エシャロットという野菜をご存知ですか?

フランス料理では定番の野菜なのですが、日本ではいまひとつ知名度が低い気がします。

ですが、らっきょうの仲間で栄養も高く、らっきょう特有の癖のある辛味も少なくとても食べやすい野菜です。

柔らかくシャキシャキとした食感で生食ようになってますので、栄養も損なわないなど良い事だらけのエシャロット。

今回は、らっきょうの仲間エシャロットについてまとめてみました。

スポンサードリンク

エシャロットとエシャレット


一文字違いで紛らわしいのですが、別々の野菜です。

正しくは、らっきょうみたいな野菜が「エシャレット」で、玉ねぎみたいな野菜が「エシャロット」です。

ただ、「エシャレットもエシャロット」もらっきょうの方を指すことが多く、玉ねぎの方を「ベルギーエシャロット」と区別するのが一般的になっています。

その経緯は、お洒落な名前をを付けたことから始まっていて非常に面白いです。

エシャロットの栄養


エシャロットの栄養は、生食用に軟白栽培されたらっきょうなので、栄養は抜群です。

らっきょうは様々な効能も持っているので、漢方として使われることでも有名ですよね。

軟白栽培という日光を当てずに育て方は、手間のかかる栽培方法ですが白く柔らかく育ちます。その手間のおかげで生食で食べられるのです。

生で食べるメリットは食感だけではなく、調理の過程で失う栄養が少しも無いのです。

そして、エシャロット特有の香りに含まれる固有の成分アリシンが、私たち日本人にとってはとても重要な働きがあるのです。

エシャロットの食べ方


エシャロットの食べ方は基本的には「生食」です。

最近ではスーパーでも見かけることが多くなったので、見かけたら手にとって試して欲しいですね。

葉は食べられる?根や皮はどこまで食べられる?という疑問もあると思いますが、エシャロットも捨てる部分は少しもありません。

そして、食べ方もお好みに合わせて、どのようにでも応用できるので料理の幅が広がることは間違いありません。

エシャロットというお洒落な名前で敷居が高く感じがちですが、使い方はいたって簡単なので試してみましょう。

簡単でオススメな食べ方や選び方、保存方法までまとめてあります。

さいごに


らっきょうは栄養が高いことは誰でも知るところですが、煮たり炒めたりと手間がかかって取り入れづらいところがありますよね。

でもエシャロットであれば、味噌やマヨネーズで丸かじりでイケますし、細かく刻んでサラダやソースでも良いですね。

一番のメリットはやはり、生で栄養が壊れないところにあるのです、栄養や美容だけでなく日本人に多い病気の予防にもつながりますので良いことだらけなのです。

ちょっとお洒落な名前のエシャロットですが、使いやすい野菜ですので試してみて下さい、次からは積極的に手に取るようになりますよ!

健康や美容を「食」から意識することは、楽しく美味しく続けられるのでとてもオススメです。

スポンサードリンク