スポーツで起こる怪我で一番多い部位は指先だそうです。

そして指の怪我で最も多いのは「突き指」です。誰もがボールを使った遊びや球技で経験があると思います。

私自身も、突き指や骨折は何度もやっていますが、痛みからはどちらかわからないんですよね。

激痛だからといって骨折ではなく突き指だったり、軽い突き指だと思ったら骨折していたり。。。

私はどちらも経験があり、判断を見誤ったために苦い経験をしています。

そんな苦い経験から、突き指と骨折の見極め方、正しい処置法をまとめてみました。

スポンサードリンク

そもそも突き指とは

突き指とは、指先におこる外傷の総称なので、軽い症状から重い症状までいろいろあります。

軽い症状ですと、軽い打撲や捻挫です。重い症状だと脱臼であったり靭帯の損傷や断裂。

また、突き指と骨折の両方が起こることも珍しくありません。

バスケットボールを取り損ねて、指先から指の付け根にかけて打撃が加わったと想像して下さい。

第一関節が骨折してしまい、第二関節の靭帯に損傷がおきてしまうことなど珍しいことではないのです。

そして見極めれずに、処置方や治し方を間違えてしまうと、完治までに時間がかかったり最悪は後遺症が残ってしまいます。

突き指と骨折の見極め方にはコツがあります。

指の向きがおかしい方向に


痛みの度合いは関係ありません。指の方向がおかしければ骨折です。

指先は思った以上に簡単に骨折が起こってしまいます、私も軽い突き指と思っていたら骨折だったことがありました。

事故の痛みは軽くても、骨折であれば関節の動きに対して激痛がはしります。

マレットフィンガー

第一関節が内側に曲がったまま戻らない状態です。

第1関節内の一部が、高い確率で骨折しています。爪の根元あたりの腱が切れておこることもありますが、いずれにしても重症なので自力で治すのは無理があり整形外科にてレントゲン撮影で細部を確認し、適切な処置を施す必要があります。

突き指にしても骨折にしても、整形外科に行く前に自分で行える処置があります。

いずれも方法は同じで、正しい処置法を行うことで腫れや内出血を抑え、完治までの治療期間を短くすることができます。

そして、多くの人が間違った処置をしてしまうのが突き指の怖い特徴でもあるのです。

指が動かせない。関節がグラグラする。


指が自分の意思で動かせない、そんな時は左右に回旋させてみて下さい。

グラグラさせると痛みが走るようなら、骨折の可能性が高いです。

その時に指先を引っ張るのは絶対にいけません、突き指に引っ張るは多くの人が行う間違った処置です。左右に回旋させるにしてもゆっくり丁寧に行いましょう。

スポンサードリンク

赤い筋のような腫れがある

関節ではない部分に、赤い腫れ、赤い筋が表れたら靭帯の損傷がおこっています。

内出血の有無で、突き指か骨折の判断をするのは危険です。いずれにして靭帯に大きなダメージがあるのは確実です。

この場合は、自力で治すのはとても危険で後遺症が残ってしまうリスクがとても高くなります。

靭帯の治療は、整形外科での適切な治療とリハビリを行わないと、元通りに動かせなくなったり変形したまま戻らなくなったりと、高い確率で後遺症があらわれてしまいます。

指が伸ばせない


痛みの大小は関係ありません、事故が起きた後に指が真っ直ぐに伸ばせないようなら骨折の疑いがあります。

大切なことなので2度言いますが、無理に引っ張って伸ばすのは絶対に辞めておきましょう。

指の根本から指先にかけて、ゆっくり丁寧に押さえてみましょう、痛みが伴う場所があるようなら骨折しています。

子供の場合は見分けるのは諦める

子供といっても幼児だけではありません。

成長過程にある子供全てが対象です。成長過程の骨や筋肉というのは柔らかく出来ているのです。

そのため、骨折しても痛みがでないことも少なくありません、また手の骨は細かい部分が多いため、一部が少しだけ欠けるといった骨折もあります。

どちらも後遺症などがおこってしまうと取り返しがつきません。子供の指先の怪我は本人に聞いても強がってしまうこともよくあることです。

その後の将来のリスクも考えると、整形外科に連れて行くのが最良になります。

さいごに


記事の最後にこんなことを言うのは失礼かもしれませんが、突き指と骨折の見極めは行わない方が良いと思うのです。

正確には、大きな骨折や靭帯損傷などの重症はわかりますが、軽い突き指だと軽視して欲しくないのです。

私は痛みも軽かったので、突き指と見誤ったために治療が遅れ後遺症が残ってしまいました。

この記事を読んでいるのは大人です、もしお子さんが突き指か骨折かどちらかわからないのであれば今すぐ整形外科に行って下さい。

突き指は誰でも起こる軽い怪我だと思われがちですが、指先はもっとも弱く細かく複雑な骨でもあります。

素人が痛みや外傷の有無で判断するのは危険です、プロである整形外科に診てもらうのが確実で安心な方法です。

仮に、整形外科でレントゲン撮影を行い突き指だったとします、処置(固定器具の設置やテーピング)を施し鎮痛剤と湿布を頂いても、費用は2000円もかかりません。

後遺症のリスクを心配し、処置も行わず完治まで時間がかかるのであれば、少しの費用や手間を惜しんではいけません。

私のように後から後悔して欲しくありません、今すぐ行って下さい!

スポンサードリンク