夏風邪の症状とは

夏風邪の主な症状に挙げられるのは下痢や腹痛です。

夏場はどうしても冷たい飲み物を口にする機会が増えますし、エアコン等の冷房で体が冷えたりとお腹の調子を悪くする原因がたくさんあります。

また、わかりやすい症状として、喉の痛みや発熱や頭痛です。

夏場に腹痛や咳がでるようなら夏風邪を疑ったほうが良いでしょう。

夏に調子が悪いとまず疑ってしまうのが「夏バテ」ではないでしょうか。

しかし、「夏バテ」と「夏風邪」を勘違いし対処を間違えることが多いようです。

具体的な例ですと、今日は調子が悪い→2日目も調子が悪い→3日目に咳が出始めた、何かがおかしい。

このような勘違いが「治りにくい、長引く」原因に繋がっているようです。夏バテも何かしらの原因があり、体の不調が起きていると覚えておいたほうがいいでしょう。

また、夏の暑さによって体力が低下していることも原因のひとつかもしれません。

スポンサードリンク

夏風邪の主な原因

夏風邪に限らず、風邪の原因の8割ほどはウイルスによるものです。

ただ冬風邪と夏風邪では感染するウイルスが違います。

夏と冬では温度や湿度の違いから活発に活動するウイルスが変わってきます。

夏風邪の代表的なウイルスは「アデノウイルス」「コクサッキーウイルス」「エコーウイルス」「エンテロウイルス」などで
す。

アデノウイルスの症状

主に喉の痛みや咳がでます。また、発熱や結膜炎です。

ちなみに「adeno」とは英語で「腺」つまり喉を表します。

エンテロウイルスの症状

主に下痢や腹痛です。場合によっては皮膚にも疱疹が出来ることもあるようです。

疱疹(ほうしん)というのは、皮膚に水疱(すいほう)が出来てしまった状態を表し、医学用語では疱疹をヘルペスと言います。

ちなみに「entero」とは英語「腸」となります。

コクサッキーウイルスの症状

コクサッキーウイルスはエンテロウイルス系のウイルスで同じグループに属したウイルスです。主な症状は高熱が出ることです。

また、口内炎になることもあり子供がかかりやすいウイルスです。

スポンサードリンク

エコーウイルスの症状

エコーウイルスも子供がかかりやすいウイルスのひとつです。主な症状は下痢や腹痛、発熱です。

このウイルスの質が悪い特徴として、発熱が落ち着いても再度、発熱を起こすことです。

咳や鼻水といった症状がほとんど無く、夏バテと勘違いすることが多いようです。

夏風邪はうつる?

夏風邪はうつります。先に説明しましたが原因のほとんどがウイルスによる感染です。

何故、このような疑問が出て来るのかと言いますと、「うつる」と言う方と「うつらない」と言う方が半分程にわかれてしまいます。

やはり、夏バテと勘違いして捉えてしまっている方が非常に多いようです。

下痢や嘔吐、咳などから感染しますので十分気を付けましょう。

夏風邪を早く治す方法は

夏風邪に限らず風邪を治すのに必要なのは「食事、水分、睡眠」です。

薬局などの薬では症状を和らげるような効果程で、治療とまではいきません。

食事は消化の良い「うどんや雑炊」が良いようです。

下痢や腹痛で食欲不振になりがちですが、早く治す為には食べることです。

水分は夏風邪の特徴に多い、下痢などで脱水状態になりがちなので積極的に取りましょう。

睡眠は体力や免疫力を高めるために絶対に不可欠なので出来る限り寝ましょう。

夏風邪の予防法は夏風邪の予防には、外出先から帰宅した際には手洗いやうがいを行いましょう。

冬は行っているのに夏に行っていない方が非常に多いようです。季節にかかわらず手洗いやうがいは習慣にすることが非常に大切です。

またあまり知られていませんが、目薬や洗眼薬も効果的です。

ウイルスは目から感染することもあるので、目薬や洗眼薬も習慣化させることが大切です。

目薬や洗眼薬の種類は特にこだわる必要はありません、何故なら瞳の表面を洗い流すことが目的になります。

夏風邪の予防におすすめな食事

夏風邪のひき始めには少量の赤ワイン(20CC程度で大丈夫です)がおすすめです。赤ワインにはポリフェノールという消炎作用(炎症を抑えます)がある成分がたくさん含まれているため、喉からくる風邪を抑えてくれます。

また、アルコールの摂取により体温が上昇することにより免疫力が高まります。体温が2度上がると免疫力は3倍に活性化されます。
食べ物による夏風邪の予防には発酵食品がおすすめです。納豆やキムチなどは最適ですが好き嫌いが分かれてしまいます。

それらが苦手な方はヨーグルトやチーズがおすすめです。発酵食品には腸から感染するウイルスを防いでくれます。これらの食品を意識すると予防に繋がります。

さいごに

外出先から帰宅した際には手洗いやうがい、目薬や洗眼薬を習慣化しましょう。

夏バテかなと感じたら、夏風邪を疑いましょう。

また、夏風邪に限らず体が「だるい、重い」と感じるのであれば、それは何かしら体の不調のサインです。

せっかく体の不調のサインを感じ取ることが出来たのです、早めに医者の診断を行いましょう。

スポンサードリンク