日本人の国民病ともいわれる『肩こり』。

3000万人ぐらいの人が肩こりの症状を感じているという統計もあるほどです。

私も若い頃から肩こりに悩まされ、定期的に整体などに通っています。

あまりの肩こりの酷さから、初回は必ず職業を聞かれるほどです(笑

そんな国民病ともいえる肩こりに、アボカドを食べ続けると改善されるという噂をテレビの番組で聞きました。

肩こりの改善に食べ物というアプローチは初耳でしたが、気になったので調べてまとめてみました。

スポンサードリンク

肩こりの原因


肩こりとは、僧帽筋(そうぼうきん)という肩の筋肉の血流が悪くなって起こる症状です。

この僧帽筋には、頭や腕を支える役目があるので常に負荷がかかっている状態なのです。

成人の頭の重さは5kg程です、立っていても座っていても5kgを支えていることを考えると、コリという症状がでてしまうのも納得ですよね。

特に汗をかきにくい冬は、代謝が悪くなってしまい血流の低下から肩こりの症状が酷くなるといわれています。

このような原因であれば、ストレッチやマッサージが改善へのアプローチになるのが当然ですが、なぜアボカドが肩こりの改善に効果的なのかについて迫ってみましょう。

ビタミンEが肩こりに効果的


ビタミンEは、化学名を『トコフェロール』といいます。

女性が特に必要とする成分で、副腎や卵巣に蓄えられ女性ホルモンの調整や生殖機能にも深く関わる成分です。

また、強力な抗酸化作用(老けにくい)があり、シミやしわの改善であったり肌のトラブル予防にも効果を発揮するともいわれています。

ビタミンEには毛細血管を拡張させる働きが

ビタミンEが肩こりに効く理由は、毛細血管を拡張させて血流をよくする作用があるからです。

血流が良くなることで、肩こりだけでなくこんな症状の改善まで期待できます。

  • 冷え性
  • 頭痛
  • 血行不良が原因の症状全般

アボカドが肩こりに良い理由の正体は『ビタミンE』だったのです。

アボカドのビタミンE保有量


アボカドのビタミンEの保有量が多いのはなんとなく想像はできます、数字で見比べるとこんな感じです。

100gあたりのビタミンE保有量

  • らっかせい 7.2mg
  • モロヘイヤ 6.5mg
  • アボカド 3.3mg

100gあたりのビタミンE保有量は、らっかせいやモロヘイヤが飛び抜けているのですが、これらを100gも食べるのはとても難しいですよね。

らっかせいを100g食べるとカロリーは600kcal近くあり現実的ではありません、モロヘイヤですと5束ぐらい食べてやっと100gです。

アボカドですと、種を除いた可食部だけでも1個140gもあります、それを考えるとビタミンE摂取にとても効率が良いことがわかりますよね。

スポンサードリンク

アボカドを1日半分食べ10日で効果が

肩こりの度合いは『筋硬度計』という器具を使うと数字で計測できるそうです。

アボカド半分を10日続けて食べると、この『筋硬度』が下がるという結果がでています。

アボカドを毎日半分であれば、ヘルシーでサラダ感覚で食べられるので、それほど苦にもなりませんよね。

せっかくなのでアボカドの選び方や保存方法、おすすめレシピをご紹介します。

アボカドの選び方


アボカドは『森のバター』と例えられるほど脂肪分が多い果物です(野菜ではなく果物)

ビタミンEは、油脂に溶ける脂溶性ビタミンなのでアボカドに多く含まれるのは必然でもあるのです。

アボカドは油脂分が多いほど良い品質になります、スーパーや八百屋で選ぶポイントはこちらです。

ヘタを見る

ヘタが付いたままのアボカドが望ましいです。

ヘタが取れてしまっているならば、穴が開いていないか確認しましょう。

穴が開いていると空気が入り込み、ヘタの部分だけ黒ずんで劣化していることがよくあります(切った直後にわかるので損した気分に)

ヘタの部分が取れて白っぽいこともありますが、綺麗にヘタが抜けたばかりなので問題ありません。

皮の色を見る

アボカドの売り場を見てみると、けっこう色にバラつきがあることに気付くと思います。

緑 → 深緑 → 茶褐色 → 黒

このような順に熟成が進んでいるので、食べ頃は緑と黒が混ざったような『深緑』です。

アボカドの旬


アボカドは年間を通して流通しているので、旬を気にする必要がありません。

国内でも生産されていますが、99%が輸入品(ほとんどメキシコ産)なので、スーパーや八百屋で並んでいるものは輸入品と思っていいでしょう。

どうしても国産が食べたい方は、通販を使って農家から直送すると良いでしょう。

色や形が国産のほうが圧倒的に美しいですが、値段は3倍から4倍もするのが痛いところです。

私はメキシコ産の1個100円~200円のものが手頃で美味しいので気になりません。

アボカドの切り方


アボカドの切り方は少しコツが必要です。

画像を見るとわかるのですが、大きくて硬い種が中心にあるので、いきなり包丁で真っ二つにしようとすると危険です。

説明するより良い動画がありました。

アボカドの食べ方

私は1979年生まれのアラフォーです。

子供の頃はアボカドなど食べたことがなかったので、大人になってから食べるようになり、なんだかお洒落な食べ物のイメージがします。

調べてみると、2000年頃から一気に輸入量が増えているので、比較的新しい食材なのではないでしょうか。

アボカドをただ切っただけでも美味しく彩りも綺麗ですが、こんな簡単でお洒落なレシピがあります。

オススメはアボカドディップ


びっくりするほど簡単でお洒落。

そのままサラダ感覚で食べてもいいですし、パンやパスタに絡めても相性は抜群です。

私はお酒(ワインが良い感じです)のつまみにも食べてしまうほどです。

材料も超シンプル

  • アボカド1個
  • 黒胡椒(お好みで)
  • マヨネーズ(お好みで)

胡椒やマヨネーズは何処の家庭でも冷蔵庫に入っていると思うので、用意するのはアボカドだけと言ってもいいですよね。

ベースはこれで完成です。ここからは貴方の好きなものを加えてオリジナルを完成させてみて下さい。

私のオススメはツナ缶、もう十分おかずとして成立してしまうのでオススメです。

作り方も3分とかかりません。

  1. アボカドの種をうまく避けて半分に切る
  2. 中身をスプーンでくり抜く

こんな簡単なのにお洒落ですよね

アボカドの保存方法


肩こりを改善させる目安は1日に半分です。

残りの半分の保存方法です。

私は1個でも2個でも食べれてしまうので、基本的には保存は考えずに使い切ります。

保存をするのであれば、ラップで包んで冷蔵庫です。

切り口からどうしても変色が進んでしまうので、レモン汁(ポッカレモン100がオススメで何かと使えます)を数滴かけておくと変色を抑えることができます。

さいごに


ビタミンEの摂取で、食べ物から肩こりを改善させるというのは斬新ではないでしょうか?

また、アボカドは栄養価がとても豊富でヘルシーです。

アボカドは、まだまだ日本人には馴染みが薄い感じではありますが、滑らかな口当たりや優しい味、調理の手間の少なさは今後も必ず需要が増え続けることでしょう。

ぜひ取り入れてみて下さい。

スポンサードリンク