白い砂糖と茶色の砂糖、どちらが身体に良さそうですか?

イメージ的には茶色の砂糖の方が、良いイメージがしますよね。

最近は、白く精製された食品を嫌う傾向があるのをご存じですか?

どんな食品でも精製されてないものほどGI値が低く、健康的なんだそうです。

砂糖にも、三温糖という茶色の砂糖が身体には良いらしいと聞いたので調べてみました。

スポンサードリンク

三温糖とは

三温糖とは、普通の白い砂糖である上白糖と原料(サトウキビ)や製造方法は同じです。

ただ、製造工程の最後で糖蜜から三温糖と上白糖と別けて作られます。上白糖は最後の雑味や不純物を取り除いて白い結晶にした感じでしょうか。

砂糖の製造工程は動画のほうがわかりやすかったです。

三温糖の特徴は複数回の加熱でカラメル成分が作られ、そのカラメル成分が茶色なのです。

味もカラメルの風味があるために上白糖より深い甘みを感じます。

ただ、残念なことに原料や製造過程もほぼ変わらないので、成分もあまり変わりなく、身体に良いと噂されますがたいした差はありません。

三温糖の方がカリウム、ナトリウム、カルシウムが若干多いのですが、誤差の範囲なので上白糖と変わりないです。

身体に良いのは、きび砂糖やてんさい糖


茶色の砂糖が身体に良いといわれるのは、おそらく同じ茶色の「きび砂糖」や「てんさい糖」からきています。

てんさい糖ときび砂糖、三温糖や上白糖との大きな違いは「精製されていない」ことです。

精製の有無でどのような違いが起こるのか見ていきましょう。

精製されていない砂糖の利点


三温糖と上白糖との違いは、最後の製造過程で雑味を取り除いて別けただけなのです。

でも、三温糖の方が若干ですが、カリウム、ナトリウム、カルシウムが含まれています。

そう、茶色の雑味の部分が栄養なのです。上白糖は白い結晶にするために精製して栄養を失っているのです。

精製してない方が栄養が残るのです。

    精製してない砂糖一覧

  • きび砂糖
  • てんさい糖
  • 黒砂糖
  • メープルシロップ
  • はちみつ

精製されていないものの特徴は、茶色っぽさが残ることと、ビタミンやミネラルが残っていることです。

そして、ビタミンやミネラルを含むほど、消化吸収が穏やかになります、つまり血糖値の上昇も穏やかということになり低GI値の食品として注目されているのです。

低GI値イコール血糖値の上昇も穏やか、したがって太りにくいという仕組みです。

    反対に精製された砂糖一覧

  • 白砂糖(上白糖)
  • 三温糖
  • グラニュー糖
  • 白双糖

精製されたものほど栄養は失っています、また消化吸収が早いために血糖値が急激に上がる特徴があり、この血糖値の乱高下こそが近年では太る原因だということがわかっています。

スポンサードリンク

砂糖の値段を比較


1kgあたりの値段を調べてみました。

  • 白砂糖 約160円
  • 三温糖 約200円
  • きび砂糖 約400円
  • てんさい糖 約700円

ざっくりとした値段ですが、このぐらいの差があります。砂糖を調味料として1kgなので使い切るのには結構な時間がかかると思います。

一回あたりの値段にすれば、それほどの負担にはならない価格かと思います。であれば「きび砂糖」や「てんさい糖」をオススメします。

さいごに


沖縄の古い言い伝えなのですが「黒砂糖は命を延ばすが白砂糖は命を縮める」と言います。

たかが調味料の一つである砂糖にすぎませんが、どうせなら健康を意識してこだわって欲しいと思います。

「砂糖断ち」という健康法が流行っているようですが、いきなり砂糖そのものを断つのではなく、精製した砂糖から精製していない茶色の砂糖に変えてみることをオススメします。

食習慣はガラリと変えるということは難しく、甘みなどの味覚は脳が記憶しているので、意思で断つことは難しく本能との戦いになってしまいます。

糖質制限ダイエットで糖を断って痩せても、その後のリバウンド確率は高いと聞きます。大きくガラリと変えるのではなく、出来ることを少しづつ良くすることから始めてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク