料理の調味料として何かと欠かせない砂糖。

最近では、精製された白砂糖より「てんさい糖」や「きび砂糖」に注目があつまっています。

理由は簡単で、白砂糖からは取れない成分が含んでいるのです。

どうせ砂糖を使うのでしたら、身体に良い成分が入っていたほうがいいですよね?

今回は、てんさい糖ときび砂糖はどちらが良いのか、違いと比較をしてみました。

スポンサードリンク

てんさい糖とは


てんさい糖とは、甜菜(てんさい)またはビート、砂糖大根とも呼ばれる野菜を原料にできる砂糖になります。

砂糖大根と呼ばれるだけあって、大根そっくりですがアカザ科に属し分類上はほうれん草と同じ分類です。

寒い地域で育つ野菜なので、国内の生産はほとんどが北海道になります。

製造方法は、甜菜の根を刻み、出てきた水分を煮出すことによって糖分を抽出します。ろ過しながら煮詰め、糖蜜の部分を乾燥させたものが「てんさい糖」となるのです。

てんさい糖が茶色なのは、天然の蜜の色そのままだから茶色なのです。

てんさい糖の特徴

甘みは白砂糖に比べると、やや弱いですが風味やコクがまろやかで優しく上品な甘さといえるでしょう。

そして、てんさい糖の注目される理由である、オリゴ糖やミネラルが豊富なのです。

オリゴ糖は腸内のビフィズス菌に働きかけ、腸内環境を整え、美容や便秘に効果があり女性にはうってつけの砂糖になります。

また近年のダイエット法でもある、低GI食品としても注目される砂糖になります。

低GIとは、大雑把に説明すると血糖値が上がりにくい食品のため、太りにくい食べ物ということです。

最近ですと、モデルや女優は白い精製された食材を食べず、精製されてない茶色のもの、いわゆる低GI食品を食べるていると話題にもなりましたね。

そして、もうひとつの効能として冷え性の改善に効果的という特徴を持ちます。

きび砂糖とは


きび砂糖もてんさい糖のように茶色が特徴の砂糖です。

原料はサトウキビなので、こちらのほうが砂糖らしいともいえますよね。

サトウキビといえば、温暖な場所、日本では沖縄や鹿児島が産地となります。

製造方法は、精製する途中の段階で糖液を煮詰めて作ります。製造過程でアクや苦味を取り除くので、まろやかで舌触りの良い甘さが特徴です。

きび砂糖の特徴

サトウキビを食べたことがある人には説明できるのですが、サトウキビ独特の風味がしっかりと残った甘さです。

なかなかサトウキビを食べる機会はないと思いますが、天然の心地よい甘さなのです。

マグネシウムやリン、カリウム、カルシウムなどが砂糖の中では飛び抜けて多く含まれるのが特徴です。

癖のある風味が特徴なので、煮物の隠し味として調理人が好むそうです。

スポンサードリンク

てんさい糖ときび砂糖との比較


てんさい糖もきび砂糖もどちらも良い砂糖です。普通の砂糖も合わせて比較してみましょう。

100gあたりの成分量
てんさい糖 きび砂糖 白砂糖
マグネシウム 0-0.2mg 5-20mg ごく少量
リン 0-0.3mg 1.2mg ごく少量
0-0.3mg 0.15-0.45mg ごく少量
亜鉛 0.1mg 0 0
カリウム 5-65mg 142mg 2mg
カルシウム 0-1mg 10-35mg 1mg
ナトリウム 15-85mg 10-35mg 1mg
オリゴ糖 5g 0 0

普通の砂糖に比べれば、てんさい糖やきび砂糖が注目される理由がわかりますよね。

てんさい糖であれば、やはりオリゴ糖や冷え性など、やはり美容効果が期待できるところが長所になりますね。

きび砂糖であれば、いろいろな成分が多く入ってるところに注目したいですね。

でも、やはり調味料なので味も大切です。

では、てんさい糖ときび砂糖のオススメ使い方をみてみましょう。

てんさい糖ときび砂糖のオススメ使い方

てんさい糖

てんさい糖の甘さは、まろやかで優しく上品な甘さです。

    大きく甘さを出すのではなく、少しアクセントとして甘みが欲しい時に丁度いいでしょう。

  • コーヒーや紅茶
  • スイーツ
  • ヨーグルト

やはりオススメはヨーグルト、プレーンのヨーグルトにてんさい糖で甘さを調節し、お好みの果物を加えれば完璧でしょう。

ビフィズス菌とオリゴ糖で美味しいだけでなく、腸内環境を整え美容にも繋がり一石二鳥ですね。

きび砂糖

甘みの強さは普通の砂糖と変わりがありません。風味とコクがあるのが特徴です。

    料理で砂糖を使う場面には、きび砂糖で代用してみてはいかがでしょうか。

  • 煮物料理
  • 肉じゃが

和食は砂糖を使う機会が多いので、代用してみるとコクの広がりに驚くかもしれませんね。

また、ケーキやクッキーなどにも合うので使っているパティシエも実は多いのです。

さいごに


砂糖といえば、気になるのはカロリーではないでしょうか?

てんさい糖、きび砂糖、普通の砂糖ではカロリーに差はありません。であればほんの少し値段は上がりますが、てんさい糖やきび砂糖を使っても良いかなって思いませんか?

カロリーが気になるのであれば、低GIのてんさい糖でしょうか。どちらも比較できない「味」という部分があるので、料理に合わせて使い分けていきたいですね。

砂糖とカロリーの関係は難しいですが、これだけはやってはいけません。カロリーゼロの人工甘味料です。

スポンサードリンク