四十肩や五十肩、どちらも「肩が痛くて上がらない」なんて症状になりますよね。

どちらも発症した年代で名前が付いているだけなのでしょうか?

四十肩や五十肩の症状の違いや、どちらがより症状が重いのか。

また、肩が痛いといっても色々な病気があります。

四十肩や五十肩と安易に決めつけるのではなく、疑わなければいけない症状や病気もあります。

似たような症状の病気や治し方までまとめてみました。

スポンサードリンク

四十肩も五十肩も肩関節周囲炎


先に結論からいきます。

四十肩も五十肩も肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん)という病気なのです。

症状が起こりやすい40代だから「四十肩」50代で発症したから「五十肩」と呼んでいるだけなのです。

四十肩も五十肩も症状は変わらない

四十肩よりも五十肩の方が症状が重いといったことはありません。

症状はどちらも肩関節周囲炎で、痛みの度合いは個人差です。

最近では発症する年齢も若くなっている傾向があり、20代や30代でも発症する例が多くなってきています。

もう「四十肩」とは呼ばれなくなる日も近いかもしれません。

20代で発症して病名が「四十肩」では、肩だけでなく心も痛みますからね。

四十肩や五十肩の具体的な症状


四十肩や五十肩の痛みの症状は、よくこのように例えられます。

  • 針で刺されたような痛さ
  • 電流が走ったような痛み

とても耐え難い激痛で、日常の動作に支障がでてしまいます。

具体的には、このような行動で痛みがでてしまいます。

  • 腕を上げる(万歳を想像して下さい)
  • 仰向けで寝る
  • 夜中に肩が痛くて寝れない
  • 背中を触れない
  • 後頭部を触れない
  • 服が着れない

このような日常では当たり前に行う行動でさえ、激痛のために制限されてしまうのです。

四十肩や五十肩の原因


四十肩や五十肩の原因、若年化の理由も納得できます。

肩の関節が固まってしまうことが原因です。

より具体的な説明をしますと、長時間にわたって同じ姿勢を取り続けることが多い人に起こりやすいのです。

  • 事務職やデスクワーク
  • 長距離ドライバー
  • 下を向いたままの職業
  • 赤ちゃんを抱っこしたまま

昔に比べてデスクワークが増えてきたことが若年化の理由でもあるのです。

四十肩や五十肩の治療法


まず、肩が痛くて四十肩や五十肩を疑うのであれば整形外科で診断を受けましょう。

後述しますが、似たような病気に石灰性腱炎腱板断裂もあります。

治療法が変わってきますので、整形外科で診断を行えば自然と適切な治療に向かうことができます。

治療法は以下の方法になります。

  1. ロキソニン等の痛み止めで症状を和らげる
  2. ヒアルロン酸注射やステロイド注射
  3. ストレッチや体操でリハビリ

このような流れになることがほとんどですが、1と2の痛み止めや注射は根本的な治療ではなく痛みの緩和が目的です。

日常生活も困難なため一時的な処置になります。大切なのは肩を動かすストレッチです。

スポンサードリンク

四十肩や五十肩を治すストレッチ

このストレッチは治療にもなり予防にもなります。

四十肩や五十肩は動かすことでしか治せないのです。

そして四十肩や五十肩の人は例外なく肩こりも酷いのです。

このストレッチを行うことにより、四十肩や五十肩を治すだけでなく肩こりも改善させてしまいましょう。

説明より動画のほうがわかりやすいので御覧ください

痛くてストレッチができないという人もいると思います。

だからこそ痛み止めや注射で痛みそのものを和らげるのです。

大切なことなのでもう一度言いますが根本的な治療は動かしてコリをほぐすことしかないのです。

四十肩や五十肩に似ている病気は


そもそも肩の痛みや症状に詳しい一般人などいませんよね。

肩が痛いと言えば真っ先に、四十肩や五十肩が挙げられてしまいます。

整形外科で診断を行うのが確実で手っ取り早いですが、気になって今知りたい人のために説明します。

石灰性腱炎

石灰性腱炎(せっかいせいけんえん)です。

痛みや症状は四十肩や五十肩そのものです。

決定的に違うのは、四十肩や五十肩が慢性的な痛みなのに対して、石灰性腱炎は発作的(突然)に激痛がきます。

痛みがやってくると、腕を触れただけでも激痛です。就寝前であれば痛みで寝ることもできないほどです。

見分け方は、慢性的か発作的かでしか判断できませんが、整形外科でレントゲンを行えば一発で判断ができます

四十肩や五十肩と勘違いしてマッサージを行っても治りません。

適切な専門医の診断のもと、適切な治療を受けなければいけません。

ただ、石灰性腱炎の方が治療期間が短く治りやすいのが救いとなります。

腱板断裂

腱板断裂(けんばんだんれつ)です。

こちらも年齢的にも50代ぐらいの人が多く、痛みが肩から腕にかけて起こるので勘違いしやすいのです。

四十肩や五十肩との見分け方は、暮らしや仕事で判断ができます。

こちらの腱板断裂は、手を上げて動作が多い仕事(主に肉体労働)です。

四十肩や五十肩との逆で、腕や肩を使いすぎて起こる症状です。

症状は、腱が切れているので腕を上げ始める段階できます。

また、動作がスムーズにいかず、何か引っかかったような違和感があるのも特徴です。

こちらも整形外科でレントゲンを行えば一発で診断ができます。

こちらを勘違いして、四十肩や五十肩に効くマッサージを行っても逆効果で悪化してしまうだけです。

さいごに


肩の痛みや病気を詳しく知っている一般人はいません。

また、四十肩や五十肩は誰でも知っている症状のために勘違いが起こりやすいものです。

私の身近であった例を挙げます。

職業柄、トラックの乗務員さんとたくさん関わるのですが、とあるドライバーの話です。

長距離ドライバーの方で50代です、肩が痛くて五十肩と言っていました。

その方の積荷は米(1つ30キロ)を400個ほど手積み手降ろしを行うそうです。米12トンを手でトラックに積み上げるという激務です。

この方は2通りの疑いがあるのです。

  • 長距離の運転、同じ姿勢でいる時間が長いため五十肩
  • 米12トンを手でトラックに積み上げるため腱板断裂

本人は五十肩と言っていましたが、診断は腱板断裂でした(笑

このように、四十肩や五十肩と勘違いして放置しているケースも多いのです。

それに、日常生活に大きく支障がでる症状にも関わらず、四十肩や五十肩は軽くみられがちです。

自身だけでなく、まわりでも勘違いしてる人や放置している人は結構多くて驚きます。

やんわりと教えてあげて下さい。

スポンサードリンク