うんちは毎日でるのが理想と言われますが、自分が食べたものが何時間で出るか把握していますか?

会社の同僚を観ていると、毎日2回もする人が何人かいます。

会社の拘束時間は9時間+残業なので、食べてから10時間以内に出ている計算になります。

私はワインが好きなのですが、たくさん飲むとうんちの色が変わるので、うんちの時間から逆算していつ食べたものかがわかります。

すると、毎日のように出ますが36時間前のものが出ている計算になるのです。

このあたりの個人差がとても気になったので調べてみました。

今回は、食べたものがうんちになるまで何時間かかるのかをテーマにまとめてみました。

スポンサードリンク

食べたものがうんちになる過程


食べたものが、うんちとして排出されるまでの道のりです。

口から肛門までの道のりは、思った以上に長く私たちの体では様々な働きを行った最後に放出されるのです。

  1. 食道
  2. 小腸
  3. 大腸
  4. 直腸
  5. 肛門

口から食道へ

食べ物はまず、口の中で細かく噛み砕かれます。

咀嚼(そしゃく)と言い、細かくなるまでよく噛むことです。よく20回噛んだほうが良いとも言われますよね。

よく咀嚼するほど、胃での負担が軽くなるのでうんちの出てくる時間の短縮にもつながります。

食道から胃へ

口から入ったものは、食道を通過し胃の中に入ります。

胃の中では、2時間から4時間ほどかけて胃酸により食べ物が消化されます。

就寝の4時間前に食べておくと良いと言われるのは、胃の活動は寝てても行われるので、身体全体を休めるためです。

胃から小腸へ


胃で粥状になった食べ物は小腸へ向かいます。

小腸はウネウネと曲がりくねってますが、直線距離にすると6mから7mになるほど長い道のりです。

胃でドロドロになった食べ物は、小腸でさらに細かくされ分子レベルまで分解されます。

そして、小腸のトンネル内には絨毛(じゅうもう)と呼ばれる細胞があり、ここから栄養が吸収されていくのです。

小腸から大腸へ

大腸の長さは1.5メートルほどです。

小腸で栄養のほとんどが吸収されますが、大腸では水分の再吸収が行われます。

胃でドロドロになった粥状のものが、大腸で水分を吸収されることにより、半固形状や固形状となり「うんち」として形になるのです。

大腸から直腸へ

半固形状や固形状となった「うんち」は、最後に直腸に辿り着きます。

ここまでの長い道のりを、24時間~48時間かけて到達するのが理想と言われています。

では、自身のうんちが何時間で出てくるかわからないですよね?

知るための方法があるのです。

スポンサードリンク

スループット食材を食べる


食べたものが何時間で、うんちとなって排出されるのかを知るためにはスループット食材を使う方法があります。

スループット食材とは、消化されにくい果物の種などのことを言います。

こんな経験を1度ぐらいしたことがありませんか?

トウモロコシを食べたら、うんちにトウモロコシがそのまま入っていたりするアレです。

他にもこんなスループット食材があります。

  • スイカの種
  • ブドウの種
  • トウモロコシの皮
  • ゴマ

植物の種には、動物に食べられて「うんち」から排出されても子孫を繁栄させるためだったり、より遠くへ子孫を運ぶ手段として消化されにくくなっていると言われています。

でも、難点は種などは小さくて見つけにくいことですよね。

もっと良い方法があるのです。

イカスミを使った料理を食べる


イカスミを使った料理は、思いつくところではイカスミパスタです。

私の恥ずかしい話なのですが、イカスミパスタを食べた翌日に真っ黒なうんちが出てしまい、血便と勘違いしてパニックになった苦い思い出があります。

イカスミを使った料理を食べれば、形や粒での見分けではなく「色」で一目瞭然なので、食べて何時間後にうんちになっているかを把握することができます。

24時間から48時間が理想、どこからが便秘?


食べて24時間から48時間で、うんちとして出てくるのが理想だそうです。

では、世間一般で言う「便秘」というのは何日出てないことなのかです。

ズバリ、3日以上でないことが便秘です。

私自身も、20代はひどい便秘でした。

本当に恥ずかしい話なのですが、会社で恐ろしいぐらいの腹痛に襲われ、上司に相談したところ「便意がなく脇腹も痛いなら盲腸だ!」という事になり、

そのまま病院まで連れて行ってもらったのですが、レントゲン写真の腸全てに便が詰まっていました(笑

約2週間分だったそうですが、座薬を押し込まれて4時間かけて全てを出し切りました。

便秘の改善にはコレ


便秘の改善方法は数え切れないぐらいありますが、私が一番良いと思ったことです。

水をたくさん飲むことです。

朝起きて500mlを飲みます、昼にも500mlを飲みます。

私が意識するのはこれぐらいです、1日2リットルの水を飲むと良いといいますが、朝と昼の500mlを意識するだけで便秘は解消されています。

よく便秘と肌荒れの関連性が言われますが、私自身も背中の肌荒れが便秘とともに綺麗に消えてしまいました。

1日2リットルは厳しいかもしれませんが、まずは朝と昼に500mlを意識してみましょう。

慣れると、飲まないと調子が悪いぐらい日常的になります。

さいごに


私は小さい頃から、自分の便を必ず確認しています。

長年にわたって観察しているので、何を何時食べたかが色や形でわかるようになってしまいました。

気持ちよくスルっと出た時は、前日に「うどん」を食べていることが多い気がします。

そんな経験ありませんか?

スポンサードリンク