腕のしびれが原因で起きることはありませんか?

しかも、その手が何故か枕の下に入っているという不自然な状態…

先日別の記事で、私のストレスの溜まり具合は寝ている時の歯ぎしりが、ひとつのバロメーターになると書いたのですが、

その時に「ハッ」と気付いたのです。

昔から何故かわかりませんが、たまに枕の下に手や腕を突っこんで寝ていることを。

これもストレスや心理的な何かなのか!?と思ったのです。

調べてみると、私の他にもこのような癖がある人がたくさんいました(安心しました)

今回は、何故枕の下に手や腕を突っこんで寝るのか原因や対処法をまとめてみました。

スポンサードリンク

枕の下に腕や手を入れて寝る原因


まず先にひとつの結論から言ってしまいます。病気ではありません(少し安心ですね)

原因は2つあります。

  • 心理的な何かが原因
  • 枕が原因

個人的には心理的な要因や科学的な根拠がないものはあまり好きではありません。

私が捻くれているせいかもしれませんが、心理学などの曖昧な定義を当てはめられて、個人の特徴を無視して大多数に当てはめる感じが好きになれません。

「くだらない物差しで俺を測れるわけ無いだろ」なんていつも思ってます(笑

心理的な原因からみていきましょう。

個人的な感想も含まれていますが、私の感想はスルーして結構です。

悩みがあるかもしれない


悩みが無い人なんているの?

と突っ込みたくなる気持ちを抑えてさらに調べてみました。

人は何かを考えたり心配事があると、手が動いてしまうと言われています。

特に顕著なのが、考える時には手が頭の方にやること。

たしかに私自身も、深く考えたり悩んでいる時は、手が額の生え際をほぐすような仕草を行ってしまいます。

そう考えると、完全に納得はできませんが原因のひとつではあるかもしれないと感じます。

寂しさや甘えたい


横向きで手が頭の下に入る姿勢は、何かを抱えたり抱いたりする格好に近いそうです。

こういった姿勢は、心理的にはこんな要因があるそうです。

  • 欲求不満
  • 甘えたい気分

う~ん、大なり小なり深層心理の奥底ではあるかもしれません。

でもコレを認めてしまうと、誰でも当てはまってしまう気がして認めたくありません(笑

私は愛する妻子がいてまったく不満はありません、ですが同棲時代から寝室は別々と決めています。

こんな感じでも当てはまるのかは疑問が残ります。

何かしら足りていない


自分の足りてないものを0.1秒ほど考えてみました。

  • お金
  • 時間

私はこんな受け取り方をしてしまったのですが、多くの人はこんなものが足りてないようです。

  • 充実感
  • やりがい

なんだか自分が惨めに思えてなりません。

でも、全てが満たされている人なんているのでしょうか?

足りないものがあるからこそ、それを求めて前に進めるような気がします。

例えば、私の足りない「お金と時間」ができてしまったら、こうなることは容易に想像がつきます。

  1. 会社を辞める
  2. 趣味のゲームに没頭
  3. 引きこもり
  4. 飽きて虚無感

足りてないものが、虚無感を埋める何かになってしまいそうです(笑

「何かしら足りてない」の曖昧さもどうかと思いますが、こんな誰でも当てはまるような原因であれば、

誰もが枕の下に手や腕を突っこんで寝ている気がします。

スポンサードリンク

心理的な原因まとめ

調べてもくだらないことしか出てこない

あくまで個人的な感想です。

枕が原因


たぶんこれが答えのような気がします。

枕が低いから手や腕を入れて高さを調整している

もし、枕の低さが原因であるならば、買い変える前にこんなことを試しておきましょう。

枕の下にタオルを入れる

いきなり買い換えるのはおすすめしません。

私も枕は何回も変えていますが、その時は良くても次第に気に入らなくなるのです(笑

せめて好みの高さぐらいは、タオルを引いたり巻いたりして調節してみましょう。

それで気に入ったのであれば、同じ高さのものを選んで買い換えるという選択をしましょう。

枕が原因まとめ

個人的な感想では、枕が理由だと思います。

ただ、枕の好みの個人差は難しいのです。

科学的に根拠がある、首の最適な角度やら何やらいろいろありますが、

そんな理由でさえ、好みが上回るのです。

買う前にレンタル


最近では、枕のレンタルを行っているサービスがあります。

ネット通販でもありますので、買う前に借りて試すことは必ず行いましょう

3つ同時に借りて、3週間ほど借りることも可能です。

枕は数日使ってもわからないものなので、最低でも1周間は試すべきです。

さいごに私の枕での失敗談を。

さいごに


私はオーダー枕を作ったにもかかわらず安物を愛用しています。

しかも、日によって表と裏を使い分けています(夜中に目が覚めてひっくり返したり

寝具はとにかくこだわり、枕もいろいろ試しているのですが、いまだにベストな枕には出会っていません。

日によって好みが変わるみたいです。そんな人いませんか?

今度はそんな人のための記事でも気が向いたら書いてみます。

スポンサードリンク