アセスルファムkという人工甘味料はご存じでしょうか?

アルコール飲料や清涼飲料水、ガムや飴、チョコレートなどお菓子などによく含まれています。

また、最近では健康志向の高まりから、低カロリー商品の味付けに特に多く使われています。

そんなアセスルファムkという人工甘味料ですが、副作用の噂が絶えません。

安全性が確認され認可されているのもかかわらず、副作用についての噂をみていきましょう。

スポンサードリンク

アセスルファムkの副作用に下痢がある


アセスルファムkという人工甘味料は、砂糖の200倍の甘みがあるため、甘みを加える時には砂糖の200分の1で済んでしまい、コスト面で大きなメリットがあります。

また、アセスルファムkに限らず人工甘味料はカロリーがゼロという素晴らしい特性を持っています。

砂糖のカロリーを気にする人にとっては、甘いけどカロリーが無いというメリットはとても大きいことでしょう。

ですが、ここに人工甘味料の副作用が潜んでいます。

私たち人間の身体では、アセスルファムkに限らず人工甘味料はうまく消化や吸収ができないまま排出されてしまうのです。

身体は異物として認識してしまうため、早く排出しようとします、そのような理由から下痢を起こしてしまう原因になってしまうことがあるのです。

人工甘味料で下痢を起こしやすい人は、身体が弱いのではありません。身体が異物に反応する能力(免疫機能の一部)に長けているのです。

なぜなら、このような異物は消化吸収ができないまま身体の中を巡ってしまい、肝機能障害の原因になってしまいます。

人工甘味料は消化できない異物なので、飲むプラスチックのようなものなのです。

このような異物を早く排出しようと下痢になることは、身体が正常に機能している証拠なのです。

下痢で悩む人たちは、人一倍食事に気を使っていることでしょう、原因がわからないまま最後に行き着くのが人工甘味料だったりするそうです。

スポンサードリンク

副作用は肥満や糖尿病にも


なぜ、低カロリーや低糖質の商品に使われている人工甘味料で太ったり糖尿病になったりするかは疑問ですよね?

一見矛盾しているようですが、人間の身体も自然界に存在しない甘みには誤反応を起こしてしまうのです。リンク参照

このような矛盾は研究結果でわかってきた事実なのです。

最近では、トクホ(特定保健用食品)などをよく目にしますが、そのような低カロリー低糖質な商品にも人工甘味料が含まれています。
「食生活の改善が図られ、健康の維持増進に寄与することが期待できるものであること」と謳いながらも、実際に効果があるものではなく、効果が期待できるものという1行が気になって仕方ありません。

人工甘味料を使用する最大のメリットは低コストなのです。低カロリーの商品は人工甘味料で味付けをしたら、結果的にカロリーが少なくなったに過ぎません。

トクホマークがあると健康に良さそうに誘導されているのです、あのトクホマークを取得するのにメーカーは1億円ぐらい費用がかかるそうです。

トクホの申請には学術誌での発表が必須で、学術誌の発行先が厚生労働省の天下り先なのはわかっている事実です(調べてみて下さい)。

全ての商品を否定するわけでないですが、トクホは私たちの健康増進が目的ではなく、政府と企業の利益の為に作られた茶番劇だということです。

身近な人でイメージしてみて下さい、そういう商品を手に取っている人ほど不健康そうじゃないですか?

さいごに


私は、人工甘味料や食品添加物についてはおそらく否定派でしょう。

噂される副作用の全てが起こるとも思えませんが、自然界に存在しない人口化合物が入った食品などは、安全か危険かが議論されますが、そもそも身体に良い物では無いことは想像に難しくありません。

添加物を全否定するつもりもありません、コスト面でのメリットは計り知れないでしょう、衛生面や保存面でも、私たちが安心して口にできるのは、人工的な添加物があればこそなのは十分理解できます。

ただ、私の考える健康は自然なものを口にし、身体を適度に動かし、身体が感じる分だけ寝ることだと思っています。

口で言うのは簡単ですが、現代人は忙しく、それらが疎かになってしまいがちですよね。

私が避ける人工甘味料はアセスルファムkだけではありません、もっと危険なものもあります、引き続き見ていきましょう。

スポンサードリンク