爪は健康状態のバロメーターってよく言いますよね。

先日、友人が爪に白い点々が出来たので病気かどうか心配していました。

私も出来た経験があったので気になって調べてしまいました。

爪に出来る白い点とは何なのか、病気や不調のサイン?指によっていろんな意味があったのでまとめてみました。

スポンサードリンク

点状爪甲白斑

点状爪甲白斑(てんじょうそうこうはくはん)と呼ばれる症状です。

難しそうな病名のようですが、安心して下さい。病気でもなく治療の必要性もありません

点状爪甲白斑の原因


爪の成長過程で何らかの異常が出てしまうことを「不全角化」といいます。

この不全角化は、爪が硬くならない症状で爪が作られるときに空気が侵入することで起こってしまうそうです。

ただ、爪の異常といっても体の健康状態が悪いわけでもなく、これといって治療の必要性もありません

比較的に若い年代に起こりやすい症状でもあるそうです。

爪の生え変わりは3~4ヶ月

白い点々は気になりますが、放置で大丈夫です。

爪の伸びる早さには個人差がありますが、早い人で1ヶ月で5mmほど伸びます。

生え変わるまでの3~4ヶ月の辛抱です。

いずれ爪の先端に徐々に行き着くので、そこまでいったら切ってしまいましょう。

でも、この爪の白い点は、縁起の良い物でもあるのでご紹介します。

爪の白い点はラッキースター


病気や不調のサインどころか、とても縁起の良い物と呼ばれるものなのです。

その白い点が爪に存在する期間はご利益があるかもしれません。

左右の手と指で意味が変わってくるのひとつひとつ丁寧に見ていきましょう。

左右の手で意味が違う

どちらの手の爪に出来たのかで意味は違ってきます。

  • 右手の白い点 : 自分からもたらすもの
  • 左手の白い点 : 相手からもたらされるもの

右手に出来たのであれば、自分から行動を起こさなければいけません。

ちょっと面倒かもしれませんが、こんな些細なきっかけでも「行動を起こす」ことは大切ですよね。

左手に出来たのであれば、待つだけです。こちらの方がよりラッキーかもしれませんね。

左右の手の意味はわかりました、次は肝心な指の意味を見ていきましょう。

親指 人差し指 中指 薬指 小指 それぞれ意味が違う

ここからが気になる、指ごとの意味になります。

  • 親指の白い点 : 恋人 恋愛 愛情
  • 人差し指 :  仕事 部署異動 栄転
  • 中指 : 旅行 転勤 引っ越し
  • 薬指 : 名誉 名声 お金
  • 小指 : 子供 臨時収入

このあたりに関連した幸運を呼び起こすと言われています。

ただ右手に出来たのであれば、積極的に行動を起こさないといけません。

左手であれば待つだけかもしれません。

でも、左手の親指に出来たのであれば、出会いがありそうな場所に出掛けてみるのもいいかもしれませんね。

私は、左右の手はどちらでもいいから薬指に出来てほしいですね(笑

白い点であれば、幸運の星(ラッキースター)ですが、白い線だった場合は病気や不調のサインです。

スポンサードリンク

爪に白い線は感染症の疑い


白い点ではなく、白い線、それも白斑(はくはん)であった場合は注意が必要です。

線状爪甲白斑(せんじょうそうこうはくはん)と呼ばれる症状です。

線の幅は1mmから2mmで1本であったり複数だったりします。

線状爪甲白斑は中毒症状や内臓疾患

もしもこれらに心当たりがあれば検査を受けるべきです。

  • 鉛やヒ素の中毒症状
  • 内臓疾患

どちらも心当たりはないけど、心配だという方は皮膚科を受診するとスムーズに話は進みます。

鉛やヒ素の中毒症状や内臓疾患に、心当たりがあるのであれば内科で血液検査です。

こういった不調のサインというのは、現れてしまったら残念ですが、逆転の発想が大切です。

「爪の白い線で早く気付けてよかった」と思えるような行動を取ることが大切です。

さらに危険なサインは黒い線です。。。

爪に黒い線


何でもない黒い線とヤバい黒い線があります。

見分け方はあるのですが、難しく見誤ると大変なことになるので、黒い線があった場合は皮膚科で診断の流れをおすすめします。

何でもない黒い線の理由は、ホクロです。

二十歳ぐらいまでに、爪に黒い線がはっきりと出ることがありますが、ほとんどはホクロが影響し良性であることが多いのですが、見誤ると大変なので一応は診断を受けましょう。

なぜなら、黒い線のヤバいほうは、悪性黒色腫(あくせいこくしょくしゅ)いわゆる皮膚ガンなのです。

悪化するほどに黒い部分が増えていき、終いには爪全体が真っ黒となってしまいます。

発見が遅れれば遅れるほど生存率が下がってしまうので、爪に黒い線は皮膚科で診断と覚えておきましょう。

動画で視覚的におさらいしておきましょう

さいごに


爪は健康状態のバロメーターとはよく言ったもので、栄養状態が悪いと爪にでてしまいます。

私も20代半ば頃だったでしょうか、一人暮らしで遅くまで残業という日々が続いていました。

帰宅してすぐに趣味のオンラインゲームを真っ先にやりたいがために、帰宅途中にファストフードを詰め込むという生活を何年かやっておりました。

今でもその時の爪を覚えてますが、凸凹であきらかに不調のサインがでていました。

そんな暮らしだったので、30歳ぐらいでは健康診断はボロボロでしたが(自業自得ですね)、今では健康を意識したせいか完璧な診断結果に近いところまで戻っています。

爪は自分自身の健康状態を知るバロメーターと知っていると、意外と他人の爪も目に入ってきてしまうものです。

「あ、この人、爪ガタガタだな」なんて特に異性ほど気になってしまうものです。

そんな爪に不調のサインが出ないような暮らしを心掛けたいものですね。

スポンサードリンク