最近よく聞く「玉ねぎヨーグルト」。

なんだかとても健康に良さそうな組み合わせですが、目的はダイエットに取り入れるのが流行りだそうです。

なんだか味が想像しにくいのですが、アレンジ次第では立派なレシピやオードブルに大活躍です。

今回はそんな「玉ねぎヨーグルト」のおすすめの作り方や痩せるために食べるタイミングをご紹介します。

スポンサードリンク

玉ねぎヨーグルトとは


玉ねぎヨーグルトとは、名前の通りの組み合わせ。

玉ねぎ + ヨーグルト のシンプルな組み合わせです。

まずはこの組み合わせから得られる栄養面や美容面のメリットを簡単に掴んでおきましょう。

玉ねぎの栄養とメリット

玉ねぎの効果や効能は今更かもしれませんが、こんなメリットが

  • 血液をサラサラにし高血圧の改善
  • 冷え性の改善
  • 代謝アップ

ザックリとこんな効果が期待できるのですが、ダイエットで大切な基礎代謝を上げるところがポイントです。

基礎代謝を上げることによって、消費カロリーが上がります。

自動車で例えると燃費が悪くなってしまうのですが、人間で言えばこんな感じです。

食べても太りにくい

「太りやすい体質」というのは、この基礎代謝の大小で決まります。

代謝を上げることはダイエットの基礎であり、その後のリバウンドの影響にもとても大切です。

そして、代謝と冷え性は深い関わりがあり、代謝が悪い人ほど、発熱量が低く冷え性に悩むことが多いのです。

冷え性を気にしない人が多いのですが、低体温にはこんなデメリットがあるのも覚えておいて損はないでしょう。

玉ねぎの効果はざっくりこんな感じですが、ダイエット効果だけでなく健康面でのメリットはとても大きく、基礎代謝という痩せる根本的な部分に作用するのもポイントです。

ヨーグルトの栄養とメリット


ヨーグルトは、「不老不死の薬」と例えられる食べ物です。

その理由は、特にコレです。

  • 腸内環境を整える
  • 便秘の改善

私たちの免疫細胞は、腸に6割から7割が集中しています。

腸内環境を整えることは、免疫力を上げることに直結しているのです。

免疫力を上げることは、風邪だけでなく様々な病気や疾患から守ることにつながります。

そして、ダイエット面では便秘の改善はとても大切です。

便秘というのは、老廃物の排出力が落ちている状態です。

その老廃物が溜まっていくと血行が悪くなり、代謝が悪くなるというデメリットがあるのです。

玉ねぎでも触れたように、代謝はダイエットではとても大切な要素です。

まずは内側からクリーンな身体を目指し、痩せやすい身体に近づけることが大切です。

ちなみに、便秘と肌荒れは密接な関係があり、肌が綺麗な人に便秘の人はいません

肌荒れで悩む多くの人は、肌の洗い方や塗るものに拘ることが多いのですが、実はその原因のほとんどが便秘だったりするのです。

ただ、健康面や美容面ではメリットは計り知れないですが、ダイエット目的であればこんな落とし穴があるのです。

ヨーグルトはダイエットに向かないという人もいますが、こんな理由です。

スポンサードリンク

ヨーグルトは意外とカロリーが高い


ダイエットの時に気になるのはカロリーですよね。

ヨーグルトのカロリーはこんな感じです。

  • 100gあたり70kcal

この数字だけを見るとヘルシーでもあるのですが、こんな誤ちを犯す人が多いのも事実です。

砂糖を加える

ヨーグルト単体では少し味気が足りませんよね、何か足してしまいカロリーを増やしてしまうのです。

最近では、糖質制限ダイエットが主流になり糖質が太る原因なのは一般的になってきました。

カロリーを抑えている状態は、吸収しやすい状態です。

ここで砂糖を加えてしまうと、逆効果になってしまうので注意が必要です。

ここで本題に戻るのですが、玉ねぎ+ヨーグルト に砂糖は合うわけがないのです。

これが「玉ねぎヨーグルト」のひとつのポイントなのですが、ヨーグルトをおやつや間食にしずらいことが良い理由です。

そして、「玉ねぎヨーグルト」の食べ方や食べるタイミングがとても大切です。

玉ねぎヨーグルトを食べるタイミング


玉ねぎヨーグルトは、おやつや間食に向きません。

オードブルやドレッシングとして使うのです。

理想は夕飯の前に頂くことです。

よくあるダイエット法で、置き換えダイエット単品ダイエットと呼ばれる方法があります。

代表的なものが、1食をこんなものに置き換えます。

  • りんご
  • バナナ
  • 寒天

1食のカロリー400kcalを100kcalぐらいに置き換えるのですが、机上の計算ではカロリーが減り痩せていくはずです。

でも多くの人が、この方法で失敗します。理由は減った分を他で取り返してしまうからです。

食べるタイミングがとても大切なのです。

玉ねぎヨーグルトは食事の前に食べるのです。

まずは試してほしいのですが、食事の直前に玉ねぎヨーグルトを50gから100g食べてみましょう。

普段の食事量は必ず減ってしまいます。

この単純ではありますが、取り入れた分を他で減らすという足し算引き算がとても大切です。

食前に玉ねぎヨーグルトを食べることで、先に空腹感を消してしまうことが単純のようで効果は絶大です。

置き換えダイエットや単品ダイエットが上手くいかない人ほど試してみて下さい。

空腹感を我慢していたのが馬鹿らしいぐらい自然と痩せていきます。

玉ねぎヨーグルトの作り方


玉ねぎヨーグルトの作り方はとても簡単です。

1食分

  • 玉ねぎ1/4
  • ヨーグルト(プレーン)100g
  • 塩(お好みで)

唯一面倒なのが玉ねぎのスライスですが、画像のようなスライサーを使えば気持ち良いぐらいすぐに出来てしまいます。

玉ねぎはスライスして30分ほど放置しておくと辛味が良い具合に抜けるのでお好みで、

ただ、水に浸してしまうと水溶性の栄養分が抜けてしまうので注意です。

ミキサーで細かくしてしまうのもオススメです。

そして、玉ねぎは1日の摂取目安が1/4個なので、入れすぎないようにするのもポイントです。

丸い野菜を切るのはスライサーがおすすめ

玉ねぎヨーグルトのアレンジレシピ


少し触れてしまいましたが、ドレッシングとしての活用がおすすめです。

オードブルにサラダをいただくのは食べる順番でも最適です。

食事量を減らすのであれば、キャベツの千切りに「玉ねぎヨーグルト」のドレッシングをかけてしまえば、食べごたえもあり自然と後の食事量も減ってしまいます。

ヨーグルトをプレーンにし、塩をお好みで加えると美味しくいただけます。

見栄えもシーザーサラダのようで違和感なく食べれることでしょう。

さいごに


多くの人が置き換えダイエットや単品ダイエットで失敗してしまいます。

このようなダイエット法は毎年のように話題になります、食材が変わるだけで同じことを繰り返しているだけです。

大切なのはカロリーの引き算では無いのです。

空腹感の満たし方、そのタイミングです。

空腹感は本能的な欲求です、押さえ込むのは本当に難しいのです。

いかに空腹感を満たしながら、一度に多く食べ過ぎないかが重要です。

我慢するだけが方法ではありません、空腹感との向き合い方です。

スポンサードリンク