最近、1日1食しか食べない健康方を耳にしませんか?

有名人や芸能人にも多いらしく、こん人たちの名前が挙がります。

  • ビートたけしさん
  • タモリさん
  • 片岡鶴太郎さん

うーん、賢い人や忙しい人のイメージですよね。でも

  • 福山雅治さんもです

途端に興味がわいてきましたよね(笑

とても若々しく、同性や異性からも説得力がこれ以上無いぐらいの容姿ですよね。

若さをキープしているというところでは、「南雲先生」と呼ばれる南雲吉則さんも1日1食だそうです。

よく昔から言われるのが、「朝をしっかり食べたほうが良い」「夜は食べないほうが良い」

一度は聞いたことがありますよね。食事は何が正解なのかよくわからないんです。

実は私、何年も前から朝昼を抜いて夜しか食べない生活だったのです。

1日1食が正しいとは思っていませんが、3年ほど実践して感じたことをまとめてみました。

スポンサードリンク

1日1食になった理由


もともと朝食を食べるという生活をしていなかったのです。

幼少の頃から両親が共働きで忙しく、家族揃って朝食を食べた記憶がないのです(笑

そう、朝食を食べるという文化がそもそも無かったのです。

朝はギリギリまで寝るタイプ

今であれば、出勤時間から起きる時間を逆算し、起きた15分後には出発しています。

1日1食になる分岐点は昼食だった


昼食で「栄養バランスに優れた食事」を毎日摂っている!と自身をもって答えられる人は少ないと思います。

私は社会人なので、昼食はこんな選択肢になってくるのです。

  • 会社の食堂
  • 仕出し弁当
  • コンビニ
  • 持参

多くの人が社会人であっても学生であってもこんな感じでになると思います。毎日外食では財布が持ちませんよね(笑

持参が一番良いのはわかるのですが、面倒!

他の選択肢は、健康を意識すればするほど食べてはいけないようなものばかりだったのです。

会社の弁当などは安いけど(安い冷凍食品つっこんでるだけ)、産地が気になるしノロウイルスを食らったことがあったので信用ができなかったのです。

コンビニで済ます食事など、健康に良いと思っている人などいませんよね?

この選択肢でだした結論が

「食べないほうがよくない?」だったのです。

昼食を抜くことが、健康的であるかどうかは賛否両論あると思います。

でも私は

  • 添加物などの加工食品
  • 間に合わせのいいかげんな食事

これらを摂るぐらいなら、抜いたほうが良いという結論でした。

昼食を抜いた理由はもう1つあります。

昼食べると眠気が


誰もが経験があると思います。

昼食後の眠気が仕事の邪魔をするのです。

私の仕事は、全てが数字として現れてしまいます。

私の場合であれば、前半に飛ばして後半に失速するタイプで、後半にミスがでる傾向にあったのですが。

昼食を抜くことによって、結果は真逆になり、後半追い込めるようになりミスも減ったので、

仕事面では昼食を抜いたほうが成果は上がっていることになります。

1日1食のデメリット


多くの人が気になるのがデメリットではないでしょうか。

そう、夜まで食べていないわけです、反動は必ずきますよね。

怖いのは夜のドカ食いです(笑

ここで食べすぎて太ってしまっては、健康どころではないですよね。

やはり、夜まで食べてないので食欲は増大するのは確かなのです。

ここで1つの方法に辿り着きます。

おやつを取り入れる


私はおやつや間食というのは否定的でしたが、今では欠かしません。

帰宅してシャワーを浴びて、間食をするのですが、そこで食べるのがヨーグルト

もちろんいろいろ試しました。モデルさんなんかはナッツ類を小まめに食べて空腹を紛らわすそうです。

ここでの目的は夜に空腹をもちこまないのが目的です。

ヨーグルトのカロリーは意外と高いのはご存知ですか?

  • 100gあたりのカロリーは60kcal

私は450g入りのものが2日で無くなるので、毎日200gぐらい食べることになります。

そこでの摂取カロリーは、120kcal~150kcalとなりますが、ハチミツだったり果物やジャムを入れるので200kcal~300kcalにはなると思います。

ですが、ヨーグルトはお腹にたまるので空腹感が消えます

ローカロリーやゼロカロリーのものもありますが、おすすめしません!

ヨーグルトを食べるついでにブログの更新をしていたりします(笑

2時間から3時間後に夕飯となるのですが、空腹感はおぼろげなので必然的に食べれなくなってしまうのです。

夕飯は、趣味のサッカー観戦をしながら食べるので90分かけてダラダラ食べます。

(好きなチームは、17~18シーズンではアトレチコマドリード、リヴァプール、よく走るサッカーが素敵です)

夕飯での摂取カロリーは、アルコールを含んでも800kcal~1200kcalぐらいになります。

1日の摂取カロリーは、夕飯と間食のヨーグルトだけなので1日の総摂取カロリーは1500kcalぐらいなのです。

ピンときましたよね!

スポンサードリンク

1日1食のメリットは太らない


私は、体重はあまり気にしないタイプですが3年で8キロ落ちていました。

無駄なものは自然となくなっていた感じです。

今でも週末に暴飲暴食はけっこうやっていますが、翌週末には元通りです。

ほとんどの人が、1日1食の空腹感や満腹感が気になると思うのですが

私は毎日、8分目どころか満腹まで食べてしまいます(汗

ですが、間食のタイミングさえ上手に調整すれば無理している感じはまったく無いです。

1日1食のメリットまとめ


私の個人的な主観だということをご理解下さい。

ですが、1日3食が理想だとどれだけ言われようとも、私は今の生活を変えることはないと思います。

その理由はこんな感じです。

  • 朝食や昼食のあてる時間が浮いている
  • 昼食後の眠気が無くなり作業率アップ
  • 昼食で変なものを口にしなくなった
  • 昼食代が掛からなくなった
  • 痩せて太らなくなった
  • ヨーグルトで便秘がなくなった
  • 健康診断の数字で証明されている

メリットは思いつくだけでこんな感じです。

気になるデメリットは、3年ぐらい経過していますが今のとこ感じていません。

1日1食、こんな人は注意


私の場合は、もともと朝食を摂らないことが当たり前だったので、

2食から1食減らしただけなのです。(1食減らしても間食が入っているのでトントンかもしれませんね)

  • 1日3食をしっかり摂っている人
  • 栄養を食事ごとでバランスをとる人

3食だった人が1食にする反動は当然起こるので慣れるのに時間がかかるかもしれませんね。

私は、夕飯で全ての栄養素が取れるような食事を心がけています。

逆に言えば、夕飯をいいかげんな食事にしてしまうと1日1食が成り立たなくなってしまいます。

夕飯がとても大切になってくるということです。

さいごに


1日1食という縛りに拘る必要はないと思います。

例えば私ですと、休日はまったく気にしていません。

お腹が空いたら時間帯も食事の数も気にせず食べます。

年に数回あるのですが、朝起きた瞬間にお腹が空いている状況。

こんな時は我慢できずに、コンビニに寄ってパンでも食べますよ!

変に意識して自分を追い込まないことが大切かもしれません。

私はまったく無理せず1日1食なのでおすすめできます。

ですが、体に無理をさせて実践する健康方は間違っていると思います。

個人差は当然あります、実践してみて自身の身体との対話が一番大切ではないでしょうか。

「健康」という括りで、頭でっかちになってる人がとても多いです。

実践してみて、良いと感じたものだけ取り入れていけばいいだけのことなのです。

私の実践している他のこともご紹介します!

スポンサードリンク