ここ数年で健康や美容で必ずと言っていいほど『麹』というキーワードを目にします。

私は『塩麹』から知ったクチですが、魚の切り身に塗って焼いただけなのに劇的に味の深みが増したのには衝撃を受けました。

それ以来、麹を使ったいろいろなものが気になって仕方がありません。

それに、麹は古来から日本に在るもので「私たち日本人にこそピッタリ」のモノだと確信しています。

今回は『麹』を使った様々なものをまとめてみました。

ぜひ、試して日常に取り入れてみて下さい、きっと健康面や美容面で素晴らしい効果や効能を発揮してくれることでしょう。

スポンサードリンク

こうじ水で高血圧や便秘の改善、ダイエット効果まで


麹を使った飲み物といえば『甘酒』がめちゃくちゃ流行っていますよね。

その火付け役は、健康や美容への意識が高い女性たちから支持されているんだとか、甘酒の専門店なども多くなってきています。

私は甘酒のドロっとした口当たりが苦手で好きになれません。

私のようなタイプの人もきっと多いはずです、そんな方におすすめなのが『こうじ水』です。

血圧や便秘が気になる人には絶対におすすめです。「麹の味」というより水を飲む感覚でいけちゃいます。

作り方も驚くほど簡単で経済的です、騙されたと思って試してみて下さい!

甘酒酵素水で乳酸菌と麹のダブル効果


乳酸菌といえばヨーグルトなんかに入っている『善玉菌』の代名詞ですよね。

腸内環境を整えることで、便秘の改善や免疫力の増加など身体の内側から改善してくれるのが乳酸菌です。

甘酒は『飲む点滴』なんて言われるほど栄養価の高さが特徴です。

甘酒酵素水は、その両方の良いとこ取りで作り方も簡単です。

考案者はあの「南雲先生」あの若さが何よりの説得力ですよね。

麹ジャムでトーストやヨーグルトに合わせる


私はヨーグルトが大好きで、毎日のように頂きます。

ただ、『砂糖断ち』という砂糖を極力使わない取り組みを行っていくうちに『ジャムに含まれる砂糖』をどうにかしたいと考えるようになりました。

そこで知ったのが『麹ジャム』です。

ヨーグルトだけでなくトーストのようなパンにも合わせやすくおすすめです。

こうじ化粧水でシミや美白に効果


化粧水に求める要素は何ですか?

私は乾燥肌なので、第一に『保湿力』です。

そして、原料や成分がどうしても気になってしまいます、わけのわからないカタカナの薬品が気になって調べると、ヤバそうな口コミがわんさか出てくるんですよね。

だったら無添加で自然由来のものを安心して使おうと思って調べまくったところ、化粧水にまで『麹』が関わってくるのが驚きです。

化粧水というと顔に使うイメージですが、私は全身が乾燥肌なので冬場はガサ付くところに塗りまくっています。

市販のサラっとした不自然な感じより、しっとりとした自然な感じに仕上がるので試してみて下さい。

残ったもので麹パック


こうじ水やこうじ化粧水で、残った麹の絞りカスが勿体無いですよね。

麻袋などに入れてバスタブに沈めるのもおすすめですが、パックにするのもおすすめです。

メラニン色素の蓄積を防ぐだけでなく、保湿力も抜群なので乾燥肌の対策にもおすすめです。

パックは顔だけでなく体の狙った部分を集中的にケア出来るのも魅力ですね。

インスタント味噌汁は体に悪い?


できるかぎり「インスタント」は避けておこうと心掛けるのですが、インスタント味噌汁はあると非常に便利ですよね。

そんなインスタント味噌汁は、本当にからだに悪いのか?選ぶならどんなものがいいのかまとめてみました。

麹がアトピーやアレルギー、花粉症の改善に


アトピーやアレルギー、花粉症などは腸内環境を整えることで本当の意味で改善に向かいます。

「正しい治療法」の定義が難しいのですが、アトピー性皮膚炎へのアプローチがステロイドが正しいとは思えません。

難しい話かもしれませんが、試す価値は十分にあると思います。

まとめ


『麹』と聞いても、一昔前ではピンときませんでしたが、身近な食材ではこんなものにも使われています。

  • 味噌
  • 醤油

麹菌は、東洋の風土にしかない細菌のようなものです、私たち日本人には昔から慣れ親しんだ必要不可欠な存在で、「合わないはずがない」ものなのです。

取り入れ方は様々ですが、どれもおすすめのものばかりです、気になったものからぜひ試してみて下さい。

また、今後も『麹』に関連した記事をどんどん追加していきたいと思っています。

スポンサードリンク