プール熱はアデノウイルスというウイルスがプールを介して感染してしまうことが多いのですが、家族間での感染が多いのも特徴の一つです。

プール熱の怖いところは、やはりウイルス性の感染力で時として大人や乳児にも感染してしまうことです。

多くは兄弟など小さなお子さんが、保育園やプール施設などでプール熱をもらってきてしまい、そこが感染経路になり乳児にうつってしまったケース。

最近ですと、乳児もプールや水遊びを早くから行うこともあるため、そこが感染の原因になってしまったケース。

今回はプール熱が乳児にかかってしまった時に焦点を当て、対処法や注意しなければいけないことをまとめてみました。

スポンサードリンク

乳児のプール熱の症状


乳児がプール熱にかかってしまうと下記のような症状があらわれます。

  • 38度以上の高熱
  • 首のリンパ節の腫れ
  • 食欲不振
  • 結膜炎(充血、目やにや涙が多くなる)
  • 下痢や嘔吐

このあたりが主な症状になります。乳児は結膜炎が出ないこともあるようです。

このような症状が出始めたら、後述しますが症状をプール熱か探っている場合ではありません。すぐに小児科や眼科で診断しましょう。

乳児がプール熱のような症状を起こした時の対処法


プール熱は潜伏期間中に判断することはほぼ不可能で、発症してからの初期症状でプール熱にかかってしまったと気が付きます。

大切なのは初期症状を見つけた場合は一刻も早く受診することです。

乳児は症状を伝えることが出来ません、やはりお医者さんに病気を特定してもらうことが、その後の治療に繋がります。また乳児のプール熱の症状を見誤ると危険な病気もあります

プール熱は、はやり目(流行性角結膜炎)と症状が似ている


はやり目という病気をご存知でしょうか?あまり聞きなれないですが医学用語で流行性角結膜炎(りゅうこうせいかくまくえん)と呼ばれます。

このはやり目(流行性角結膜炎)もプール熱と同じアデノウイルスが原因で起こってしまう病気です。症状はプール熱に似ていて

  • 目の充血、目やにや涙
  • まぶたの腫れ
  • 角膜に濁り
  • 耳元のリンパ節の腫れ

このはやり目(流行性角結膜炎)もプール熱と同じアデノウイルスが原因なので、感染の危険があります。

また、はやり目は最悪の場合は失明や後遺症を残す危険な病気です。

このように乳児の症状を素人が判断するのは危険です。発熱や結膜炎といった症状に気付いたら、小児科や眼科をすぐに受診して下さい。

スポンサードリンク

乳児のプール熱は入院は無く看病、看病の注意点


基本的に乳児の場合であってもプール熱で入院といったことは無く、自宅で看病になります。

とくに特効薬もなく、対症療法といって自然治癒にまかせる形を取り、自宅での安静です。

自宅で看病する時の注意点

  • まず、看病する方はもちろん、家族にも感染の危険があります。
  • 風邪と同じように、咳やくしゃみ、唾液や便などが感染経路になってしまいますので、看病する方はマスクをすることをおすすめします。また乳児であればオムツ交換にはとくに注意しましょう、使い捨ての手袋などをするといいでしょう。

  • 入浴は控え、ぬるいシャワーだけにする。
  • 熱いお湯は体力を奪ってしまうので入浴は控え、必ずぬるいお湯でシャワーだけにしましょう。

  • 衣服やシーツは別で洗濯を行う。
  • アデノウイルスは洗濯物からもうつってしまう強い感染力があります。必ず別けて行いましょう。

  • 時期的にも夏なので水分補給を意識しましょう。
  • 発熱や下痢、夏の暑さなどで脱水症状を起こしてしまうことがありますので十分気を付けましょう。

    授乳中であれば、母乳または乳児用ミルクを薄めて与えるといいでしょう。離乳しているようであれば、市販の経口補水液をこまめに与えるといいでしょう。

乳児の場合、症状はどれぐらいで回復するの?


プール熱の症状は乳児であっても、おおよそ1週間ぐらいで回復することが多いようです。

ただ、気を付けないといけないことは、症状は回復しても体内にはまだウイルスが残り唾液や便に混じっています。

ここで普段の生活に戻るのではなく、まだ感染リスクはあることを知っておいて下さい。

体内から完全にウイルスが消えるのは、回復後1週間~2週間ほどです。その間はまだ油断してはいけません。

保育園への登園再開のタイミング


プール熱は感染症なので、他の人にうつさない配慮も難しい問題です。
また体内のウイルスが完全に消えるまで仕事を休んでいるわけにもいきませんよね。

再登園は回復後に2日置いてからにしましょう。保育園によっては治癒証明書などの規則もあるかと思いますので、関係者にご相談することをおすすめいたします。下記のリンクに詳しくまとめてみました、ぜひ参考にどうぞ。

プール熱で出席停止に、治癒証明って何?何処でもらうの?

まとめ


今回は乳児のプール熱にかかった場合についてまとめてみました。

乳児が病気になるとどうしても心配ですよね、でも素人があれこれ考えても不安になるばかりです。

大切なのは普段と様子が違ったり、初期症状に気付いたらすぐに受診するという行動だと思います。

普段の日常から子供たちを観察し、守ってあげて下さい。

プール熱(咽頭結膜熱)に感染したときのまとめ

スポンサードリンク