私は金属アレルギーを自覚しています。夏になると薄着になるのでベルトのバックルの金属部分がへその辺りに触れ、あせものような炎症を起こします。

金属アレルギーを自覚してない方は多い気がします、私も腕やへその炎症はずっとあせもと勘違いしていました。

では、今回は金属アレルギーがどういったものか、またどんな金属になりやすいかなどをみていきましょう。

スポンサードリンク

金属アレルギーのメカニズム


金属アレルギーを病名で表すと接触皮膚炎と呼ぶそうです。

金属アレルギーが起こるまでのメカニズムを簡単にご説明します。

  1. 金属製の物を身につける
  2. 汗で金属の成分が溶け出す
  3. 溶けた金属がイオン化して体内へ
  4. 体内のタンパク質と結合(結合した物質をアレルゲンと呼ぶ)
  5. 体内でアレルゲンに対しての抗体ができる
  6. 1~4の工程で体内に再度アレルゲンが作られる
  7. 5で出来た抗体がアレルゲンに過剰に反応する、この反応が金属アレルギー

抗体がアレルゲンに過剰反応することが金属アレルギーなのです。

金属が原因ではなく、金属と体内のタンパク質が結合した物質のアレルゲンこそが原因だったのです。

この金属アレルギーの厄介なところは、数日で反応する人もいれば、数年後に反応する人もいるので、原因が金属アレルギーとわからないことが多いのです。

では、どの金属がアレルゲンを作ってしまう原因になるかみていきましょう。

アレルゲンの原因になる金属とは


金属アレルギーは個人差もあり、一概にどの金属アレルギーがなりやすいかは断言できません。

ただ、一般的に多いとされる順にご紹介していきます。

ニッケルアレルギー

金属アレルギーの中でも一番多いと言われているアレルギーです。主にニッケルが使われているものは、小銭、食器、メガネのフレーム、下着の金属部分、アクセサリー、化粧品など、触れる機会そのものが多さに比例しているともいえますね。

ニッケルアレルギーが悪化すると、食品にも反応するようになってしまいますので注意が必要です。以下の食べ物で症状がでるようならニッケルアレルギーかもしれません。

お茶類、海藻類、豆やナッツ類、チョコレートなど

コバルトアレルギー

ニッケルと関連性のあるアレルギーで、ニッケルアレルギーの半数以上の人はコバルトアレルギーもあると言われています。ニッケルも身近なものが多く、磁石や入れ歯、食品にも含まれています。

コバルトは人体に必要な栄養素ビタミンB12の主要成分のひとつで、必ず摂取する必要があるので、コバルトアレルギーの疑いがあるようなら早急に皮膚科に相談しましょう。

クロムアレルギー

クロムアレルギーのクロムには2種類あって、「3価クロム」と「6価クロム」がありますが3価クロムは人体に必要な栄養素のミネラルになります。

アレルギーを引き起こすのは6価クロムで、メッキに利用される他に、皮をなめすのにも使用されている金属で、なめし皮を使用した腕時計や、手袋、靴なんかでもアレルギー反応が出ることがあります。皮で症状がでるので気付くのが難しいアレルギーでもあります。

金アレルギー

金属アレルギーが起きにくいと言われますが、最近ではピアスに使用されることも多く、金のピアスから金アレルギーが起こることが多いようです。
ピアスについては重要ですので後述します。

金には「14K」「18K」「24K」などの種類があり、これらは金の純度を表しています。
「24K」が純度99.9%で、これが「純金」と呼ばれるものです。

「14K」「18K」以外にも「ピンクゴールド」「イエローゴールド」「ホワイトゴールド」などは、他の金属を混ぜ合わせて色を付けている合金です。

金アレルギーではなく、混ぜた他の金属でアレルギーがでるということも多いようです。

銀アレルギー

銀アレルギーを発症するケースは非常にまれで、実は銀アレルギーではなく、混ぜられている金属のうちのどれかよって発症している場合が多いようです。

最近ではアクセサリーに多いシルバーですが、「シルバー925」「シルバー950」「シルバー1000」などの種類があり、「シルバー1000」が純度99.8%のいわゆる「純銀」なのですが、やわらかすぎて加工に不向きな金属の為、アクセサリーはほとんど「シルバー925」の不純物が混ざったものが一般的です。

したがって、銀アレルギーよりも、混ぜ合わせた金属でアレルギーを起こしていることが多いようです。

チタンアレルギー

最も少ないと言われている金属アレルギーです。

チタンアレルギーの疑いがある場合はまず、他の金属との合金でないか、他の金属でメッキ加工されていないかを確認しましょう。

チタンアレルギーだけアレルギー反応を示す方は非常に少なく、他の金属での疑いが高いと言われています。

スポンサードリンク

アクセサリーが原因、8割がピアス


冒頭の方でお話した、金属アレルギーが起こるまでのメカニズムを思い出して下さい。

金属が汗に触れると、金属成分が溶けだしイオン化します。

こういった理由から、やはり肌に身につけるアクセサリーが原因になることが多いのです。

特にピアスは、自分の体に穴をあけて使用するわけですから、体内に入りやすい、つまりアレルギーをダイレクトに発症しやすいのです。

ピアスはピアスホールが完成してから付ける。または耳たぶの厚さにあったポストのピアスを使用するといいでしょう。

ピアスはこの方法がかしこいと思いました

金属アレルギー対策や治療方法


金属アレルギーというのは、突然やってきます。今まで大丈夫だったからといって今後の保証はないのです。

症状を自覚している人も、まだなったことのない人も簡単な検査で知ることができます。

皮膚科で1000円ほどで受けられる、パッチテストという、20種類くらいの金属を溶かした薬を皮膚に貼り付けるだけです、1周間ほど様子を見れば自身がどのような金属に弱いか知ることができます。

アレルギーの特定ができたのであれば、その金属を避けるようなライフスタイルを組み立てればいいのです。

さいごに


金属アレルギーには、局所性と全身性と二種類があります。

私はニッケルアレルギーの局所性で、メッキ部分が触れると炎症を起こします。痒くて引っ掻いてボロボロになってしまいます。

全身性の金属アレルギーはさらに厄介で、よくあるパターンを紹介しますと

歯医者で奥歯に詰め物を入れたとします。その詰め物がアレルギー反応を起こし、唾液に溶けて体内をまわり全身に炎症や発疹が起きてしまいます。

最近の歯医者はセラミックを入れますが、金属の詰め物にはご注意です。

また、金属アレルギーは健康とは無関係でアレルゲンへの防御反応みたいなものです。

ご自身には無縁とは限りません、機会があれば皮膚科でパッチテストを行うことを強く勧めます。

スポンサードリンク