みなさんはサラダに何をかけて食べますか?

多くの人はドレッシングかマヨネーズではないでしょうか?

私はマヨネーズをかけて食べるのが好きですが、マヨネーズは極力食べないようにしています。

気になるのはカロリーだけではありません、トランス脂肪酸です。

トランス脂肪酸というとマーガリンが真っ先に思い浮かびますが、マヨネーズにもたくさん含まれているのです。

トランス脂肪酸が身体に悪いということはかなり昔から言われているので知っている人も多いと思います。

アメリカでは2018年の6月までにトランス脂肪酸の撤廃が決まっています、残念ながら日本は使用可能のままですが、いずれ禁止の流れになるでしょう。

そもそも、マヨネーズが身体に良いと思って食べている人は少ないのではないでしょうか?

私もマヨネーズが大好きですが、昔から何故かマヨネーズを使うと罪悪感を感じて量を抑えていました。

「マヨラー」などと呼ばれる人たちのように、ドバっとかけて食べたいのですが、なかなかできません。

今回はそんなマヨネーズに焦点を当ててみていきたいと思います。

スポンサードリンク

マヨネーズに含まれるトランス脂肪酸とは


マヨネーズの原材料は、植物油脂、卵黄、醸造酢、食塩、香辛料/調味料(アミノ酸)、香辛料抽出物(一部に卵・大豆・りんごを含む)

だいたいこんな感じです。

その中の、植物油脂トランス脂肪酸になります。

トランス脂肪酸にも天然のものと人工のものがありますが、一般的に悪く言われるトランス脂肪酸は後者の人工的なものになります。

植物油は低コストで、それを使いやすくするために「水素添加」という加工技術を行います、その過程で生まれてしまうのがトランス脂肪酸なのです。

身体に悪いことはわかっているのですが、低コストのために消費者の安全を犠牲にしているのです。

トランス脂肪酸の危険性は下記リンクに詳しくまとめてあります、マヨネーズを避けたくなることでしょう。

その他にもこのようなものにトランス脂肪酸が多く使われています。

  • マーガリン、ピーナツバター、マヨネーズ
  • カップ麺、インスタント麺、レトルトカレー
  • フライドポテト、チキンナゲット、フライドチキン
  • ケーキ、クッキー、ビスケット、菓子パン、ポテトチップス
  • 冷凍ピザ、冷凍からあげ

このあたりは要注意です。どれも身体に良さそうでは無いのは誰でもわかっていますが、無性に食べたくなるジャンク感があるんですよね。

スポンサードリンク

マヨネーズのカロリーハーフは罠


マヨネーズで多くの人が気にするのは、やっぱりカロリーでしょう。

マヨネーズ100gで約700kcal、大さじで100kcalにもなります、あらためて数字をみると驚きの高カロリーですよね。

私も数年前までは、マヨネーズを使っていましたが、罪悪感からカロリーハーフのマヨネーズにしていました。

なんとなくカロリーハーフを選んでいる人は多いと思います。私がそうでしたから。

カロリーハーフのマヨネーズは20年連続で売上が伸びています、味音痴の私もあまり違いがわからないので、だったらカロリー半分選んどいたほうがいいなと思ってました。

しかし、そこにも落とし穴があるのです。

まず、カロリーハーフのマヨネーズは通常のマヨネーズの原価の6割、値段は若干高いって知ってました?

ローカロリーという健康志向をうまく逆手にとっているのです。高くてもカロリー半分なら文句ないだろみたいな、文句はないのですが、成分に文句があるのです。

カロリーは半分になりますが、添加物がてんこ盛りになっているのです。

    通常のマヨネーズ

  1. 調味料
  2. 香辛料抽出物
    カロリーハーフはさらにこれらが加わり、塩分濃度も上がります。

  1. 酸味料
  2. 乳化剤
  3. 着色料
  4. 糊料
  5. 加工でん粉

カロリーハーフの原材料名には、たん白加水分解物と表記されているのですが、たん白加水分解物が作られる際に人体に有害なクロロプロパノールという不純物が生成されます。

クロロプロパノールは発癌性の有無で長年にわたって議論されている物質でもあることが懸念事項になります。

通常のマヨネーズかカロリーハーフどっちがいいの?という疑問には、こんな解決法があるのです。

マヨネーズを自作するのです。

手作りマヨネーズのすすめ


マヨネーズは意外と簡単に作れるって知ってましたか?

ミキサーがあれば30秒でできます、泡立て器でグルグルまわしても2分ぐらいです、試してみましょう。

酢の分量で味を好みに調整できます、梅やシソを加えると一気に高級感が増すのでオススメです。

動画で気付いたかもしれませんが、マヨネーズに使われる油の量にびっくりしませんでした?

市販の物であれば、あの油が本当に低コストなトランス脂肪酸たっぷりな油なのです。

さいごに


マヨネーズを知ってみてどうでしたか?

ちょっと控えようかなと思っていただければ、この記事を書いた意味があったのかもしれません。

でも、完全に断つのは難しいです。私も滅多に口にしませんが、外食の際などは気にせずその場を楽しんだりします。

食品添加物の害は、知ることによって少しでも避ける意識が芽生えれば良いと思います。

完全に避けるのは現実的には無理でしょうが、少しづつでも避けることができれば、数十年後には健康はまるで変わってくるかも知れません。

私はその小さな差の積み重ねが健康に繋がるような気がします。

私が避けたい添加物は、トランス脂肪酸だけじゃありません、引き続き人工甘味料の危険な甘い罠も知っておきましょう。

スポンサードリンク