黒糖が身体に良い砂糖ということはご存じでしょうか?

もし理由が曖昧であれば、知っておくとよりわかりやすいかもしれません。

黒糖を赤ちゃんに与えるかどうかで迷っているのでしたら、普通の白砂糖より黒糖の方が身体に良いことはご存じだと思います。

ですが、赤ちゃんや1歳未満の乳児には、黒糖は絶対にダメなのです。

砂糖の甘さが理由ではありません、感染症を起こしてしまい、最悪は死のリスクすらあるのです。

なぜ、赤ちゃんや乳児に黒糖がいけないのかまとめてみました。

スポンサードリンク

乳児ボツリヌス症とは

見出しで答えが出てしまっているのですが、乳児ボツリヌス症という感染症のリスクがあるのです。

黒糖にボツリヌス菌が入っているわけではないのですが、厳密には黒糖の原料であるサトウキビに原因があるのです。

サトウキビは土の中で栽培するため、黒糖にする工程でボツリヌス菌の芽胞が含まれてしまう可能性があるのです。

黒糖の身体に良い理由は、大雑把に言ってしまえば、サトウキビの絞り汁を煮詰めただけだからです。

白砂糖は、白く透明にするために精製を繰り返します、不純物は取り除かれますが栄養が限りなくゼロの化学製品になってしまいます。

これが白砂糖が身体に悪い理由なのです。

黒糖は身体に良いのですが、ボツリヌス菌の芽胞が含まれる可能性があるという理由で、赤ちゃんや乳児に与えてはいけないのです。

ボツリヌス菌とは


はちみつも赤ちゃんや乳児に与えてはいけないと聞いたことがありませんか?

はちみつは割りと有名なのでご存じかもしれませんが、同じようにボツリヌス菌が理由なのです。

ボツリヌス菌の芽胞というものは、自然界にそこらじゅうに存在しています。精製されて無いものほど身体には良いのですが、ボツリヌス菌の芽胞が混入してしまう可能性は捨てきれないのです。

なぜ大人は大丈夫なのか?


大人の場合は、ボツリヌス菌の芽胞を消化器官で消化してしまうからです。

赤ちゃんや乳児は消化器官が未発達で、腸内環境がまだ整っていないのです。黒糖やはちみつであれば1歳以上になれば与えても大丈夫と言われています。

授乳中や妊婦の場合は?


結論から言ってしまえば、どちらも大丈夫です。

大人の場合は、口から入ったものは消化器官で消してしまうので、体内から胎児に影響がでたり、授乳から乳児や赤ちゃんに影響を及ぼすことはありません。

スポンサードリンク

乳児ボツリヌス症のリスクがある食べ物

黒糖とはちみつが乳児ボツリヌス症のリスクがあることがわかりましたね。

せっかくなので、乳児ボツリヌス症のリスクがある食べ物を知っておきましょう。

ボツリヌス菌の芽胞というものは、自然界のそこらじゅうに存在していることは少し触れましたね。こんなものも注意しなければいけません。

  • 野菜スープ
  • 野菜ジュース
  • 井戸水
  • コーンシロップ

離乳食の初期(生後6ヶ月ぐらい)で、野菜を少しづつ与えたりすると思うのですが、注意しなければいけない理由があります。

野菜はしっかり洗わないといけません、こういったものにも紛れ込んでいるかもしれません。そして加熱することが大切です。

ボツリヌス菌は100度で数分ほど加熱すれば無毒化させることができます。

井戸水を使う環境がある人は、現代では少ないと思いますがどうようの理由で使ってはいけません。

コーンシロップまたはコーンスターチもはちみつと同じで与えてはいけません。

1歳になるまで与えてはいけないもの


この際なので、1歳以下で注意しなければいけない物をまとめてみました。

  • たまご(半熟や温泉卵)
  • ごま
  • 牛乳
  • ゼラチン

卵は、未熟な消化器では食中毒のリスクがあります、与えるなら固茹でです。

ごまは誤嚥(ごえん)と呼ばれる、誤って喉頭と気管に入ってしまう状態のことです。ゴマに似た形状のつぶつぶは気を付けなければいけません。

牛乳や水は意外にも、内蔵に負担をかけてしまうのでいけないのです。

ゼラチンは、動物の皮膚や骨、腱で作られたものだと知っていますか?これらも内蔵の負担になってしまうので与えてはいけません。

あと注意しなければいけないものはアレルギーです。遺伝や個人差があるので一概には言えませんが少量で試しながらといった注意が必要になります。

  • そば いか たこ えび かに ピーナッツ 特に注意
  • あわび いくら さけ さば
  • オレンジ キウイフルーツ バナナ りんご もも
  • カシューナッツ くるみ ごま 大豆 やまいも
  • 牛肉 大豆 鶏肉 豚肉

大豆は、味噌や豆腐、きな粉など多くの加工食品も含まれるので注意が必要です。

さいごに


最後までこの記事を読んでいる時点で、健康への意識が高く赤ちゃんを大切に気遣っているのがわかります。

そして、離乳食から砂糖のような甘いものがどのタイミングで大丈夫かが気になるのだと思います。

離乳食初期(生後6ヶ月)までは砂糖は一切与えてはいけません。大切なのは味ではなく栄養です。

生後7ヶ月以降は、甘みを覚えさせてもいいのですが、風味付け程度です。1回の食事で2g以下に抑えましょう。

1歳半ぐらいから、普通の食事に近いものが食べられますが、そもそも砂糖は健康を考えれば必要のないものなのです。

幼少期の味覚形成で、甘いものを食べすぎると味覚が狂ってしまいます、白砂糖は自然界には存在しない化学製品みたいなものです。喜ぶからといって与えすぎると子供の為にはなりません。

サツマイモやリンゴで甘さを覚える方が自然で健康的です。出来る限り砂糖は切り離すことこそが子供の健康を考えることだと思います。

スポンサードリンク