最近よく聞く健康法に「砂糖断ち」という方法を耳にしませんか?

糖質制限ダイエットはテレビのCMでもよく流れ一般的になってきているのですが、「砂糖断ち」という健康方は女性の間で美容に良いことで話題になっているそうです。

「砂糖断ち」をすることでどんな良い効果があるのか、どんな方法で行えばいいのか、白砂糖のよくない理由についてまとめてみました。

スポンサードリンク

砂糖絶ちの良い効果とは


ここでご紹介する「砂糖断ち」とは、主に白砂糖を指します。精製されているので自然界には存在せず、いわば人間が作り出した化学物質でもあるのです。

瞬間的なエネルギーを生み、脳の働きを助けるなど悪い効果ばかりではありませんが、摂りすぎれば肥満や糖尿病の原因になるなど、身体によくない理由を挙げればキリがありませんよね。

砂糖断ちで期待できる良い効果は大きくわけると3種類です。

  • 健康面
  • 美容面
  • 精神面(メンタル面)

健康や美容には糖質やカロリーなどの関係で良さそうですが、メンタル面でも良い効果が期待できるのは驚きですよね。

砂糖は中毒性があるため、我慢をすると反動などが起こりそうで心配ですが、どんな良い効果があるのでしょうか、まずは健康面から順に見ていきましょう。

健康面で期待できるメリット


まずは、老若男女問わず常に意識して過ごしたいのは健康面ですよね。健康はお金で買えるわけではなく、見識と実行の繰り返しになるので、意識して行っていきたいですよね。

花粉症やアレルギー症状の緩和

アレルギーの原因は個人差がありますが、白砂糖を多く摂る人の方が多い傾向にあり、白砂糖が原因のひとつだといわれています。

    白砂糖を断ちことによって以下の症状が緩和されます。

  • 花粉症
  • アレルギー性鼻炎

アトピーの原因が白砂糖であることも

大人のアトピーの原因は、実は白砂糖であることが多いのです。

まず、砂糖を摂るとかゆみが単純にひどくなるという体の仕組みがあるのです。

砂糖を取れば急激に血糖値が上がるのはご存じでしょう、その血糖値を下げるためにインスリンが大量に分泌されます。

インスリンは炎症を誘起するアラキドン酸を活性させてしまいます。

その結果、アトピーによる患部の症状が悪化してしまうのです。

もうひとつの理由は、白砂糖にはかゆみの元となるヒスタミンという物質の分泌を促進させてしまう働きがあることがわかっています。

甘いものを食べたり飲んだりした後にアトピーがひどくなることは、経験上わかっている人は多いですが、白砂糖の中毒性はなかなか難しいのです、後半に砂糖断ちの方法を詳しく解説します。

虫歯の予防

これは当たり前なのですが、虫歯菌は砂糖が大好物です。

日々の歯磨きも大切ですが、1日の砂糖の量を10g以下に抑えることによって、虫歯の発生確率が減ることは研究結果でわかっている事実なのです。

便秘の改善にも

意外に思われる方も多いでしょうが、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)はご存じでしょうか?

腸の蠕動運動とは、消化した食べ物を腸の中で移動させ胃液と混ぜたり、便を体外へ排出させたりする動きのことをいいます。

砂糖を摂ると身体の緊張をほぐす働きがあります、メリットともいえますが、腸の蠕動運動を阻害し便秘の原因にもなってしまうのです。

また、最近の研究でわかってきたことなのですが、糖反射といわれる腸の働きが停止することも理由なのです。

糖反射で胃腸の働きが止まる砂糖の量は、角砂糖の1/4でも起こり、摂った砂糖の量に比例し胃腸は停止、または鈍くなってしまうのです。

便秘が何をしても治らない人は、砂糖を疑ってみるのもいいでしょう。

代謝が上がる

砂糖を摂りすぎると、ビタミンB群など代謝に関わるビタミン類が不足してしまいます、砂糖を摂らなければ代謝が上がりことでしょう。

基礎代謝が上がれば、それだけ太りにくい身体を手に入れることになりますが、健康面での代謝が上がるメリットはもっと大きのです。

体温いわゆる平熱を上げることは、免疫力を上げることに繋がり、様々な病気や疾患から守ってくれることでしょう。

平熱が1度上がるだけで、免疫力は5倍になるといわれています。また、最近ではガン患者のほとんどは低体温であることがわかってきました。

基礎代謝を上げることは、太りにくい以上に健康面では計り知れないメリットがあるのです。

美容面で期待できるメリット


女性のほうが甘いものが好きな人が多いイメージがありますよね。でもこれを読んだら本気で砂糖断ちしたくなるかもしれません。

女性にとって美容は最大の関心事と同時に、永遠のテーマかもしれませんので、ぜひ参考にして下さい。

身体の糖化

「身体の糖化」とは聞き慣れませんよね?

「身体の酸化」はよく聞きますよね、いわゆる鉄でいうよころの錆のようなもので、身体が老けていくことですね。

「身体の糖化」とは、砂糖は加熱することによって「茶色または飴色」に変わりますよね。この焼き色はタンパク質と白砂糖が合わさり、加熱することによって色が付く仕組みになっています。

この仕組を、メイラード反応というのですが、この反応は人間の身体でも起こる現象なのです。

つまり、シミやくすみの原因になってしまい、いわゆる老化につながってしまうのです。

肌の保湿やホワイトニングにこだわるだけでなく、もっと本質に目を向けたほうが効果は大きいかもしれません。

シミやシワの改善

身体の糖化はコラーゲンにも影響してしまいます。

コラーゲンはたんぱく質の一種で美肌効果があることはご存じのことでしょう。糖はコラーゲンと結びついて破壊してしまいます。

せっかく摂ったコラーゲンも糖化することによって台無しにしてしまうのです。

ダイエット効果

砂糖というのは、実はそんなにカロリーが際立って高いものでもないのです。

ただ、なぜ太る原因となってしまうかというと、血糖値なのです。精製された白砂糖は急激な血糖値の上昇を招いてしまいます。

最近よく聞く、低GI食品などは逆に血糖値の上昇が穏やかなので太りにくいのです。カロリーばかりに目が行きますが、大切なのは血糖値なのです。

糖質制限ダイエットも、糖質を抑えることによって、血糖値を上げすぎないイコール太らないなのです。

ニキビ(吹き出物)の改善

白砂糖はサトウキビが原料となり、身体を冷やす効果があります。

冷えて血行が悪くなれば、免疫力が下がるだけでなく、肌にいる悪い菌が増え始めニキビや吹き出物の原因となってしまうのです。

大人ニキビの原因は、実は白砂糖だということが意外と多いのです。心当たりがあるようなら試してみましょう。

アンチエイジング効果

いわゆる老化しにくいということですね。

白砂糖を摂りすぎると、血糖値が高く血液もドロドロです。血液がドロドロでは体中に栄養が行き渡らないので、細胞の老化も加速してしまいます。

    砂糖絶ちでこのような改善が期待できます。

  • 肌荒れ
  • むくみ
  • 湿疹

スポンサードリンク

メンタル面で期待できるメリット


砂糖には中毒性があるので、砂糖断ちすることによって禁断症状など悪い効果が起こりそうなのですが、断つことによって様々な良い効果が生まれるようです。

メンタル面で効果が表れると、まるで正確が変わったと思うぐらい前向きになる人も多いようです。

うつ病の改善

近年では、社会現象のように増加している精神疾患のひとつですね。

白砂糖とうつ病の因果関係ははっきりと断定されたわけではありませんが、多くの研究結果から信憑性は高いです。

ほんの一例ですが、ニュージーランドやオーストラリアは砂糖の摂取量が日本人の3倍です。比例しているかのようにニュージーランドが最もうつ病発症率が高いことがわかっています。

また、有名な研究者の言葉に「この世から砂糖が無くなれば、精神疾患は無くなる」とまで言われているので、あながち無関係とは言い切れないのです。

ストレス耐性

ストレス耐性とはストレスに強くなることです。

科学的にわかっていることは、砂糖の取り過ぎは自律神経を乱し、コルチゾールというホルモンを分泌され続けた状態にしてしまいます。

コルチゾールは、抗ストレスホルモンと呼ばれる、ストレスに対抗するための良いホルモンです。

でも、コルチゾールを分泌させ続けると、肝心な時に働かなくなりコルチゾールを出せなくなるのです。

精神安定効果

砂糖を摂りすぎるとビタミンB群が不足してしまいます。ビタミンB1には脳や神経を正常に保つ働きがあるため、ビタミンB1が不足すると糖質の代謝ができなくなり、脳のエネルギー不足からイライラすることが増えてしまいます。

砂糖を断つと、一番実感するのは意外にも「イライラしなくなった」ことが多いそうです。

砂糖断ちのやり方


「砂糖断ち」というのは、糖質制限ではありません。白砂糖のことなので炭水化物や果物は摂っても大丈夫です。

基本的には、砂糖を使っているものは避けましょう。当たり前ですがアイスクリームやお菓子はダメです。ややこしいけど避けなければいけないのは以下。

  • 清涼飲料水
  • スポーツドリンク
  • 菓子パン
  • ジャム

他にも、煮物の味付けに砂糖を使うことがあるので、煮物には注意が必要です。またこのような調味料にも砂糖は使われています。

  • ソース
  • ドレッシング
  • ケチャップ

砂糖絶ちを続けるコツ


甘いものの誘惑には勝てません。砂糖の入ったものを買わない、家の中に置かないことです。

そして、最初の1週間が一番きつく、ダルさなどの禁断症状的なものも起こります、この最初の1週間を目標にまずやってみましょう。

果物の果糖はダメという人もいますが、抜きたいのは糖ではなく白砂糖です。砂糖絶ちではOKです。甘いものが欲しくなったら果物で代用することが効果的です。

さいごに


「糖質制限ダイエット」は私は好きではありません、理由は食事の内容が不自然だからです。

でも、「砂糖断ち」は、ぜんぜん有りだと思っています。「砂糖断ち」というと糖質制限みたいな極端なイメージがありますが、白砂糖は自然界に存在する物質ではなく、人間が作り出した化学物質なのです。

白砂糖を口にしないことのほうが自然だとおもいませんか?

ただ、私たちの暮らしの中では当たり前のような調味料なので、完全に断つのは恐らく難しいでしょう。でも出来る限り意識して量を減らせば、見返りは健康という形で返ってくることでしょう。まずは1週間やってみて体調の変化を感じてみてはいかがですか?

合えば続ける、合わなければ辞める、ただそれだけの事なのでまずは実行してみましょう。

スポンサードリンク