白髪を見つけると、老化を感じてショックを受けませんか?

歳相応と思って受け入れてしまいがちですが、意外と原因があって改善することも可能なんです。

特に部分的に集中して生える白髪や、若白髪なんかはほとんど何らかの原因が必ずあるのです。

今回は、頭頂部に集中的に白髪が生えてしまった場合の原因や改善方法をまとめてみました。

スポンサードリンク

白髪ができる原因


まず、白髪ができる原因を知ることで、なぜ改善できるかがよりわかりやすくなるので説明します。

髪が黒いのは、毛根にある色素細胞がメラニン色素を作り出して髪に供給し、髪の毛が黒くなります。

ただ、何らかの原因でメラニンが作られなくなったり、作られたメラニンが髪の毛に届かないなど、髪の毛は黒い色が着かず白いままなので、白髪になってしまうんです。

考えられる原因は大雑把にこんなところです。

  • 遺伝や老化
  • 食生活
  • ストレス
  • 病気
  • 寝不足

遺伝や老化は抗うことが出来ない要素なので仕方がないかもしれません、一般的には40代で白髪は80本に1本の割合と言われています。

それ以上の割合であれば、他の原因を疑わなければなりません。特に部分的に集中する白髪はストレスやの場合が多いと言われています。

ほんとうに短期的に集中した場合は、病気や不調ヵ所も疑わなければいけません。

では、頭頂部に白髪が集中した時の原因をみていきましょう。

頭頂部は紫外線が当たりやすい


頭頂部ばかり白髪が生える原因の多くは紫外線です。

紫外線は皮膚の細胞を傷つけて、活性酸素を発生させてしまいます。活性酸素は細胞を老化させる原因です。

皮膚や細胞にとっては紫外線はストレスでしかないのです。

特に頭頂部は一番日差しを受けやすい場所です。帽子や日傘などで紫外線を避ける意識を持つと良いでしょう。

また、白髪だけでなく発毛という観点でも、頭皮の日焼けは良いことがありません。

頭皮は日焼けさせず、青白い頭皮が一番良いとされています。紫外線は出来る限り避けましょう。

部分的な白髪は、ほとんど原因があり、努力で改善に向かう可能性が高いので悲観しないで下さい。

私も部分的に集中している白髪ですが、けっこう改善しています。私の集中ヵ所は前と横です。

短期的に頭頂部に集中した場合


短い期間で一気にきた場合は、病気や不調を疑わなければいけません。

  • 頭頂部:消化不良や胃潰瘍
  • 頭頂部右:身体のむくみ、腎臓の病気や不調
  • 頭頂部左:肝臓の病気や不調
  • 前頭部:便秘や痔
  • つむじ:心臓や肺の病気や不調
  • 後頭部:生理不順や不妊、精力減退など生殖器にトラブル
  • 耳の後ろ:聴覚の異常
  • 耳の周り:虫歯や歯茎の病気や不調

頭頂部の場合は、真ん中と左右で細かく分かれますが、主に消化器系の病気や不調が原因かもしれません。

もし、少しでも自覚があるのであれば内科を受診してみましょう。髪は抜けようが白くなろうが命にはかかわりません。

ですが、消化器系はとても大切です、白髪などは後回しです。

逆に、病気や不調を白髪から発見できたのであれば、言葉は乱暴かもしれませんが運が良いかもしれません。逆転の発想で割り切りましょう。

スポンサードリンク

白髪は食生活がとても大切

白髪や薄毛は、昔の人より現代人のほうが増えてきています。

考えられる原因は、食生活かもしれません。

髪の毛を構成する栄養素はこの3つです。

  • タンパク質
  • ビタミン
  • ミネラル

タンパク質が足りなければ、髪そのものが生えてこないぐらい大切です、なぜなら髪の8割はタンパク質から形成されています。

ですが、白髪に悩む人たちのほとんどは、ビタミンやミネラルが不足しています。髪は生えているのに色が着かないのですから。

特にミネラルの中でも、亜鉛などは意識しなければまったく摂れていないことも考えられます。海藻食べてますか?

白髪と睡眠は深い関係


日本人の平均睡眠時間は6時間ぐらいだそうです。

忙しい現代人で、毎日6時間の睡眠が取れる人の方が稀だと思いますが、どうでしょうか?

昔のように日が暮れたら眠る。そんな時代では無く、やりたいことややらなければいけないことがたくさんです。

そんな人たちは、睡眠の長さより質にこだわりましょう。

布団に入ってからが長い、なんてことありませんか?寝る前のルーティンを整えるだけでグッスリいきたいですよね。

さいごに


私は1979年生まれのアラフォーです。

30過ぎて白髪が爆発的に増えましたが、いまは比較的に落ち着いてきました。

改善への努力はしていますが、まったく苦になりません。むしろ楽しんでいます。

だって、食生活であったり睡眠は、仮に白髪は改善しなくとも自分自身の健康には必ず還元される要素です。

白髪染めで黒く染めるのも、もちろん選択肢のひとつです。

ですが、仮に食生活が白髪の原因であったのなら、何かが不足していたわけです。

染めてしまったら、原因そのものがわからないままで終わってしまい、本当の改善とは呼べない気がしてモヤモヤしてしまうのです。

部分的に集中する白髪であれば、改善できる可能性は高いです、悲観しないで下さい。

髪が白くても、抜けて無くなるよりはずっとマシなのですから。

私は発毛や白髪対策にこんなことにも取り組んでいます。

スポンサードリンク