパンギーナに限らず大切なことです。

環境の清掃

家庭内感染を防ぐために、手がよく触れる場所などは、こまめに洗浄や除菌を行いましょう。

ヘルパンギーナの怖いところは、人から人に移ってしまいます。
家族全員に症状が出てしまうこともよくあるので、接触感染を防ぐことはとても大切な予防となります。

衣服などの洗濯は別々

衣服にウイルスが付着している場合があるので、感染者の着ている衣服や使用したタオルなどは別々に洗濯をおこないましょう。

ヘルパンギーナを予防するには?


小さな子どもには難しいかもしれませんが、マスクをすることにより飛沫感染による感染経路をもつ、
ヘルパンギーナには効果的な予防法になります。

そして、夏風邪をひいている子のところには近づかない。
飛沫感染なので、すぐ感染してしまいます。とくに子どもはおもちゃについたよだれなどを介して感染するので、気をつけましょう。

夏バテや熱中症同様の予防にもあわせて

  • しっかりと食事を摂る
  • 水分補給をしっかりする
  • 体力をつけるため、外で元気よく遊ぶ
  • こまめな着替え

免疫力が下がってしまっていては、ウィルスをブロックすることもできませんので、日々の食事はとても大切です。

最後に

ヘルパンギーナだけではなくどんな病気も「手洗いうがい」は基本ですね。

外から帰ってきたら必ず手洗いうがい。

それ以上の予防は毎日規則正しく過ごし、免疫力を高めることです。

ただでさえ、暑い夏を迎えようとする体の準備期間です。
もっと暑くなれば夏バテ、熱中症とも闘わなくてはなりません。

病気に負けずに暑い夏を乗り越えたいですね。

スポンサードリンク