コリアンダーをご存じでしょうか?

コリアンダーと聞くと花をイメージする人も多いと思いますが、今回はコリアンダーのシード(種子)になります。

パクチーと聞くと馴染みがあるかもしれません、タイ語でパクチー、英語でコリアンダーになります。

カレーやエスニック料理に欠かせない香辛料のひとつですが、健康や美容にも良い効能があるため注目されています。

そんなコリアンダーシードの効能や使い方を今回まとめてみました。

スポンサードリンク

コリアンダーとは


コリアンダーは、セリ科の一年草で地中海東部原産です。

中華料理、タイ料理、インド料理、ベトナム料理、メキシコ料理、ポルトガル料理など広く使われています。

私たちの日本料理で使われる文化はありませんが、最近の健康や美容の面からインド料理やエスニック料理がちょっとした流行になっているため、入手も手軽になり使われるようになってきました。

コリアンダーは乾燥させたもの(コリアンダーシード)を指し、パクチーは生の葉(コリアンダーリーフ)を指すことが多いです。

コリアンダーシード(種子)

コリアンダーシードは主にスパイスとして扱われ、爽やかな香りでそれほど主張する味でもないため、栄養や美容の観点からとても使い勝手が良いです。

コリアンダーリーフ(葉)


画像はタイの生春巻きですが、添えられているのがコリアンダーリーフ、いわゆるパクチーです。

必ずといっていいほどタイ料理ではコリアンダーリーフが添えられ、薬味のような使われ方をしています。

独特な少し癖のある香りのため、好き嫌いがはっきりわかれてしまうかもしれません。

コリアンダーシードの効能


コリアンダーシードが日本で流行ってきているのは、女性が美容面で注目していることが挙げられます。

最近では、健康的な美しさが良いとされる風潮が高まり、内側から得られる美しさに注目が集まっているようです。

消化促進や整腸効果

人間の免疫機能の7割は腸にあります、腸が活発で健康であれば免疫機能も活発になります。

コリアンダーシードは胃腸の調子を整え、消化を促す効果があります。胃腸の調子が良ければ、便秘や胃のもたれなども解消してくれます。

また、胃腸内の異常は体臭や口臭にそのままつながってしまいます、こういった匂いの改善にもつながるのです。

デトックス効果

デトックスという言葉をご存じでしょうか?簡単に言ってしまえば、老廃物やいらないものを排除することです。

コリアンダーシードには、体内の老廃物や有害物質を排出してくれる効果があります。体内に毒素が溜まっていると、便秘や肌荒れなどの原因になってしまいます。

デトックス効果のあるものを食べることで、身体の内側からボディケアもできてしまうのです。

また、食中毒の予防にも役立ち、身体の内側から綺麗にするだけでなく、危険なものから守る役割もあるのです。

リラックス効果

コリアンダーシードには鎮静作用があり、心をリラックスさせてくれる効果もあります。

また、頭痛や偏頭痛などの症状を緩和してくれる鎮痛効果もあることで知られています。

スポンサードリンク

抗酸化作用

コリアンダーは抗酸化作用も高いのです。

私たちの老化は、いわゆる酸化です。鉄で言えば錆びていく状態です。しかし抗酸化作用のある食べ物を摂ることで老化を防ぐことができるのです。

抗酸化作用も高く、ビタミンCやカルシウム、鉄などの栄養素も豊富に含んでいるため、美肌の構築には最適な食材なのです。

コリアンダーシードの食べ方


コリアンダーシードは硬い粒なので、細かく潰すと良いです。

特別に味が強く主張することも無いので使い易い香辛料になります。

スタータースパイス

フライパンや鍋に油をひく時に、油で炒めて香り付けに使うと良いでしょう。

エスニック料理では、油で香辛料を炒め香り付けを必ず行います、このことをスタータースパイスといいます。

参考になる動画がありました。

コリアンダーシードのハーブティー

小さじ1ほどのコリアンダーシードを、すりこぎなどで叩いて潰し、それをティーポットに入れ、沸騰したお湯を注いで5分ほどでハーブティーの出来上がりです。

コリアンダーシードやお湯の量はお好みで調整してみてください、食後の胃もたれ防止に最適ですよ。

コリアンダーを家庭菜園


コリアンダーシードは100gで500円もしないのですが、コリアンダーリーフはけっこうお高いので、家庭菜園がオススメです。

マンションのベランダでも問題なく出来ます、育ちきっても高さは50cmほどなので、ベランダが緑で覆われる心配はありません。

コリアンダーシードを種に使いますが、種は殻で覆われているので、この殻を叩いて取り除き種子の部分だけにします。

種子は一晩ほど水に付けておくと発芽しやすくなります。

60cmほどのプランターで十分です、5cmぐらい間隔をとり1ヶ所に5粒ぐらいずつ撒く。この間隔は広げすぎに注意です。

密着させて育てると、お互いが添え木の役割を果たし、風で倒れたりするのを防いでくれるのです。

種まき時期は、春と秋の2種類がありますが、細かいことは気にしなくても、蒔きたい時に蒔けば大丈夫です。

  • 春の種まき 3月~6月
  • 秋の種まき 9月~11月

コリアンダーは寒さに強いので、細かい時期は気にしなくても育ってくれます。春に蒔いたほうが育ちは良いのですが夏に虫が寄ってくるので注意です。

日当たりが良く水はけの良い場所で育て、草丈が20cmぐらいになったら、使う分だけ収穫していきましょう。

葉はなるべく上の方から収穫しましょう、そうすることにより花を咲かせづらくするのです、コリアンダーは花を咲かせ、種を付けると一年草なので枯れてしまいます。

花を付けさせないことによって、収穫の時期を延ばすことが出来るのです。

花が咲いたあと、緑色の丸い種子ができて淡褐色になったところで株ごと収穫になります、種子は自然乾燥させ瓶にでも入れておけば、コリアンダーシードとしても活用でき、次のコリアンダーの栽培にもまわせます。

さいごに


香辛料から健康や美容を意識するのは手軽に思えませんか?

健康方や美容法は数え切れないほどありますが、アレを食べなきゃコレを飲まなきゃと急かされて続かないんですよね。

そして、何より良いとわかっていても財布がもたない(笑

今回のコリアンダーであればシードが100gで500円もしないので、油を使う時だけスタータースパイスに使うという考え方でもいいと思います。

健康や美容を意識することは大切ですが、出来ることを無意識に習慣にさせるのが大事かもしれませんね。

エスニックや油を使う時にはコリアンダーやクミンを意識しましょう。

スポンサードリンク