爽やかな味と香りが心地良いペパーミントのハーブティー。

一度でも味わうと癖になる美味しさなのですが、ミントと名が付くだけで敬遠される方が多く、とても残念です。

私もガムやアイスクリームのミント味が苦手なので気持ちはよくわかるのですが、自然な爽やかさなので変な癖などなく美味しく頂けます。

今回は、そんなペパーミントのハーブティーの効果や効能、作り方や飲み方、ハマってしまった時に役立つ自家栽培方など、ペパーミントハーブティーに興味がある人にぴったりの記事をまとめてみました。

スポンサードリンク

ペパーミントとは

ペパーミントは、シソ科ハッカ属の多年草で、和名はコショウハッカやセイヨウハッカと呼ばれます。

和名で呼ぶことはほとんどなく、ペパーミントという英名が一般的で知られています。

ミントは品種がとても多く、スペアミントとウォータミントの交配種から生まれたものがペパーミントです。

ペパーミントは、ヨーロッパで古くから愛されている植物で、ハーブティー以外でもアロマテラピーや精油にも使われます。

精油の殺菌力は、毎年多くの集団感染で猛威を振るう食中毒、o157にも有効だという研究結果も報告されています。

最近では、様々なお菓子の香り付けであったり、その清涼感から歯磨き粉にも使われています。

古くから愛飲されるペパーミントハーブティー、その効果や効能は美容や健康に良いからなのです。

ペパーミントハーブティーの効果や効能


ハーブには天然由来の効果や効能があり、その特徴を知って楽しむことが大切です。

ペパーミントの大きな特徴は、花粉症や喘息などのアレルギー症状の緩和です。

ペパーミントにはポリフェノールが含まれ、抗アレルギー作用が鼻炎や鼻詰まりを抑えてくれますので、花粉症や喘息の自覚がある方はぜひ試していただきたいですね。

また、健胃作用と呼ばれる胃の働きを助ける効果があります。食べ過ぎや飲み過ぎで、胸焼けや調子が悪くなることはありますよね。

そんな時は、ペパーミントティーを食前から食後にかけて飲んでおくことで症状の緩和が期待できます。

私の場合ですと、ハンバーグを食べると翌朝に胃の調子が悪くなることがわかっているので、予めハーブティーの力を借りています。

このような健胃作用(消化促進作用)だけでなく、便秘や宿便の対策にも効果を発揮します。

その他にも様々な効果や効能があります。

  • 母乳の分泌促進
  • 口臭や体臭の軽減
  • 風邪の時の喉や鼻の不快感に
  • 鎮痛効果(歯痛や偏頭痛)
  • 乗り物酔い
  • 肌の腫れやむくみ
  • 防虫効果

これだけの素晴らしい効果や効能があり、健康や美容に最適なうえに、リラックスして美味しく頂けるのです。もう始めるしかないですよね。

ペパーミントティーの作り方


ペパーミントはフレッシュ(生)でもドライ(乾燥)でも、どちらでも美味しく頂けますよ。

フレッシュのほうが、良く言えば「自然な清涼感」悪く言えば「青臭さ」が感じられます。ドライの方がミントらしいミントの味です。

乾燥したドライの方が一般的で多数派になると思いますが、個人的にはフレッシュのほうが好きです、扱いが面倒なのでドライになってしまうのですが(笑

ハーブティーの作り方はとても簡単です、分量などは測る必要なんてありません。適当で大丈夫です。だんだん自分好みにアレンジしていけばいいのです。

細かいことは気にせずやってみましょう。

動画を参考にしてみましょう簡単ですよね!

ペパーミントの副作用

ペパーミントだけでなく、ミントティー類は大量摂取や長期間飲み続けるのに向いていません。

ハーブは効果や効能が強いため、少なからずデメリットがあったりもします。そこらを理解すれば害にはなりませんので、大量摂取と長期摂取だけ控えましょう。

また、5歳児未満の子供はミントティーは控えておきましょう。

スポンサードリンク

妊娠中のペパーミントティー


ペパーミントティーは残念ながら、妊婦さんには不向きです。

ミントティー全般は妊娠中及び授乳中は、母乳の出が悪くなるため控えておきましょう。

ペパーミントの育て方


ペパーミントティーに使う、ペパーミントは安価で何処にでも売っています。

自家栽培することのメリットは、フレッシュ(生)で使用できることです、庭やベランダで栽培できれば、使いたい分だけ千切ってくるだけですからね。

ペパーミントティーだけでなく、炭酸に入れたりお酒に合わせたりと使い勝手がよく、何よりミントの葉がグラスに入るだけで雰囲気がとても良くなりオシャレ感が素敵ですよね。

栽培の仕方は、種からと苗からがありますが、簡単な苗からをご紹介します。

ミントは繁殖力がとても強く、庭などに種を撒いてしまうと、爆発的に増えて他の植物を枯らしてしまう危険があります。なので、鉢での栽培をオススメします。

鉢は直径20cmほどあれば十分です。ミント同士でも種間交雑をしてしまうため1鉢1品種にしましょう。

気を付けるのは乾燥だけで、土が乾かない程度に水をあげれば毎日あげなくても大丈夫です。

ペパーミントの増やし方

ペパーミントは、簡単に数を増やすことができます。

株分けを行うのです、4~5月、9~10月が適期です。

  1. 株分けをする数日前から水を控え土を乾燥させる
  2. 草丈が20cmぐらいになるように茎を剪定する
  3. 株を掘り出し、根についた土を落とす
  4. 株に茎が3~4本つくよう分ける
  5. 分けた株を別の鉢に植え付ける
  6. 根がはるまで水やりで土の乾燥に気を付ける

さいごに


ハーブティーを飲む習慣がなければ、今後は習慣にすることをおすすめします。

味や香りを楽しみながら美容や健康にも良いのです、やらない理由はみつかりませんよね。

食前や食後でもいいですし、午後の落ち着いたひとときも理想ですね。

またノンカフェインなので寝る前も良いですね、リラックス効果が眠りを深くさせてくれます。

ハーブティーは習慣になってしまうと、味や香りを気分で選ぶ楽しみが出てくるのも特徴です。ぜひいろいろ試して自分好みのハーブティーを見つけて下さい。

スポンサードリンク