私は子供の頃から虫歯によくなってしまいます。

朝昼晩と歯を磨くのですが、歯医者が終わらないのです、治療が終わりそうなところで次が見つかる…

最近の人工甘味料は虫歯の原因にならないそうですが、本当なのでしょうか?

虫歯の原因にならないというメリットは、私のように虫歯で悩む人には大きいと思います。

私たちの身近な人工甘味料スクラロース、なぜ虫歯の原因にならないのか、なぜ下痢の原因になるのかを探ってみました。

スポンサードリンク

スクラロースは非う蝕性


スクラロースは非う蝕性なので、虫歯の原因にならないのです。

う蝕(しょく)とは、口腔内の細菌であるプラークが出す酸によって、歯質がとかされ欠損する状態をいいます。

非う蝕性なので、それらが起こらず、虫歯の原因にならないのです。

私たちの身近な人工甘味料で、歯に良いとされているキシリトールももちろん非う蝕性なので虫歯になりません。

ですが、それを過信してはいけません。

人工甘味料は虫歯の原因にならないけど…


人工甘味料は砂糖の数百倍の甘みをもっているので、使用されるのはごく僅かです。

甘味料は虫歯にならないけど、他のものが原因になることが多いです。

具体的な例をあげますと、キシリトール配合と表記されていても、砂糖も入っていたりして意味がないことが多いのです。

私たちが手にする商品はほとんがこのようなパターンで、虫歯の原因にならないものを探すほうが難しいのです。

でも、虫歯の原因にならない商品を見極める方法もあります。

スポンサードリンク

【歯に信頼】マーク

トゥースフレンドリー協会という非営利団体が厳しいテストをし、虫歯にならないお菓子にだけ【歯に信頼】マークが付いているのです。

この、歯が傘をさしているマークがなければ、何を使っていようが虫歯の原因になりますので注意が必要です。

スクラロースは下痢の原因に


下痢に悩む人たちの盲点になっているのが、実は人工甘味料なのです。

下痢に悩む人たちは、食事は人一倍気を付けて努力していますが、食料の細部まで目を凝らすと以下のような人工甘味料が悪さをしているようです。

  • アスパルテーム
  • スクラロース
  • アセスルファムk
  • ソルビトール

人工甘味料の危険性は意見が別れるので抜きに考えます。

人工甘味料は、個人差はあるでしょうが摂りすぎると、腸から水分などが吸収されにくくなって、下痢を起こしてしまうのです。

もし、下痢に悩み原因がわからないのであれば人工甘味料を疑ってみるといいかもしれません。

下痢は腸内環境を整えよう


下痢や便秘の原因は腸の疲れ、いわゆる「腸疲労」のサインだったりします。

人工甘味料だけでなく「腸疲労」も疑ってみましょう。

「元気の元は胃腸から」とか聞いたことありませんか?

免疫細胞全体の約6割は腸内にあります、腸内環境を整えることで下痢だけでなく免疫そのものも上がります。

  • 野菜や果物をあまり食べない
  • 外食が多い
  • 甘いものをよく食べる
  • お酒を飲む機会が多い
  • 水分はあまりとらない
  • 運動不足
  • 食後に下腹が出る

これらに心当たりがあるなら、少しづつ改善してみましょう。

週に何度かでいいので、1食をヨーグルトに変えてみて下さい。すぐに効果を実感出来ますよ。

気を付けることは、低カロリーのヨーグルトやジャムにもスクラロースや人工甘味料は入っていますので注意です。

この動画が興味深かいなと思いました

さいごに


冒頭でもお話した通り、私は子供の頃から虫歯が多く、治療していない歯はひとつも無いです。

私が言うのも説得力がありませんが、「人工甘味料だから虫歯の原因にならない」では無くて

何か食べたら、全てが「虫歯の原因になる」それぐらいの気持ちに変えたほうがいいと思います。

また、下痢についても私は逆の「便秘」だったのですが、どれぐらい重度だったかといいますと

10年ほど前に、3年間一人暮らしを行ったことがあるのですが、24ロール入りのトイレットペーパーを最初に購入し、3年後の退去時に2ロール余っていました。

いくらウォシュレットを使うにしても、3年間22ロールだったのには自分でも驚きました。もちろんお客も家に出入りしてですよ。

ここからが大切なのですが、健康は少しの行動で変えることが出来ます

例えば私は、少しお腹がでたことをきっかけに運動を週に2日ぐらいするようになりました。結果的に痩せたのですが、今でも続けています。

理由は、便秘も解消されているのです、おそらく運動と水を飲む量が増えたことなのではないかと思っています。

同時に長年にわたって悩んできた「不眠症」も改善できたのです、運動で疲れ、意識が飛ぶように眠れるのは不眠症の人ならわかると思いますが、至福の時なのです。

健康はやはり「食事、運動、睡眠」による部分が大きく関わっているのかなと感じます。

何かが欠けては完全な健康はできないし、「食事、運動、睡眠」が揃うと予期せぬ効果を体感できたりするものです。

少し脱線してしまいましたが、私は人工甘味料は否定するつもりはありませんが、出来ることなら身体には入れたくないと思っています。

私たちの暮らしでは100%自然なものなど珍しいぐらいです、甘味料や保存料など挙げたらキリがありません、ですが私は人工甘味料の安全は信用せず、疑いながらなるべく避けようという結論になりました。

理由は、リンク先であなた自身が判断して下さい。

スポンサードリンク