春や秋に花粉症に悩む人は多いですよね。

そんな花粉症患者の間で話題のルイボスティー、特に女性からの人気が高く、香りも紅茶に似ていて味も良いのです。

数年前に、健康や美容に良いと話題になり、最近ではペットボトル飲料で見かけることもあり、知名度が高まってきました。

アンチエイジング効果に優れることからも「長寿茶」とも呼ばれるぐらいです。

花粉症の体質改善に医師が取り入れるなど、その効果や効能は確かなものです。

この機会にルイボスティーを知り、取り入れてみませんか?

今回は、なぜルイボスティーが花粉症に効くのか、その理由についてまとめてみました。

スポンサードリンク

ルイボスとは


ルイボスは、南アフリカ共和国が原産のマメ亜科のアスパラトゥス属の一種。

針葉樹のような葉を持ち、この葉を乾燥させて作るのがルイボスティーなのです。

栽培がとても困難で、自生しているのは南アフリカの一部だけで、日本だと京都で花を咲かせたことがあるそうですが、猛暑の年だけだったそうです。

その理由は、乾燥した30度以上の温度差で標高が高い場所を好むため、南アフリカのセダルバーグ山脈以外での栽培は失敗に終わるそうです。

花粉症の原因


まず、なぜルイボスティーが花粉症に効くのかは、花粉症のメカニズムを理解する必要があります。

花粉症は、アレルギー反応のひとつで、別名:季節性アレルギーと呼ばれます。

春の花粉症ならマツやスギ、秋ならイネなど、植物の花粉にアレルギー反応を起こし、目が腫れたり咳やくしゃみなど、その症状が花粉症といいます。

花粉症の要因は、このうちのどれかなのです。

  • 免疫力の低下
  • 遺伝
  • 内臓機能低下
  • 自律神経の乱れ
  • lgE抗体を作りやすい

これらの原因の中でも、一番の原因であり重要されているのは「免疫力の低下」です。

免疫力が低下してしまうと、必要以上にlgE抗体が働いてしまい、体内に侵入してきた異物を撃退しようし、体内の正常な細胞までも攻撃してしまいます。

免疫力を低下させてしまうと、免疫のバランスを崩す悪循環に陥ってしまうのです。

「lgE抗体」という聞きなれない単語も説明しますね。

スポンサードリンク

lgE抗体とは

lgG抗体というのは、私たちの身体を守るためにの抗体です。

本来は、身体に入った異物(菌やウイルス)を撃退するための機能なのですが、花粉に対しても過剰に反応してしまうのです。

本来ならば、花粉は異物ではなく無害な物質なのですが、私たちの生活様式が菌が少ない暮らしになってきたため、菌に対して神経質になってしまい花粉も異物として撃退しようとするのです。

花粉を異物を判断してしまうと、免疫細胞である白血球が必要以上に働き、花粉症の症状につながるのです。

花粉症の改善条件


改善要素は5つです。

  • 免疫のバランス調整
  • 腸内環境を整える
  • 酵素の補給
  • 抗酸化物質による活性酸素の除去
  • 食生活の改善

ここでやっと本題なのですが、ルイボスティーを飲むことで、「腸内環境を整える」「酵素の補給」「抗酸化物質による活性酸素の除去」の3つを補うことができるのです。

「免疫のバランス調整」に関しても、体内の酵素が少ない人ほど免疫力が低い傾向にあります、ルイボスティーに含まれるミネラルは作用してくれますが、ルイボスティーだけでは補えませんので、3つとしましたが、正確には4つに作用してくるのです。

ルイボスティーの作り方


ルイボスティーの利点はノンカフェインです、香りは紅茶に似ていて味はウーロン茶に近いです。

ルイボスティーのおすすめの飲み方は、麦茶のように冷やしてゴクゴク日常的に飲むといいですね。

    ルイボスティーの作り方

  • 水と茶葉を鍋に入れて沸騰させます
  • 弱火にし10分ほどの煮だしを行います

煮出しをすることによって、味が深くでてくれるのでおすすめですが、下の動画のような作り方はとてもかしこいと思います。毎日飲むので大切なことですね。

さいごに


ルイボスティーは、気張らずに毎日の日常的な飲料として取り入れてもらえたら嬉しいです。

私はウーロン茶だけが苦手で他は全て大丈夫ですが、ルイボスティーは慣れると麦茶のような感覚で飲んでいますよ。

そして、花粉症の症状に苦しむ方は、ルイボスティーも取り入れ、これらも少しづつ加えてみて下さい。

  • バナナ
  • ヨーグルト

バナナやヨーグルトは花粉症に特に良いとされる食品で、おやつや間食に取り入れやすいので、私はヨーグルトを毎日食べ、バナナがあれば加えて一緒に食べます。

ただし、ヨーグルトはプレーンのものにしないといけません、花粉症はアレルギー反応なので砂糖が悪さをします、砂糖を加えるのも辞めておきましょう。

最近のヨーグルトは低カロリーやカロリーゼロのものが多いですが人工甘味料が入っています、害とまでは言いませんが良いものとは呼べません。

そして、良さそうなイメージですが、意外にもチーズや牛乳は花粉症を悪化させる食品なので注意が必要です。

スポンサードリンク