最近では、いたるところで、カロリーゼロ、ノンシュガー、糖質オフなどの表記を見ませんか?

なんだか砂糖が悪いもののような扱いで、人工甘味料がヘルシーでダイエットに向いてるかのような風潮さえ感じます。

血糖値が気なる人や糖尿病の人には人工甘味料はとても助かることでしょう。

甘いものが取れないなんて、私には考えられません。その代替品があるのであれば私は迷わず口にすることでしょう。

でも本当にデメリットは無いのでしょうか、人工甘味料の代表格、アスパルテームについて調べてみました。

スポンサードリンク

人工甘味料とは何か


そもそも甘味料というのは、食品に甘みをつけるために使われる調味料という定義があります。

天然甘味料と呼ばれるものをみてみましょう。

  • 砂糖
  • はちみつ
  • メープルシロップ
  • アガベシロップ
  • パームシュガー
  • 水飴

食品中に含まれている甘み成分を取り出し精製、濃縮したもの。あるいは酵素処理等によって甘み成分を合成した既存添加物。

精製したり酵素処理で甘みを合成しても天然甘味料に含まれるんですね、素材が大事なのでしょうか。

人工甘味料または合成甘味料と呼ばれるものをみてみましょう。

  • アスパルテーム
  • アセスファムカリウム
  • スクラロース
  • サッカリン
  • ネオテーム
  • チクロ
  • ズルチン

食品に存在しない甘み成分を人工的に合成したものを指します、下2つのチクロとズルチンは毒性が問題になり現在では使用禁止になっています。

アスパルテーム、アセスファムカリウム(アセスファムk)、スクラロースは使用頻度はとても高く、お菓子や清涼飲料水などで使われていないものの方が少ないぐらい一般的になっています。

天然甘味料と人工甘味料がなんとなく理解したところで本題に戻りましょう。

人工甘味料は身体に悪い?


まず、大切なことは代表的な人工甘味料のアスパルテームでは血糖値は上がらないのです。

これは紛れもなく事実であり、糖質が気になる人や取れない人にとっては理想的な甘味料なのです。

私は新しいものが好きで、文化や技術など新しいものほど成熟していき、より理想に近づいていくという考え方を常に持っています。

ですが、こと甘味料に関しては人工甘味料は否定派です。

私は研究者でもなく一般人なので、研究結果や論文などの真意はわかりません、それらを自分で判断した結果は、人工甘味料はなるべく避けようと判断しました。

人工甘味料を避けたい理由


まず、「チクロ」と「ズルチン」は人工甘味料として使われていましたが、発がん性物質が含まれていることがわかり今では使用禁止されています。

アスパルテームやアセスファムカリウムも人体に害を及ぼすと訴える研究者はたくさんいるので、後から「実は害があった」と言われても手遅れなのです。

「害がある派」と「害が無い派」がいること自体が「良いか悪いかまだわからない」と私は受け取っています。

だったら避けておけば無害なので、避けておくというスタンスです。

他にもこんな研究結果も

スポンサードリンク

ノンカロリーのほうが太る


カロリーゼロの飲み物は最近では本当にたくさんありますよね、その目的は当然「ダイエット」なわけですよね。

ですが、人工甘味料によるカロリーゼロには逆に太ってしまうという研究結果が数多くあるのです。調べてみると本当にたくさん出てきますよ。

砂糖よりも甘味がはるかに強い人工甘味料を摂取すると、脳は大量の砂糖を摂取したと勘違いし、インスリンを大量に分泌させてしまうのです。

その分泌したインスリンによってブドウ糖が脂肪に変えられ蓄積します。

さらに、脳は勘違いしているので「砂糖を摂取したのにエネルギーに変換されていない」と、さらにエネルギーを求めようとします。

そのため、より甘いものへの欲求が依存してしまい、結果的に太ってしまうのです。

そもそも、本当にダイエットしたいなら、清涼飲料水を選択してはダメです、水かお茶にしましょう!

人工甘味料は砂糖より安価


私たちが消費する食品や飲料も、甘味料といえば人工甘味料のほうが圧倒的に多いのが現状です。

その理由はコストなのです、製造メーカーも商売なのでわざわざ高い砂糖を使う必要はありません。

アスパルテームは砂糖の甘味の200倍ともいわれており、少量で甘みを加えることが出来るのでとても安価なのです。

安全かどうかは別として、砂糖より安価で代替が効くのですから製造メーカーは当然使います。

アスパルテームの年間の需要量は約480トンで、用途別の内訳は飲料向けが50%、ガムやタブレットが35%、チルド商品、その他向けが15%となっています。

アスパルテームが気になるようでしたら、飲料やお菓子、チルド商品を中心に気にかけておくといいですね。

ちなみにアスパルテームは30%ほどは輸入に頼っており、輸入先はフランス、ウルグアイ、中国、韓国、米国の5カ国で、フランス、ウルグアイ、中国が全体の約9割を占め、近年では安価な中国産の輸入量が増加しています。

さいごに


私は記事の中で人工甘味料は否定派と書きました。おそらく今後も考え方は変わらないでしょう。

ですが、アスパルテームで血糖値は上がらない事実があり、人工甘味料によって糖尿病の人が甘いものを摂れるという側面があることも忘れてはいけません。

大切なのは摂り方だと思います、どんな栄養も取りすぎれば毒となってしまいます。

人工甘味料はなるべく避けようとは思いますが、避けきれないぐらい浸透しています。

もし興味があれば、手に取った食品の原材料名を見て下さい。

気にしすぎて神経質になりすぎるのも考えものです。
大切なのは日々のバランスですね。

人工甘味料 アスパルテームについてまとめ

スポンサードリンク