アスパルテームと呼ばれる人工甘味料をご存知ですか?

最近の清涼飲料水やお菓子には必ずといってもいいぐらいに含まれている甘味料です。

最近では健康ブームということもあり、カロリーや糖質を抑えた商品をよく目にします。

そんな低カロリーや低糖質の商品を作る上でもかかせない人工甘味料のアスパルテーム。

なんとカロリーゼロにもかかわらず甘みは砂糖の100倍~200倍とも言われている夢の甘味料です。

ですが、認可される前から安全性に疑問の声がたくさん挙がっており、今現在でも研究者などからは危険な人工甘味料として叫ばれ続けています。

そんなアスパルテームの謎にせまってみましょう。

スポンサードリンク

アスパルテームとは?


アスパルテームとは、アミノ酸由来の人工甘味料になり。アスパラギン酸とフェニルアラニンのメチルエステルが結合したものです。

アスパルテームはアメリカで発見された成分ですが、現在使われている形にしたのは日本であり、日本のメーカーが特許を持っています。

アスパルテームにはひとつ注意点があり、フェニルアラニンという成分が含まれているため、フェニルアラニンを体の中で代謝させることが出来ないフェニルケトン尿症という病気があります。

フェニルケトン尿症の患者が口にしないためにも、商品にアスパルテームの記載をするときはアスパルテーム-Lフェニルアラニン化合物表記する事が義務付けられています。

少しきな臭くなってきましたね。

アスパルテームのカロリーと血糖値


アスパルテームの最大のメリットでもある、カロリーゼロにもかかわらず、体の中で代謝や吸収がされないため、血糖値にも関係がなく糖尿病患者でも甘いものを口にすることを可能とします。

なんだか本当に夢のような甘味料に思えてきますが、世界各国の研究機関では危険な副作用の心配をする声もあがっています。

スポンサードリンク

アスパルテームの心配される副作用


副作用が起こるとされる症状は多すぎてびっくりするほどです。

知能低下 認知症 眼球突出
肝障害 心疾患 ウツ病
不眠症 ポリープ 蕁麻疹
アトピー アレルギー 糖尿病
生理痛 不妊症 自殺傾向
新生児の欠陥 精子の減退と障害 失明
リンパ腫 白血病 腎臓機能低下
糖尿病 生活習慣病 肥満

発がん性はないものの、本当に安全なのか疑問になってきますよね。

その危険性を叫ぶのは、医師や研究機関などで、国へ危険性を訴える論文が多数提出されています。

しかし、米国食品医薬品局(FDA)は「アスパルテームを承認した根拠は100以上の毒性試験、臨床試験に基づいた結果である」とはっきりと答えています。

それでもアメリカでは数多くの訴訟がひっきりなしに起こっています。この動画もアメリカです。

本当に安全かわからない


私の個人的な感想で申し訳ないのですが、本当に安全かわからないのです。

国の認可は降りていても、チクロズルチンといった人口甘味料は現在は使用禁止となっております。

その理由は発がん性があるからです、しかし後になってわかったことで、見つかるまでは普通に使われていたのです。

このようなことになっては手遅れです、疑いがあるならば避けておくのが正解ではないでしょうか?

動画の中で特に印象的だったのは(3:01あたり)オニール博士はアスパルテームは市場にあるべきだと思いますか?の問にこう答えています。

「いいえ、なぜなら安全が証明されていないからです。」

私はこれが答えのような気がします。

さいごに


記事のタイトルを「アスパルテームの副作用とは。本当に安全なの?」としたのですが

答えは申し訳ないですが、「わからない」なのです。

一般人には、表にでている情報を自分で精査して自分自身で判断するしかないのです。

でも、オニール博士のような研究者は、安全が証明されていないと言っています。

それであれば、できる限り避けておこうと私は思います。

だからといって、全てのアスパルテームを避けようとは思っていません。

毎日噛んでいるガムに入っていることも理解したうえで口にしています。

私たちの暮らしの中では、悪いとされている添加物など数え切れないほどあり、全てを避けることは不可能なのです。

ただ、副作用などのリスクは知ったうえで口にし、出来る限り避けたいとは思っています。

人工甘味料 アスパルテームについてまとめ

スポンサードリンク