夏バテに効く野菜、栄養価も優れている

王様の野菜ともいわれるモロヘイヤ、ビタミンミネラルが多い事、使い勝手の良さやレシピの豊富さ、和食にも合う事から俄然注目されている夏野菜がモロヘイヤ。

栄養満点なモロヘイヤと毒の組み合わせは意外です。
好きな方は耳を疑うような話だと思います。

多くの人が食べているのに、事故の話も聞かないのは何故なのでしょう。

何故モロヘイヤに毒があると言われるようになったのか、紐解いていこうと思います。

スポンサードリンク

モロヘイヤの毒の正体はストロファンチジン

モロヘイヤの種子のストロファンチジン (強心配糖体)は中毒を引き起こしてしまいます。

ではなぜ私たちは安全に食べているのでしょうか?

ストロファンチジンは熟した種に最も多く、
成熟種のさや、発芽からしばらくの間は葉などにも含まれます。

なので収穫期の葉、茎、根、蕾、は毒(ストロファンチジン)を含むので危険です。

植物ではよくあるのですが、種子を守るために種子の収穫期には毒を含む植物なのです。

野菜としてスーパーなどで売られているモロヘイヤ、モロヘイヤのお茶、モロヘイヤ関連の健康食品、などにはストロファンチジン(強心配糖体)は含まれていません。

モロヘイヤの毒での事故例

平成8年長崎県の農家で育てられていた家畜の牛5頭に餌として実(つまり種)のついた枝を与えたところ、5頭のうちの3頭が死亡したという事例があります。

死亡した牛を検死したところ、心臓からストロフェチジンが検出されたと報告されています。

今のところ人間がモロヘイヤの毒により死亡するという食中毒事故は日本国内では起こっていないようです。

スポンサードリンク

家庭菜園で気を付けること

危険なのは家庭菜園などでモロヘイヤを栽培している場合の収穫時期です。

小さなお子さんやペットがいる場合は、さや&種子が混入しないよう十分に注意をするか、
モロヘイヤ農家の方と同じよう花が咲いたら、もったいないですが廃棄するのが安全です。

あと一つ注意点を加えると、市販されている栽培用のタネには強心配糖体が含まれていますので、ちいさなお子さんやペット等が誤って口に入れないように注意してください。

まとめ

モロヘイヤ農家の方の努力により野菜として出荷されスーパーで売られているモロヘイヤにはストロファンチジン(強心配糖体)は含まれていないので心配ないです。

家庭菜園などでモロヘイヤを栽培している場合はさや&種子が混入しないよう十分に注意をしましょう。

花が咲いたら危険です。もったいないですが安全のため廃棄しましょう。

モロヘイヤの旬や時期。生や茹で方。保存や栽培、収穫時の毒が注意まとめ

スポンサードリンク