口の中の皮が剥けてしまう経験は誰でも1度や2度はあると思います。私もよく口の中の上の方、上顎の皮が剥けてしまいます。

ふと気付くと剥けてしまっているので、原因が何かわからないまま治ってしまいます。

口の中の皮が剥けてしまう理由は調べてみるといろいろあります。些細な軽度なものから、菌による感染だったり怖いものもあります。

今回は、口の中の皮が剥けるいろいろな原因をまとめてみました。

スポンサードリンク

口の中の皮が剥ける原因(軽度)

まずは単純に「パリパリっとした」表面が硬いものを食べた時です。

私の場合はよくあるのですが、食べている時は気付かないけど次の食事の時に皮が取れかかって違和感に気付きます。

こんな食べ物でありがちではないでしょうか?

  • ポテトチップス
  • せんべえ
  • 春巻き
  • コロッケ

この程度での皮の剥け方であれば心配はいりませんね。3日もすれば治ることでしょう。

さらによくある口の中の皮が剥ける原因です。

熱いものを食べて火傷

これもありがちですよね。

「熱っ」と感じながらも食べてしまい、後日水ぶくれになり皮が破けてしまうことがあります。

私もつい最近、おでんの大根を食べている時に、「フーフー」とよく冷ましたつもりで口に入れましたが、噛んだ瞬間に熱い汁が出てきて火傷をしました。

その時は熱かったぐらいでそのまま食事を続けていましたが、翌朝に皮が剥けていました。

火傷の場合は意外と時間差で皮が剥けてしまうことも多いのです。

表面の硬さや熱さ意外にも「味」が原因になることもあります。

辛い食べ物の刺激

私は辛いものが好きですが、経験は記憶にありません。

塩気が強い辛いものを食べると、上顎の皮が剥けてしまうことがあるそうです。

意外とこんなものが原因かもしれません。

口内炎

口内炎ができてしまうと、当然のように皮が剥けてしまいます。

口内炎ができる原因はご存知ですか?

私は20代の頃に口内炎で悩まされたのでよく知っています。

原因はいろいろあるのですが、次のどれかが当てはまります。

  • ビタミンBの不足
  • うがい薬と丁寧な歯磨き
  • 睡眠不足
  • 甘いものの食べ過ぎ

口内炎ができるようであれば、これらの条件を改善することで口内炎とは無縁の暮らしになります。

ビタミンB群はこんなものから安価で簡単に補えますので、足りないと思ったら意識しましょう。

  • 納豆
  • バナナ
  • ワカメ(増えるやつで十分です)

甘いものを食べるとビタミンBが消費されてしまいます。

せっかくの栄養も砂糖が台無しにしてしまうことをもっと知るべきです、私はほとんど砂糖を摂りません正確には「精製された砂糖」です。

甘いものでは、こんなことが原因にもなります。

スポンサードリンク

チョコレート依存症


正確には口の中の皮ではなく、唇の皮が剥ける人に多い特徴です。

唇の皮が剥ける状態は「胃腸の不調」のサインです。

この状態の8割ぐらいの人が毎日チョコレートを食べているそうです。

甘いものには気分を高揚させたり多幸感を感じさせる効果があります。

「チョコレート依存症」には気を付けましょう。

口の中の皮がむける原因(重度)


ここからは病気が原因になります。

口の中の皮が剥けるだけでなく、ピリピリとした痛みが口の中にあったり、舌の色が変であれば疑わなければいけません。

口腔カンジダ症

カンジダ菌は口腔常在菌とも言われ、3割ぐらいの人が保有していると言われています。

意外かも知れませんが、口の中には300から700種類の細菌が5000億ほど存在しています。億です!

普段は微量なので害はありませんが、免疫力が落ちたきっかけで発症することがあります。

対処法は免疫力を落とさないことですが、普段の何気ないことも効果を発揮します。

白板症

白板症(はくばんしょう)は、白い皮が剥けるというよりは、患部が白くなっています。

口内炎と間違いやすいですが、口内炎より広範囲にわたって患部が白くなるのが特徴です。

特に舌にできた場合は悪性化する可能性が高いため、自力での対処ではなく適切な治療が必要になります。

重度だった場合は耳鼻咽喉科


口の中はとにかく雑菌が多く、傷口からいろんな病気につながってしまいます。

口内炎でもそうですが、甘く見ていると口腔カンジダ症のきっかけになりかねません。

口の中の異常は何かしらのサインであることが多いです。異常を感じたら耳鼻咽喉科へ行きましょう。

歯科や皮膚科と勘違いする人が多く、治療ができないわけではないのですが、殆どが塗りぐりを渡されるなどの対症療法(根本的な治療では無い)です。

耳鼻咽喉科であれば、口の中のスペシャリストで症状から治療法も慣れています。

口の中の異常(たとえ口内炎でも)耳鼻咽喉科での受診を強くおすすめします。

さいごに


パリっとした硬いものや、熱いものを食べて皮が剥けることは問題ないです。

口の中は治りが早いので3日もあれば治ってしまうことでしょう。

ですが、皮が剥けるだけでなく痛みや違和感は見落としてはいけないサインかもしれません。

口を大きく開けて、色や形に異常が無いか確認してみましょう。

少しでも異常があったり、気になるようでしたら耳鼻咽喉科での受診です。

そして、口内炎を甘く見てはいけません、いろんな病気のきっかけにもなりますし早く治療に取り掛かりましょう。

治ったから終わりではなく、なぜ口内炎ができたかが重要です。

「なぜ」を知ることで次回からの予防につなげることが大切です。

身近に「口内炎ができた」なんて言ってる人がいたらこの記事をシェアして脅してあげて下さい。

スポンサードリンク