糖尿病は一度なってしまうと完治するのは難しく、長いと死ぬまで食事制限を強いられる生き地獄です。

私たちの日本では糖尿病患者の数は年々増え続け、予備群も含めると1000万人とも言われています。

そんな予備群の人たちが気になるのは『血糖値』ですよね。

最近の研究で『トマトジュース』は血糖値を下げる働きがあり、糖尿病の予防に最適と言われています。

今回は、トマトジュースがなぜ糖尿病予防に最適な飲み物なのかについてまとめてみました。

スポンサードリンク

そもそも糖尿病とは


糖尿病とは、簡単に言ってしまえば血液の中の糖分が常に高い状態になってしまう病気です。

私たち人間の体は、食事で取り入れた糖質をインスリンというホルモンを分泌させることで、糖質をエネルギーや脂肪に変換させています。

ですが、肥満であったりインスリンが追いつかない程の糖質を取り続けてしまうと、血液中の糖質が変換されずに残ったままになり血液はドロドロになってしまいます。

血液中に糖質が残ったままなのが『糖尿病』ですが、どれぐらい怖い病気なのかを症状で説明いたします。

糖尿病の症状


糖尿病は、診断されてからもすぐに命に関わる病気ではありません。

ですが、その症状はとても怖く「死んだほうがマシ」と言いたくなるぐらい怖い症状ばかりです。

血液中の糖質が血管の中をボロボロにし長い時間をかけて体を蝕んでいきます。

糖尿病の3大慢性合併症と言われる、糖尿病によくある症状を知っておきましょう。嫌でも予防したくなります。

糖尿病網膜症

糖尿病になってしまうと血管がボロボロになりますが、細かい血管から壊れてしまいます。

眼の中にある網膜の血管です。この糖尿病網膜症の怖いところは自覚の無いまま進行してしまい、症状に気づいた時には失明という結果になってしまいます。

ちなみに糖尿病網膜症は、日本人の失明原因の第2位です。

糖尿病腎症

腎臓は血液を綺麗にろ過する働きをもつ臓器です。

その腎臓には糸球体(しきゅうたい)という毛細血管が集まる場所があります。

この糸球体の毛細血管がダメージを受けてしまうと腎臓の働きが弱くなったり機能しなくなってしまい、結果的には腎不全です。

腎不全になってしまうと人工透析です。

人工透析とは専門の機器を使って、汚れた血を綺麗な血に入れ替える作業です(本来は腎臓が行いますが壊れているため)。

1回の透析時間は最低でも4時間で、週に3回は行わなければいけません。

一度透析を行うようになってしまうと、死ぬまで透析生活が続き4割ほどが5年以内に亡くなるという統計もでています。

また、1ヶ月の透析治療の医療費は30万円~50万円程度で、公的助成制度を使って自己負担は1万円ぐらいになります。

この制度に国民の税金が投入されるわけですが、その額は年間約1兆6000億円程と言われ、その額の大きさから度々問題視され、いずれは自己負担額が増大するような気配がします。

糖尿病神経障害

こちらは手足の末端、末梢神経(まっしょうしんけい)にダメージがいってしまう合併症です。

症状は、手足のしびれから始まり感覚が徐々に失われ、最終的には壊疽(えそ)という形で手足の切断を余儀なくされます。

糖尿病の3大慢性合併症を知ってどうでしたか?なってからでは手遅れで予備群の間に予防することの大切さが理解できたと思います。

では、本題の糖尿病予防にトマトジュースが良い理由にいきます。

トマトの栄養素リコピン


リコピンと言う栄養素はご存知ですか?

女性は何かと耳にすることが多い成分かもしれません、理由はアンチエイジング

このリコピンの抗酸化作用(老けにくい)はビタミンEの100倍以上とも言われ、トマトが「美しくなる野菜」とも言われる理由です。

トマトの効果や効能は多すぎて書ききれません

そして、最近の研究から抗酸化作用だけでなく、血糖値にも効果があることがわかったのです。

リコピンは血糖値を下げる

リコピンは血糖値そのものを下げるという作用があります。

糖尿病の人や予備群の人は、血糖値が上がりにくい食事でコントロールする必要がありますが、このリコピンの作用のような血糖値そのものを下げる方法は薬以外では難しかったのです。

食べ合わせや副作用の心配が無く、普段の食事から改善や予防ができる方法なのです。

なぜトマトじゃなくトマトジュース?


多くの栄養素は生が一番良い状態で、手を加えるほど栄養は減少していく傾向にあります。

例えばビタミンCであれば加熱するとほとんど壊れて失ってしまいますが、リコピンは熱を加えても壊れません。

そして、トマトジュースが良い理由は、トマトの細胞を砕いて柔らかくしたほうが吸収率が上がるのです。

そのリコピンの吸収率は生に比べてトマトジュースであれば4倍になるとも言われています。

リコピンの摂取方法であればジュースやスープがベストなのです。

スポンサードリンク

オリーブオイルでさらに吸収率アップ

サラダにドレッシングを加える理由をご存知ですか?

味付けだけでなく、野菜の栄養素の吸収率を高めるためにもドレッシングは効果的なのです。

理屈は同じで、オリーブオイルをトマトジュース200mlあたり、小さじ1杯程加えておくことでリコピンの吸収率をさらに上げることができます。

こんな作り方であれば手軽ですよね!

オリーブオイルは好き嫌いが別れますが、風味などが苦手であれば数滴垂らすぐらいにしておけば味の変化にも気付きません。

トマトジュースを飲むタイミング


リコピンの吸収率が一番良いと言われているのは朝です。

そして、食事の前に飲んでおくことで血糖値の上昇を緩やかにする特徴もあるため

トマトジュースを飲むタイミングは朝食の前がベストです。

トマトジュースはどんなものが良い?

せっかく健康や美容のために飲むのです、半端なものを選ぶのは勿体無いですよね。

選ぶべきポイントは3つです。

無塩

食塩入りの方が飲みやすいという方も多いと思いますが、こういった飲料に含まれる食塩は思った以上に多いものです。

糖質や血圧が気になる方は、無塩のトマトジュースを選びましょう。

分類

パッケージの見た目で適当に選ぶと、間違ったものを選んでしまうことがあります。

  • トマトジュース:トマトの果汁100%
  • トマト果汁飲料:トマトの絞り汁50〜100%未満
  • トマトミックスジュース:トマトジュースに他の野菜や果物を混ぜたもの

分類がトマトジュースになっていることを確認して選びましょう。私はカゴメの無塩無添加のものが好きです。

香料

原材料を見ると『香料』と表記されているトマトジュースもありますが、このようなものは避けておきましょう。

『香料』と曖昧な表現ですが、3200種類ぐらいある添加物の混ぜ合せなので何が入っているかはブラックボックスです。

よく体への害が有るか無いかで議論になりますが、そんなことはどうでもよく、健康の為に必要か不必要かで判断すれば100%不必要です。

トマトジュースのおすすめの飲み方


無塩のトマトジュースで味気が物足りない方はこんなものを加えてみるのがおすすめです。

  • タバスコ
  • 黒コショウ
  • 一味唐辛子

これらをお好みで加えて、レンジで温めてホットトマトジュースにするとスープ感覚で美味しく頂けます。

トマトジュースの酸味が苦手な方にはこんなものと混ぜてみるのもおすすめです。

  • 牛乳
  • リンゴジュース

分量はお好みですが、牛乳はまろやかに酸味を打ち消す感じです、リンゴジュースであれば爽やかな甘味が加わり、いろいろ混ざった野菜ジュースのような感じになります。

トマトジュースを飲みすぎると下痢の原因に

トマトジュースには、たくさんの食物繊維が含まれています。

食物繊維は消化がされにくい成分で、便秘の解消にとても良い成分なのですが、摂りすぎてしまうと下痢の原因になってしまいます。

個人差は当然ありますが、一回に飲む量は200mlぐらいにしておくのが望ましいとされています。

まとめ


トマトジュースを飲んで欲しい人はこんな人

  • 血糖値が気になる
  • 高血圧が気になる
  • 老けたくない

さらに効果を上げるなら

  • リコピンの摂取には、生のトマトよりトマトジュースの方が4倍も吸収率が上がる。
  • オリーブオイルを加えることで吸収率はさらに上がる。
  • 飲むタイミングは朝が良く、朝食前がベスト。
  • トマトジュースは選ぶなら、無塩無添加トマト100%のものを。
  • 飲みすぎると下痢の原因になるので注意。

トマトジュースに偏っても飽きてくるので、こんなもの飲み物とローテーションするのがおすすめです。

スポンサードリンク