ここ数年前から麹にスポットライトが当たっているのをご存知ですか?

塩麹という万能調味料から始まり、女子の間では甘酒が流行っているそうです。

その理由ですが、麹の発酵成分は健康や美容にとても良いことがわかっています。

そして、その良さは食べるだけでなく「塗る」ことでも凄い効果があったのです。

今回は麹から作る化粧水の作り方、美白やシミにどんな効果があるのかまとめてみました。

スポンサードリンク

そもそも麹とは


麹とは、米や麦、大豆などの穀物に付く微生物、いわゆるカビのようなものです。

カビと聞くと害があるような感じがしますが、身体に良いカビだと思って下さい。

カビは通常では、カビ毒と言われる毒を放出します。

ですが、麹菌にはカビ毒を発生させる要素がDNAレベルで欠落しているのです。

つまり、わかりやすく言うと人間に害を及ぼす要素が無いのです。

麹はわたしたちの暮らしには欠かすことができない、こんなものにも使われています。

身近なものにも麹は含まれる

麹菌は日本の風土でしか育たない特徴があります。

私たちが当たり前のように食べているこんなものにも使われています。

  • 醤油
  • 味噌
  • みりん

どれも身近なもので、和のエッセンスを感じるものばかりです。

私たちには当たり前のものかもしれませんが、今世界中でこれらが流行り始めています。

理由はもちろん、健康や美容に良いことがわかっているからです。

では、麹の良さがわかったところで、本題の麹の化粧水に行きましょう。

麹の手作り化粧水


化粧品業界でも、最近はこんな原料の商品が流行っています。

  • 米ぬか
  • 日本酒

どれも麹菌と関係しているものばかりなのです。

麹が肌に良いことは化粧品業界では既に常識なのです。

市販で麹と関係した化粧品があるのに、わざわざ自作する理由は?

こんな疑問が生まれてきますよね、それにはこんな理由が

手作りだから無添加

機会があれば自身の使っている、化粧水などの基礎化粧品の原料をみてみましょう。

肌に関係ない余計な成分が多すぎるのです。

気になった原料を検索してみましょう、こんなものだったりします。

  • 界面活性剤
  • 防腐剤

肌に良いという理由ではなく、品質を維持させる目的の成分が多いのです。

賛否両論ありますが、最近の値段の高いものほど、これらを使っていないことを強調して売り出しています

つまり、いらない成分なのです。

邪魔なものが一切ない無添加、それが手作りの最大のメリットです。

麹の手作り化粧水の効果


化粧水といっても目的ごとに使うものも変わってくると思います。

麹の手作り化粧水はこんな効果が期待できます。

  • 美白
  • 皮膚の新陳代謝
  • 保湿効果
  • シミ

理由をひとつひとつ丁寧に見ていきましょう。

スポンサードリンク

美白やシミに良いコウジ酸

美白の良い理由は、麹に含まれる特有の成分であるコウジ酸の効果です。

コウジ酸は、シミやほくろの原因になるメラニン色素を抑える働きを持っています。

これから発生するシミを抑えるだけでなく、既に出来てしまったシミにも効果があるのが特徴です。

ビタミンB群が皮膚の再生や老化に良い

皮膚の新陳代謝とは、ダメージを受けた肌を元通りに回復させるだけでなく、皮膚の老化を抑えることでもあります。

皮膚は、内側から新しい細胞が生まれ、その細胞が徐々に表面の肌に向かいます。

最後は、肌そのものになり、角質という形で剥がれ落ち、ひとつのサイクルを終えます。

このサイクルのことをターンオーバーと呼び、皮膚の新陳代謝は皮膚の再生や老化には欠かすことのできない理由の1つです。

保湿効果の天然保湿因子NMF


NMF(エヌ・エム・エフ)と呼ばれる天然保湿因子です。

天然保湿因子とは角質細胞内にある成分で、角質層(皮膚の一番表面の部分)の水分を守り潤いを保つための保湿物質と言われています。

NMFはアミノ酸で構成され、発酵したアミノ酸は小さくてきめ細かい特徴があります。

発酵することで分子レベルの細かさができ、0,02mmの角質層を保湿させることができる理由なのです。

麹の手作り化粧水の作り方


とても手軽で簡単です。

作業は数分で終わってしまいます。参考になる動画もあります。

    用意するもの

  • 乾燥した米麹を30g
  • 60度のお湯200ml
  • ガーゼや布巾
  • 詰め替え用のシャンプーボトル(100均にあります)

お湯が60度というのがポイントです。

麹菌が最も良い活動をするのが50度から60度ぐらいと言われていますので、用意する温度を調整することが大切です。

    作り方

  1. 乾燥米麹を手でよくほぐす
  2. 乾燥米麹をボールなどの器に入れる
  3. 器に60度のお湯を200ml加える
  4. 3時間ほど常温でおいておきます
  5. 最後にガーゼや布巾でこして完成です

シャンプーボトルは、ポリエチレン(PE)やポリプロピレン(PP)の材質を選んでおくと熱湯消毒が行えます。

また、プッシュ式のノズルであれば手に取りやすく、使い勝手が良いのでオススメです。

作り方がすごく参考になる動画です

手作り化粧水の保存法


保存法は必ず守らなければいけません。

冷蔵庫に入れて冷蔵保存です。

無添加で余計なものが入っていません(保存料など)ので、すぐに腐ってしまいます。

冷蔵保存で1週間以内に使い切って下さい。

手作り化粧水の注意点


非常に稀ですが、アレルギー反応(肌にブツブツ)が起こってしまう人もいるそうです。

いきなり化粧品を塗ってしまうのではなく、パッチテストを行いましょう。

パッチテストとは、本当に少量を目立たない場所に塗り、異常な反応が無いことを確かめることです。

こんな使い方も


化粧水だからといって、顔だけに使うものでもありません。

冬場に背中や脇腹が乾燥してカサカサになりませんか?

そんな時にこの化粧水が役立ちます、使い方もとても簡単です。

風呂上がりに、適量とって乾燥する部分に塗るだけです。

その保湿効果の高さが、一番実感できる使い方かもしれません。

さいごに


手作りで自作すると、最初はどうしても不安があると思います。

ですが、原料は無添加で気になるような薬品は一切使っていません。

調べれば調べるほど、市販の化粧品の方が得体の知れない薬品まみれなのです。

まずは1度試してみましょう、今までの化粧水が何だったのかきっと疑問に思うことでしょう。

スポンサードリンク