最近よく聞く断食やファスティング。プチ断食なんてダイエットの方法も流行りですよね。

プロのスポーツ選手がシーズン前に行うという話もよく耳にします。

私も健康法としてとても興味があるので、ちょっとした連休を使ってチャレンジしたいと思っているのですが、

「髪が抜ける」というネット上の口コミがチラホラ散見されます。

今回は断食やファスティングで髪が抜けるのかについてまとめてみました。

スポンサードリンク

断食やファスティングを行う理由


ファスティングというのは断食のことですが、最近のファスティングは少量の野菜であったりサプリメントで最小限の栄養を補う「半断食」のことを指すようです。

ファスティングを行う理由はこんなメリットが

  • 内臓を休める
  • 毒素を排出する(デトックス)
  • 免疫力が上がる

ひとつひとつ丁寧に見ていきましょう。

内臓を休める

「飽食の時代」なんてよく言われますが、人類は何万年と飢えと戦ってきました。

現代の日本に生きる私たちは、とても恵まれていて「飢え」を経験することなく当たり前のように食事ができています。

今度は「飢え」から「食べ過ぎ」による弊害が多く起こっています。

学校や会社は月に何度かお休みがあると思います。

ですが、私たちの胃腸は365日休みなく働いています。

会社で例えればブラック企業です(私の会社も検索すると候補変換でブラックとでます笑)

内臓を休ませることで、本来の活力を取り戻し不調や疾患にも強くなると言われています。

毒素を排出する(デトックス)


毒素と言うと大袈裟かもしれませんが、私たちが食べたものは便として排出されています。

この便には水素やメタンガスを排出する、いわば毒素を出すものです。

腸内には宿便(しゅくべん)と言って、腸の中で排出されずに溜まっている便があります。

数日間食べないことで、この宿便を出し切り綺麗な状態にすることができます。

免疫力が上がる


人間の体はとても上手くできています。

食事という栄養素が入ってこなくなると、体は細胞レベルで「危機的状況」と判断します。

こうすることにより血液中の白血球が1.5倍から2倍に増え免疫力が増大します。

この効果を使って、肌荒れを治したり蓄膿症の治療法としても確立されています。

ただし、ここまでやろうとすると数日間の断食が必要となり必ず専門家の指導が必要となります。

スポンサードリンク

断食やファスティングの副作用


普段の生活とはまるで違うことを行うのです、こんな副作用も起こることがあります。

  • 頭痛や肩こり
  • 腰痛
  • 倦怠感
  • 寒気や吐き気
  • 嘔吐やめまい
  • ニキビや吹き出物

これらはの症状は、一見すると副作用にも見えますが毒素が排出される過程で起こる好転反応でもあるのです。

断食やファスティングではある程度はこれらの症状は起こることは覚悟しなければならず、これらの症状を超えてからが体にとってのメリットが起こります。

で、気になるのは髪の毛ですよね。

いくら健康に向かうとわかっていても、髪が抜けるのであれば絶対にやりたくないですよね。

髪が抜けるって本当?


結論から言ってしまいます。

髪は抜けません。

断食やファスティング中は、食事からの栄養が途絶えてしまいます。

髪に行くはずの栄養が途絶えるわけですから、抜け落ちると思っても何ら不思議ではないですよね。

ですが、アメリカの研究機関によると空腹状態はサーチュイン遺伝子(別名は長寿遺伝子)を活性化させるため、

むしろ、細胞のサイクル(生まれ変わり)が促進され、頭皮環境の改善にも役立つとされているそうです。

実際に、断食やファスティングは白髪改善の方法の1つでもあるぐらいなのです。

これから断食やファスティングを行いたいけど、抜け毛が気になっている人は安心して下さい。

ただ、断食やファスティングは絶食とは違います。

適切な知識や指導の元で行わなければいけません、断食後に食事が受け付けなくなったり、腸閉塞を発症したりする例はたくさんあります。

さいごに


最近では、1日ファスティングだったりプチ断食といった、1日だけ食べない日を設けることが話題になっています。

プロのアスリートだったり、一流のモデルが行っているので意味が無いはずはありません。

私は近々まとまった休みがあれば行うつもりです。

そのレポートも記事にまとめますが、効果は確信しています。

なぜなら、私は1日1食しか食べないという健康法を何年も実践しています。

いろんな人からアレコレ言われますが、胃腸を休ませる時間は半日でも効果は実感します。

健康診断の数値や仕事の結果は、数字で表れてしまっているのです。

ある程度の慣れと、向き不向きはあると思いますがオススメです。

こちらも色んな人に驚かれますが、髪はコレが答えだと思っています。

スポンサードリンク