みなさんは甘いものが好きですか?私は大好きです。

でも、甘いものほどカロリーが気になりますよね?でも最近は甘い清涼飲料水なのにカロリー0の飲み物が多いですよね。

だけど、ダイエットコーラを選んでる人ほど体重が気になる方が多くないですか?

私はカロリーが異常に低い食べ物や飲み物は避けるようになりました。

なぜ避けるのかは、人工甘味料アスパルテームの危険性を知ってしまったからです。

知れば知るほど怖くなる人工甘味料、選択するのは消費者の自由です。でも知らずに口にするまえに危険性を知っておいて下さい。

スポンサードリンク

アスパルテームとは


アスパルテームとは1965年にアメリカで生まれました。

甘味料を目的に生まれたわけではなく、胃潰瘍の薬を開発中に偶然ある化学物質が強力な甘みを持っていることを発見したことから注目され、研究が始まったといわれています。

アスパルテームは最初の認可申請で、安全性を懸念する消費者団体の反対運動や危険性を指摘する科学者の意見もあり、申請は却下されているのです。

その後の認可までの経緯は、調べて頂くとお判りいただけますが、政治的なお金の匂いがぷんぷんとします

ただ、アスパルテームは砂糖の200倍の甘さを持ち、カロリーを劇的に抑えることが可能な夢のような甘味料です。

今ではアスパルテームは人工甘味料の中でも断トツ1番、世界中で使用されています。

でも、最初の認可が通らないぐらいの危険性があることを、知らずに消費してませんか?

では、その怖さを知ってみましょう。

アスパルテームの危険性


砂糖の200倍の甘さでカロリーが少ない、そんな矛盾した甘味料は甘いけど甘くないのです。

その内容は甘味料では無く、毒じゃないの?と思わずにはいられません。
疑われている危険性を挙げるときりがないので一覧です。

知能低下 認知症 眼球突出
肝障害 心疾患 ウツ病
不眠症 ポリープ 蕁麻疹
アトピー アレルギー 糖尿病
生理痛 不妊症 自殺傾向
新生児の欠陥 精子の減退と障害 失明
リンパ腫 白血病 腎臓機能低下
糖尿病 生活習慣病 肥満

ここまで酷いと笑えてくるレベルではないでしょうか?

唯一のメリットである、甘いけどカロリーオフの部分ですが、肥満を加速させてしまう効果もわかっています。正確には

  • 空腹感の増加
  • 甘みに対する感覚の鈍化
  • 依存性
  • 血糖の処理能力の低下

これらの悪影響があるために、ダイエット目的にも向いてないのです。

百害あって一利なしとは正にこのことを表しているとすら思えてきますよね。

なんでこんなものが出回っているの?と思いますが

「直ちに影響はない」この言葉が頭をよぎりました。

スポンサードリンク

アスパルテームが使われているもの


アスパルテームが使われているものは多すぎて書ききれません。

それぐらい普及してしまっているのです。コンビニに立ち寄る機会があれば商品を適当に見て下さい。いかにアスパルテームが使われているか理解できると思います。

ではざっと一覧です。

  • ダイエット食品全般
  • ゼロカロリー表記全般
  • 低カロリー表記全般
  • 糖質オフ表記一覧
  • 清涼飲料水
  • ガムや飴、お菓子
  • トクホ全般

私も数年前は、何もかもカロリーオフのものを選んでいました。「味がそこまで変わらないならカロリー少ないほうがいい」そこまで深く考えていませんでした。

今でもそういった方は多いと思います、心当たりありませんか?

今では、カロリーオフ全てを避ける真逆の商品選びになっています、だからといって太ったわけでもありませんし、逆に痩せています。

衝撃だったのは、毎日ヨーグルトを食べるのですが低カロリーの方にはアスパルテームが入っていたのです。普通のプレーンのものに変えたら美味しくてびっくりしました。

そして、もうひとつはトクホ、血糖値やカロリーを下げるためにアスパルテームはもちろん添加物が山盛りです。調べれば調べるほど危険な匂いがします。

数年前にコンビニでお茶を買ったのですが、間違えてトクホの高濃度カテキンをうりにした脂肪を燃やすお茶を買ってしまったのです。飲んだ瞬間に吹き出したのを今でも覚えています。まずいというレベルでは無くザラっとした飲料ではない異物感を感じました。

そこからトクホを疑い、調べてみるといろいろな危険性がでてきたのです。

アスパルテームを避けるには


おそらく完全に避けるのは難しいでしょう。

冷蔵庫や冷凍庫の中でアスパルテームの表記を探してみて下さい、なかなか難しいと思います。

危険な添加物はアスパルテームだけに限らず、私たちの日常に溢れています。それらを全て避けるのは難しいでしょう。

アスパルテームの危険性を理解している私でも、毎日食べるガムの中にアスパルテームが入っています。

わかっていても他のガムにも入っていて選択肢が無いのです、ガム自体を辞めるって選択肢もありますが。。。

全てを避けるのは難しいので、避けれるものは避けるが私のスタンスです。

言い訳ではないですが、好きな漫画のキャラクターの名言

防腐剤…着色料…保存料… 様々な化学物質 身体によかろうハズもない。しかし、だからとて健康にいいものだけを採る。これも健全とは言い難い。毒も喰らう 栄養も喰らう。両方を共に美味いと感じ血肉に変える度量こそが食には肝要だ。

さいごに


おそらくこの記事をみているのであれば、健康に対してなんらかの興味があることでしょう。

人工甘味料が全て悪い、アスパルテームは悪いなどと偏った見方に対しても賛否はあることでしょう。

ただ、知らずに口にする前に、こんな危険性を訴えている側面があることも理解して欲しいのです。

おそらく多くの方が、これだけの危険性を理解せずに口にしていることに憤りを感じます。

危険性を知ったうえで、選べるのが私たち消費者の権利なのかなって思います。

人工甘味料 アスパルテームについてまとめ

スポンサードリンク