食中毒の原因となる食材といえば、肉、卵、魚介類ではないでしょうか?

私は肉が苦手で魚が好きなこともあって、魚介類の食中毒には特に警戒しています、よくある定番の牡蠣で当たったことがあるのです。

一度でも当たった方は気持ちがわかると思いますが、「生牡蠣はもう食べない」このような感情になってしまいます。好きなのに怖くて食べれないのです(笑)

今回はそんなことにならないように、魚介類が原因で起こる食中毒に焦点を当ててみました。

スポンサードリンク

食中毒 腸炎ビブリオの原因、どんな細菌


腸炎ビブリオ菌による食中毒は、主に夏場に起こりやすくピークは7月~9月と夏場に集中しますが、最近では徐々に冬でもみられるようになってきています。

腸炎ビブリオ菌は、海洋細菌とも呼ばれ海水や海中の泥に潜み、気温が高くなる(海水の温度で20度を超える)と増加し発生します。

私たち日本人は海の資源に恵まれ、海産物を生で食べるという文化が昔からありますので、海産物に関連する食中毒とは切り離せない関係になってしまっていますね。

腸炎ビブリオによる食中毒の発生件数も、年によって上下はしますが、発生件数ベスト3には毎年必ず入ってくる食中毒です。

では、どういった魚介類を注意すればいいかみていきましょう。

腸炎ビブリオに注意したい魚介類


少し触れましたが、腸炎ビブリオ菌は海洋細菌とも呼ばれ海水や海中の泥に潜んでいますので、魚介類全般にいます。夏に特に注意したいのはこちら

  • アジ
  • サバ
  • タコ
  • イカ
  • 赤貝

これらの近海で取れた物の表皮や内蔵、エラなどに腸炎ビブリオ菌は付着しており、生食用の刺身にするとき庖丁から切り身にうつって汚染します。

腸炎ビブリオ菌食中毒の症状


腸炎ビブリオ菌による食中毒は、食後から8時間~24時間後に突然やってきます。主な症状は

  • 激しい腹痛と下痢
  • 水のような便
  • 発熱
  • はき気やおう吐

私も経験があるのですが、尋常ではない痛みを覚えています、内側から鋭利なもので切られているような痛みでした。

また、下痢がひどくてトイレから一日中離れられなかったのを覚えています。腹痛と下痢がひどすぎて発熱は覚えていません。

腸炎ビブリオ菌食中毒の検査と治療


魚介類で当たったなと感じたら、受診するのは内科です。

食あたりの経緯を話せば、魚介類が疑われ、腸炎ビブリオかアニサキスが疑われます。腸炎ビブリオであれば便からの検査ですぐにわかります。

アニサキスの場合は胃カメラや内視鏡になるでしょう。アニサキスの詳しいまとめは下記のリンクから参考にして下さい。

アニサキスによる食中毒は何を食べると起こる?

腸炎ビブリオであれば、ほとんどは抗生物質の投与などで2~3日で回復します。便が形のあるものに戻るまでは1週間ほどかかるでしょう。

とにかく下痢がひどいため、脱水症状を起こしてしまうので水分補給が大切になります。それも一瞬で排出されるのでトイレに釘付けになるかと思います。

スポンサードリンク

腸炎ビブリオ菌の予防対策


腸炎ビブリオ菌による食中毒は、感染の確率を限りなく下げることができます。それほど難しくないので以下の点に注意し、感染を予防しましょう。

  • 魚介類は5度以下で低温保存する。
  • 魚介類を調理する際は必ず真水でよく洗い、しっかり火を通す。
  • 魚介類を調理したまな板や庖丁(このまま使うと他にうつる)など調理器具は、すぐに洗剤を使って洗浄する。
  • 魚介類の刺身など生食は、新鮮なうちに食べきる。

腸炎ビブリオ菌は真水に弱い特徴があるため、水道水で魚介類を洗うことで菌の数を減らすことができます。

腸炎ビブリオの食中毒は釣り人に特に注意が必要


私は釣りをやりませんが、友人に釣りが好きな方が多いのでわかるのです。

たくさん釣れると、食べきれないために、友人や近所に配ります。これは大変ありがたく私も毎月のように頂いております。

ですが、管理を間違えるとせっかくの好意が食中毒の原因になってしまいます。

釣りをやる方は以下の注意点を意識しましょう。

  • 釣ったらすぐに冷たいクーラーボックスに入れる。
  • 水道水でしっかり洗う。
  • 釣った直後にワタヌキ(アニサキス対策にひじょうに有効です)

釣れてから氷を買う人が多いです、釣れる前から用意しておくといいでしょう。気持ちはひじょうに理解できますが。

こちらの方法は簡単でかしこいと思いました。

釣った獲物は水道水でジャブジャブ洗っちゃいましょう。味が落ちるというのもわかります、私も生牡蠣は取ったままを生で食べてました、本当の美味しさは洗わず生で食べると、海水の磯の香りで調味料などいらないのです。

ですが、それをやっていると、いつか食中毒になってしまいます。

まとめ


私たち日本人は魚を刺身で食べる文化があるので、腸炎ビブリオ菌による食中毒とは無縁ではいられないかもしれません。

ですが、腸炎ビブリオ菌やアニサキスなどは「知る」ことによって限りなく食中毒の予防は行なえます。

腸炎ビブリオ菌による食中毒は目に見えないから怖いのですが、だからこそ出来る予防をしっかり行い、海の幸に感謝して美味しくいただきましょう。
食中毒や食あたりに関するまとめ

スポンサードリンク