トイレで大きな方をした後に、便の色がおかしかったりトイレットペーパーに血が付いていたりするとビックリしますよね。

私も数年前に、自分の便をいつも見てしまうのですが、色があまりにもドス黒かったのでパニックになった経験があります。

でも、知識や経験もなくどうしていいかわからずに、流していいものなのかも迷ったほどでした。

今回は、血便が出た時に慌てないために原因や理由、その後にどんな検査を受けるべきなのかをまとめてみました。

スポンサードリンク

血便とは


血便とは、文字通りに便に血液がついている状態を示します。

血便と言っても、血液の混ざり方は2種類あります。

  • 便の表面に血液がついている
  • 便の中に血液が混ざっている

この2パターンに別けられるのですが、しっかりと見極める必要があります。

便の表面に血液がついている状態であれば、こんな原因も考えられます。

切れ痔の可能性も

恥ずかしい話ですが、私も大きな便が出る時に裂けて血が出てしまうことがあります。

お尻の肛門のあたりにピリっと裂けるような痛みが走るのでわかりますが、念のためにこんな確認も行います。

トイレットペーパーで軽く痛い部分を拭いてみる。

トイレットペーパーに血がついているようであれば、肛門からの出血なので一先ず血便ではないので安心です。

便の中に血液が混ざっているのであれば

こちらの場合は、完全に血便になります。

便に血液が混ざり込むということは、体の内部でなんらかの異常があり出血しているということです。

後述しますが、血便が出てしまった場合は自力で原因を特定するような状況ではありません。

体の内部になんらかの異常があり、しかるべき専門家の判断のもとで適切な治療を行うしかありません。

ただ、ここでパニックになってはいけません、冷静に血便の色を確認する必要があります。

なぜなら、血便でも色の違いで症状がある程度の判断ができるのです。

少しおかしな話かもしれませんが、医師に説明するために携帯電話などで写真を撮るのも有りかもしれません。

血便の色を冷静にみる


血便に混ざった血の色で、ある程度の異常箇所が特定できるのです。

これを知っておけば、自分自身の不調箇所に自覚もあると思うので速やかに病院に足を運ぶことができると思います。

血便が黒っぽい色

血便が黒っぽい場合(赤ワインのような感じ)は、消化器官の最初のあたりで血液が混ざっていると判断できます。

消化器系の順番はこのような流れです。

  1. 口腔
  2. 咽頭
  3. 食道
  4. 小腸(十二指腸、空腸、回腸)
  5. 大腸(盲腸、結腸、直腸)
  6. 肛門

血便が黒っぽい色であれば、1~5のあたりで出血している可能性が高くなります。

5の小腸は、十二指腸、空腸、回腸をまとめて小腸と呼びます。

  • 食道
  • 十二指腸

このあたりまでは上部消化器官と呼ばれ、黒っぽい便の色のことを下血とも呼びます。

血便が黒っぽい色であれば、上部消化器官からの出血であると、ある程度の的を絞って検査することができます。

スポンサードリンク

血便が鮮やかな赤色

血便が鮮やかな赤色の場合です。

血便が黒っぽければ上部消化器でしたが、赤であれば下部消化管での出血の可能性が高まります。

下部消化管とはこのあたりを一括りに指します

  • 小腸(空腸、回腸)
  • 結腸
  • 直腸
  • 肛門

血便が鮮やかな赤色の場合は、これらの下部消化管からの出血が疑われます。

血便の色が判っていれば、ある程度の的を絞った検査が行えるのです。

  • 例:鮮やかな赤色の血便が出たのに、胃カメラで胃を調べても無駄に終わってしまう可能性がある。

でも、便が必ずしも固形であるとは限りませんよね?

血便が下痢の場合

このケースの判断が難しいかもしれません。

ただ、下痢全体の色で判断するしかありません、痔を持病として持っているかなども判断材料です。

ずっと下痢だとも限りません、下痢がずっと続いて色がおかしい場合の症状も後述します。

血便というものが、どういったものかは一通り理解できました。

では、その次に行うことです。

血便だった場合に行うこと

残念ですが病院に行くしかありません。

症状を羅列しますが、おそらくこれらのどれかでセルフケアなどしてる場合ではありません。

    上部消化管が出血場所の場合(黒っぽい血便)

  • 食道炎
  • 食道静脈瘤
  • 胃潰瘍
  • 胃ガン
  • 十二指腸潰瘍

下部消化管が出血場所の場合(鮮やかな赤い血便)

  • いぼ痔
  • 切れ痔
  • 大腸ガン

血便が下痢の場合

  • 胃腸炎、大腸憩室炎
  • 潰瘍性大腸炎、虚血性大腸炎
  • 薬剤性出血性腸炎

どのような症状であっても、自力で治せるようなものではありません。

仮に痔であっても、セルフケアでどうにかするよりも専門の機関で適切な治療を受けるべきです。

血便の8割は痔

日本人の3人に1人は痔に悩んでいるそうです。

実は、血便で驚くパターンの80%ほどが痔だったという結果が多いのです。

最近では、痔の治療も昔は入院が必要であったりと手間だったそうですが、今では日帰りで行えるそうなので、この際に痔と向き合う良い機会かもしれません。

血便がでたら何科に行くべきか


血便が出たら、消化器内科消化器外科です。

ここで実は、血便の原因が痔だったということは、よくある話で8割はこのパターンです。

消化器内科や消化器外科の先生も慣れています。

ここで治療を行える場合もありますが、肛門科を紹介されるかもしれません。

自分で痔かどうか判断する前に、消化器内科や消化器外科に診てもらうのが一番安心でリスクの少ない選択になります。

さいごに


私は血便が出てパニックになりました。

両親ともに胃潰瘍や十二指腸潰瘍という家系なので、とうとう自分もきたかという感じでした。

ただ、マヌケなことに前日にサイゼリアで生まれて初めて食べたイカスミパスタのことを思い出しました(めちゃくちゃ美味しかった)

「イカスミ 血便」などと検索したら自分のようなマヌケがたくさんいました。

私の場合はただのマヌケで済みましたが、血便が出たのであれば速やかに消化器内科や消化器外科を受診して下さい。

スポンサードリンク