最近は香辛料と健康について調べているのですが、花椒と山椒は紛らわしいと思ったことはありませんか?

  • 花椒(かしょう):主に中華料理に使われる調味料
  • 山椒(さんしょう):日本料理、和食を中心に使われる調味料

花椒は中国の発音でホアジャオと呼ばれることの方が多いですね。山椒は私たち日本人にとっては馴染み深いですが、花椒は「麻婆豆腐」のイメージしかでてきません。

今回は、花椒と山椒の違いについてまとめてみました。

スポンサードリンク

花椒と山椒とは

花椒と山椒は同じ植物なのか?という疑問が真っ先に思い浮かびますよね。

生物学の分類上は同じ、ミカン科サンショウ属の落葉低木です。ですが、種類や産地はもちろん違います。

  • 花椒:ミカン科サンショウ属の華北山椒(カホクザンショウ)
  • 山椒:ミカン科サンショウ属の山椒

花椒の木である華北山椒は、東アジア原産で中国では広く分布します。山椒も日本では広く分布し縄文時代から食されていたことがわかっています。

山椒は実も葉も使うが花椒は


山椒は、実だけでなく葉や花も使うことがあり、この名称が紛らわしさに拍車をかけています。

  • 花椒:華北山椒の果皮
  • 山椒:山椒の果皮(粉山椒)花(花山椒)実(実山椒)葉(木の芽)

花椒は果皮しか使わないので、花椒といえば華北山椒の果皮とわかるのですが、山椒は使う部位によって名称が変わってしまうので紛らわしいのです。

山椒の花は花山椒と呼ばれ、花椒と間違えてしまいそうですね。

花椒と山椒 味や風味の違い

花椒と山椒は、種類は違えどミカン科サンショウ属の植物なので、爽やかな香りとピリっとした辛味はどちらにも共通した特徴といえるでしょう。

だからといって、山椒の代わりに花椒で代用できるかというと、少し無理があります。

  • 花椒:風味より辛味のほうが先にくる感覚でしょうか
  • 山椒:柑橘系の風味が広がり、遅れて辛味がやってくる感じ

花椒は辛味を追加させる香辛料として、中華料理の特有の辛味の一部とでもいう存在です。山椒は素材に対する薬味といった程度で料理の一部というより脇役的な感じがします。

花椒と山椒 効能に違いは?

山椒は、はるか縄文時代から私たちの先祖も食しているほど、健康だけでなく美容にも効果的な効能がたくさんあります。

花椒も古くから漢方薬に使われ、中華料理には絶対なくてはならないスパイスとして、中国のどの家庭にも必ず用意してある調味料です。

花椒の効能を一つ一つ丁寧にみていきましょう。

胃腸の調子を整える

山椒にもある効能なのですが、花椒にも消化を助ける健胃作用と、殺菌作用があり、消化不良や便秘、腹痛や下痢にも効果があることが、はるか昔からわかっているのです。

また、漢方でも駆虫作用があることから、駆虫薬などの原料となります。

鎮痛や麻酔にも

痺れるような辛さが特徴の花椒ですが、鎮痛や麻酔に利用されています。

昔は大量の花椒を局所麻酔として使い、現在でも中国では歯が痛いときに花椒を噛むと痛みが和らぐそうです。

女性ホルモンにも

花椒にはホルモンのバランスに効く作用があり、子宮出血や下り物の治療に使われています。

断乳や卒乳の際には、花椒を摂取することにより、乳の分泌がや乳房の張りが抑えられるそうです。

スポンサードリンク

花椒を使った料理や使い方


中華料理、四川料理の特徴にピリっとした辛さと爽やかな風味があります。この特徴を引き出すのはもちろん花椒です。

素材の味を最大限に引き出し、味付けや風味は花椒で行うと中華料理は美味しく仕上がります。

花椒でピリ辛じゃこ


特に細かいレシピなどはありません、ちりめんじゃこをフライパンで炒める時に花椒を小さじでお好みで加えてみましょう。

熱々のご飯に乗せれば何杯でもいけそうな美味しさです。

花椒で野菜炒め


こちらも細かいレシピなどありません。野菜炒めの味付けに花椒を加えるだけです。

野菜炒めは、余った野菜を片付ける目的で作ることもあるでしょう、どうしても味付けが単調になってしまいがちですが、花椒を加えるだけでガラっと中華風に変化させることが簡単にできてしまいます。

花椒でインスタント麺


こちらも細かいレシピなどありません(笑

インスタント袋麺(オススメは塩味)にスープの元になる粉は半分だけ入れ、あとはお好みの味まで花椒を加えるだけです。

さいごに


花椒は私たち日本人には、麻坊豆腐ぐらいしかイメージがわかない人も多いと思います。

ですが、この独特の辛さは誰でも受け入れられる爽やかなピリ辛なので夏にはピッタリではないでしょうか。

使ってみると、山椒よりも使い勝手が良く、出番は確実に山椒よりも多くなることでしょう。

中華料理と聞くと敷居が高く感じますが、私のオススメ料理を見ればわかりますが大したものは作っていません、ですが花椒を使うことによって不思議なほど中華になりますので、ぜひお試しください。

スポンサードリンク